「聖地巡盃〜能登」part1

「聖地巡盃〜能登」1日目から濃すぎます!

能登杜氏の故郷、能登町は、たくさんの神社が守る海の町。そして、お酒の神様に守られた、素朴で豊かなお酒の町でした。

そんな町で、縁結びの神社と酒蔵を巡る旅。どんなご縁が待っているかな。

たくさんの思い出が詰まったお酒です。 

約半月前、「聖地巡盃」のセミナーで、「今年の能登は雪も降らなくて……」と言っていたのに、ツアー一行を迎えてくれたのは雪。飛行機が遅れ、オリエンテーリングも少し遅れてのスタートです。

各神社では、縁結びのヒントが書かれた紙が用意されていました。実際に行なわれる時には、その紙を探す立て札が用意されているそうです。まるで宝探しをするように、素敵なご縁のヒントを探す。楽しみですね。

数馬酒造でいただいたお酒は、社長の同級生が休耕田を開拓して造ったお米を使って仕込んだ、たった600本しかない、という貴重なもの。

能登を荒れ野にしない、という思いが詰まったお酒。そして、写真のはちまき姿の四家杜氏と数馬社長が造ったお酒です。

そこへ、「酒垂神社」の宮司さんが書いてくださったラベルを貼る……。

そんな信じられないことが、続いた2日間。

次回は2つの蔵を巡ります。


「いいね!ランキング」上位蔵に聞く〜 天吹酒造

macヘヴィユーザーの社長自ら投稿!で11位の『天吹』

最近、何かと目が離せない九州の日本酒。それを引っ張っているのが佐賀県、と言って良いでしょう。

今回、お話を伺ったのは、そんな佐賀県から、一昨年(平成22年)のNHK紅白歌合戦「僕のふるさとニッポン」のコーナーで、嵐の大野智さんが酒造りを体験した蔵として一躍、若い女性にも知られるようなった天吹酒造さんです。300年の歴史を持ち、東京農大中田教授が開発した花酵母を早い時期から積極的に取り入れて、バラエティ豊かな酒造りをされていることでも知られています。

 「担当者 社長 木下武文」、……社長さま? ……旭日小綬章を叙勲された?

失礼ながら、最初、担当者欄にお名前を拝見した際には、特に名前の記載がない訳は何人かで担当されているので、社長が代表して、ということなのかと思いました。

ところが、お話を伺うと、「あの頃はmacしかなかったからね」、とおっしゃる、筋金入りのmacユーザー! eメールも一般化されて間もなくアドレスを取得したものの、「知りあいでメールやってる人が少なかったから、当時はあまりやり取りすることもなかったけど」と、まさにネット社会の創世記を歩まれて来た方なのでした。

今もfacebook(以下、FB)はもちろん、HPもTwitterもご担当されているのだそうです。

「FBは去年の9月11日から。今年のお年賀にも、『FBをはじめましたので、“いいね!”をお願いします』って書いたんですよ。叙勲や鑑評会で金賞をもらった時のコメントに『いいね!』をたくさんいただいた時は嬉しかったですね」

積極的に活用されています。

Twitterは、そのずっと以前からはじめられていて、FBを知って、Twitterより良さそうだと平行してFBをはじめられたのだそうです。

そんなに多くを担当されていて、FBの更新も苦にならないんですね?と伺うと、

「今思うと、中学の頃、日記を書いていたんよ。だからその感覚で。だけど、こちらは、くどくならないようにということには気をつけて、さらっと読んでもらえるにはどうしたらいいかな、と考えながら書いてますよ」

HPのコラムも書かれているので、その書き分けも伺いました。

「HPはじっくり読んでもらえるので、ちゃんと説明して書ける。FBは、例えば同じことを書くとしてもポイントを絞って2〜3回に分けてアップするように書きますね」

読者の負担にならないように1回の投稿のウェイトを軽くする、という気遣いがあります。それが何度も訪れてもらえる秘訣。そして、それぞれの投稿には必ず、発見や気づきや面白さが入っているように、と気を配る。さらっと読んでもらうためには、さらっと書くわけにはいかないんですね。

そんな投稿を、少なくとも週に3回はアップしたい、とおっしゃいます。そのためには、気づいた時に、時間がある時に、何回分かを書き貯めて、ストックしておくのだそうです。そして、アップする日のトピックなどを少し取り入れたりしてアップします。

「毎日考えるのはたいへん。自分が苦痛になってはしょうがないからね」

社長業務のお忙しい中でこまめにアップできるのも、そういった陰の工夫がありました。ブログでもFBでも、あまり間をあけないことが読者とのコミュニケーションを続けるためには大切です。

国内でのイベントや海外営業があった際、社長が不在の際に特徴のあるお客様が見えた時には、それぞれの担当者に書いてもらいますが、それ以外はご自分で書き、スケジュール管理もされています。しかも、社員の方の原稿は必ずチェックし、時には手直ししたりして、アップするのは社長ご自身です。

「いろんな人が見てくださるものですから。そして、酒造りの状況、飲み方の提案、など、すべて『お知らせ』として書くようにしているんです」

とはいえ、酒造り以外の季節、夏場は“ネタに困る”……。どこのお蔵さんも同じ悩みをお持ちです。

「だから、何をするにもネタ探し(笑)。花がきれいだな、と思ったら、『あ、これを上げよう』とかね。そのためにも、何事にも関心を持ち、好奇心を持ち続けることが大切です」

また、名刺や年賀状に「facebookはじめました」と入れたり、TwitterにもFBのアドレスを入れたり。また、直接、蔵で買ってくださったお客さんにはお礼のメールを送るのだそうです。ところが、社長と名乗らずに送ることがほとんど。

何気なく受け取ったメール、社長さんからかもしれません。

もちろん、そういった努力は会社の宣伝のためです。しかし、最終的な目的はそれだけでない。一番大切なことは、日本酒の良さを多くの人に気づいてもらうこと。

「どうやったら、日本酒に興味を持ってもらえるか、そのための情報を出さんといけない」

あれも言いたい、これも言いたい、でも書きすぎては読む方が食傷しないように、淡々と酒と酒蔵の魅力を伝え続けていく。それが日本酒全体の人気につながるFBの役目と考えておられるのでした。

文章同様、写真も伝えたいことにフォーカスして。1シーンを載せるためには最低10カットは撮るそうで、以前はデジカメ携帯、今はiPhoneで。左の収録風景は「このまちであなたと」。1月9日水曜日22時54分からSTSサガテレビで放映予定。

アンケートの結果はこちら
facebookの「いいね!」ランキングはこちら


2回目を迎える「酔っても美味い!九州S-1グランプリ」

九州の日本酒って?! どーんと40種揃います

昨年行なわれた第1回。全く初めての試みに期待が高まりました。中央に総合司会の小松社長。ユーモアのある楽しい語りで進行して行きます。

「どの酒が本当に毎日のおかずに合うか、実際に食べ合わせて投票してもらおう!」

そんなオソロしいことを言い出したのは、九州清酒協議会に所属する蔵元たち自身。

焼酎のイメージが強い九州にも実は、おいしい日本酒を醸す酒蔵がたくさん。 富久千代酒造の「鍋島」がIWCを受賞して、佐賀県のお酒が注目されましたが、それでも、実際に比べて、まだまだ知られていない現状です。そこで、たくさんの九州のお酒に触れてもらう機会を作ろう、と考えたのが、このイベント。勇気ある40蔵が一堂に会してトーナメント制で開催されたのが、去年の秋、10月22日でした。

それにしても、こんなキケンな、でも参加者はとっても楽しいイベントを思いついてしまったのは、九州清酒協議会会長であり、今年も総合司会をされるという『万齢』小松酒造(佐賀県)の小松大祐社長。昨年の見事な司会が思い起こされます。もちろん、今年も総合司会。

「ウチのは1回戦で敗退してしまったんですけどね」
「…………」

人気も定評もある『万齢』が……、やっぱりキケンすぎますって。

記念すべき第1回となった去年のメニューは、1回戦が「豆腐」、2回戦が「大根の煮物」、3回戦「サバの塩焼き」、決勝が「鳥の唐揚げ」。お豆腐は淡白すぎて、何で味付けするかにかかってきますし、難しいでしょう、やっぱり。それが1回戦に来てしまったんですから……。順番が違ったら、料理が違ったら、結果も変わる。それもこのイベントの面白いところです。

では、気を取り直して、お話を伺いました。さすがに2年目、余裕が感じられます。

まずは、昨年の結果と、全体を見た感想などから。

「優勝は鳴滝酒造(佐賀県)の『聚楽太閤 本醸造生貯蔵酒』でした。意外に思う人もいるかもしれませんが、本醸造系が上位に入るだろうことは、酒蔵同士の間ではある程度予想が付き、そうなれば良いなと、僕自身も『本醸造、来い!』と、思っていたんですよ。やはり、日常酒である本醸造は万能というか、淡白な料理にも味の濃い料理にも合う。それが証明されたようなものでした。もっと本醸造が見直されていいし、もっとアピールしていくことも必要かもしれません。

もっとも、『優勝したからといって売れると思うなよ』とは言ってありますが(笑)。

その一方で、料理ごとにと考えて、合うものを探すとそれぞれお酒は細かく分かれるのでしょう。実際には、純米酒や吟醸酒の方が売れている、ということは、もっと細かい提案をして行くことが必要かも、とも考えました」

嗜好品として選ばれるもの、日常酒として常に手に取ってもらえるもの。そんな棲み分けも現実としてあるでしょうから、それぞれに合った提案が必要かもしれません。

「そしてもう一つ、実はこれがとても大きな発見だったのですが、0点だったお酒はなかったんです。どんなお酒もおいしいと思う人が必ずいる。嗜好品としてのお酒と考えた時、そのことは嬉しい発見でしたね」

焼酎王国のイメージが強い九州ですが、日本酒もおいしいですからね。今年は、市販されていてだいたい常に一般的に買える銘柄だけが出品されるそうです。

「この料理やおつまみにはどのお酒が合うか」、逆は手軽にできても、こんな飲み比べは個人で試すのもなかなか難しいことですから、ほんとうにいい機会です。

みなさん、楽しそうですが、表情は真剣です。

さて、お酒と料理のマッチングを楽しむこのイベント。今回の料理はどのようなテーマのメニューなのでしょうか。

「前回は『家庭のおかず』でしたので、今回は目線を変えて、『だし巻き玉子』、『なすの揚げ浸し』、『さわらの照り焼き』、『鶏肉の塩麹焼き』と、東京の居酒屋さんで飲む時のごく一般的なおつまみのイメージです。『さわらの照り焼き』は醤油味、『鶏肉の塩麹焼き』は塩味で脂っぽさもある、そして、『なすの揚げ浸し』ではポン酢の味と分かれています」

醤油、塩と日本酒が合うことは分かりますが、酢=酸味の利いた料理に合うのはどんなお酒か、気になりますね。

料理はごく一般的なもので、とはいえ、選ぶのはそうとう神経を使うだろうと想像されます。同じ居酒屋メニューでも、どの料理が出るか、どの順番で出されるか、それによって評価もだいぶ変わるわけですから、毎回条件が違う。次回、再び家庭料理に戻っても、前回とは違う結果になるかもしれません。新鮮な目線で楽しめる競技会、ともいえます。

今晩のメニューに合うお酒の参考にもなるかも?

「去年のS-1でもう一つ発見したのが、みなさん、甘いお酒を好まれるんだな、ということ。ちょっと意外でしたね」

40種類の銘柄は伏せられていますが、毎回、得票数はオープンです。どんなお酒が高い評価を得たのかは一目瞭然。そこで、甘口のお酒が思いのほか得点を得た。辛口のお酒が人気ですが、家庭料理に合せていただく時の本音は意外に程よい甘口なのかもしれません。

ちなみに審査は、4つのカテゴリーに分けられた5種類のお酒から1種のお料理とのマッチングを考えて投票していくシステムです。

さて、事務局の方には様々な感想が寄せられています。どんな意見が多かったのでしょう。

「やはり、『おつまみを食べながらお酒との相性を評価する』という企画が面白かった、画期的だったという声が圧倒的でしたね。ただのきき酒会ではない。さらに、その場で結果が発表され、トーナメントで勝ち上がって行くところも楽しんでいただけたようです」

試飲会で料理が出ることは多々ありますが、個別に蔵関係者に感想を伝えることはあっても、あとはおいしく頂くところまで。また、利き酒をして評価するということも、鑑評会などいくつかの競技会はあります。それらを複合的に、現実に即して評価してみる、まさに禁断のイベントといえます。

さらに、感想として「九州に日本酒がこんなにあると思わなかった」「九州のお酒にこれだけ多く触れる機会がなかった」「九州にもおいしい日本酒があったんですね」などの声も多かったとのことで、身を挺して(?)行なった以上の効果もあったようです。来場者にとっても、新しい発見があり、日本酒ワールドが広がるいい機会だったようです。

「まさに、そこが、一番知ってほしいところだったんです。出店しているのは40蔵ですが、九州6県には日本酒の酒蔵が約170社もあるんですよ。このイベントには、関東以北には出荷していないような小さな蔵元さんも参加していますし」

今回は2部のパーティでは、蔵元もそれぞれのテーブルに付いたり、ゲームも予定されていたりと、楽しそうな計画もあるそうです。

去年の第1回の様子をぜひYou Tubeでご覧下さい。

今年はどんな発見があるか、どんなお酒に出合えるか。そして、『万齢』、リベンジなるか!? 楽しみですね。