台風一過。酒米は? 雄町は…?

この度の台風により、被害に遭われた方々には、慎んでお見舞い申し上げます。

この時期に台風というと、やはりお米が気になります。台風11号の時には、ちょうど山田錦の兵庫県や雄町の岡山県を通過して北上。倒伏は免れたようですが、今回は日本の南側に上陸。九州から関東まで辿るようにして進んでいきました。

今月下旬の刈り取り予定と言っていた雄町は、きっとだいぶ穂が重くなっているはず、と思い、現地にお問い合せしていましたら、もう次の19号が。13日には九州上陸が予想されていて、安心はできません。

台風19号も気になりますし、ついこの間、「雄町便り」をお届けしたばかりですが、上記のようにげんきいっぱい。心配されている方もいらっしゃるかと思いますので、無事をお伝えします。

「台風18号の影響もあまりなく、ほっとしていますが、
雨の影響で少し倒伏している圃場も見えますけど、まぁ~一安心というところです。
台風一過の晴天に恵まれて順調に生育しているように見えますが、
ここへきて少し朝夕の気温が低くなり、収穫時期が少し遅れ気味になるかもしれません。
今年は、8月中旬から草丈がかなり伸びてしまい、倒伏の心配が絶えません。
台風19号も日本列島へ接近中ということで危惧しています。
先日、赤坂管内で今年初の赤磐雄町米の収穫を行い、すでに少量ですが出荷されています。
初検査を今月の15日に予定していますが、朝夕の冷え込み、また、台風19号の影響で
検査数量は少ないかもしれません。収量的には、まだ全体は不明ですが、ほぼ平年並みの
収穫量ではないかと思われます。今後の気象状況により左右されますが、まずは一安心。
                                JA岡山東 藤原」