会津の酒と人を囲む「東京會津祭」

昨年より2蔵増えての開催。

 会津の酒と人、そして会津の酒と人を愛する人たちが集う

「全国新酒鑑評会」で金賞受賞数が最多という地位を伸ばし続けている福島県。大御所から中堅へ、若手へと、受け継がれ、なおかつ時代もしっかり捉えているのだろうこと、想像できます。そして、浜通り、中通り、会津、と3つのエリアに分かれる広い県内は、それぞれカラーを持っていて、福島のお酒や観光の魅力となっています。

会津地方は山に囲まれ、独特の食文化も育まれ、おいしいお酒を生む豊かな水に恵まれている……。そんな会津から若手蔵元を中心に招いて行なわれる「東京會津祭」。2回目となる今年の会も、2週間後と迫りました。

最近、お年頃なのか、たかがお酒の会、なのに、感動してしまうことが多くて困ります………。造り手さんや主催者さん、そして、集まっているお客さんの、お酒への愛情とか、おいしいお酒をいただいて気持ちが豊かになった楽しい笑顔とか、お酒を介した人と人のあったかい気持ちの交流とか、そんなものが場の空気を優しいものにしてくれて、その場にいるだけで、見ているだけで、幸せな気持ちになる。

このイベントも、正にそんな会でした。お客さんに声をかけると「会津出身」と照れたように誇らしそうに答えてくれる。「ご縁はないですが、会津のお酒が好きなので」と嬉しそうに答えてくれる。地酒ってこういうものだよね、と思わせてくれるのです。

私事ですが、以前、仕事で会津地方を回ったことがありました。会津若松、西会津、南会津、奥会津……、緑がまぶしくて、川がきれいで、あの時の景色や出来事が鮮明に甦り……、自分が生まれ育った土地の空気も思い出してしまいました。きっと、地酒ってそういうものなんですよね。

今年は会津以外から注目の若手も特別参加し、ユニット名こそないけれど、それぞれが切磋琢磨して良い酒を作っている気鋭の5人が揃います。その先輩たちも酒造りでは人気の蔵ばかり。後輩を温かい目で見守りつつ、自信を持って我が酒を勧めます。

5人揃う機会も限られます。昨年のとある会で、左より、 「山の井」「会津」渡部景大さん、「天明」鈴木孝市さん、「廣戸川」松崎祐行さん、「弥右衛門」「野恩」佐藤哲野さん、 「一歩己」矢内賢征さん。

会場もぐんと広くなりました。会津を中心に酒蔵取材を重ねてきたメンバーが主催し、日本酒を盛り上げようという会津の酒販店が協力。思いも体制も強固です。そこへ、福島県酒造組合主催の会でもその喉を披露してくれる民謡の唄い手で「あったか福島観光交流大使」の永峯恵さんの歌。一気にその場が「会津」になってしまうんですね。去年はたまたま応援に来て唄ってくれたようですが、今年はちゃんとメンバーに入っています。お楽しみに!

facebook「東京會津祭」https://www.facebook.com/tokyoaizumatsuri?ref=hl

 

————— 「東京會津祭 2014」 —————

【日 時】2014年7月20日(日)(入れ替え制)
・・・・第1部= 12:30~15:00、第2部 16:30~19:00
【場 所】渋谷『SOUND MUSEUM VISION
・・・・東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビルB1
【入場料】前売:各2,000円、当日:各3,000円
【チケット】Peatix または e+ で。e+は、全国コンビニで直接購入も可能
【主催】富士虎
【問合せ先】info@fujitora.net

●サポート陣:
・・■会津料理=弦や(喜多方)
・・■DJ=白井與平(植木屋商店)、DJ U-SKE(SAVAI)
・・■民謡=永峯 恵
・・■特別参加=会津電力株式会社
・・■協力=力水會

<<2014年・参加蔵元>>

01)『山の井』会津酒造(南会津)     02)『天明』曙酒造(会津坂下)
03)『会津娘』髙橋庄作酒造店(会津若松) 04)『ロ万』花泉酒造(南会津)
05)『廣戸川』松崎酒造店(天栄村)*1)   06)『寫樂』宮泉銘醸(会津若松)
07)『奈良萬』夢心酒造(喜多方)*3)    08)『弥右衛門』大和川酒造店(喜多方)
09)『一歩己』豊国酒造(古殿町)*1)*2)   10)『峰の雪』峰の雪酒造(喜多方)*2)

*1)特別招集枠 *2)新規参加蔵元 *3)蔵元は欠席

 

ーーーーー「東京会津祭 2013」ーーーーー

————— 「東京會津祭 2013」 —————

【日 時】2014年7月21日(日)(入れ替え制)
・・・・第1部=12:20〜15:20、第2部=16:00〜19:00
【場 所】アーキテクトカフェ汐留 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留
【入場料】前売:各2,000円、当日:2800円
・・■会津料理=弦や(喜多方)
・・■DJ=白井與平(植木屋商店)、DJ U-SKE(SAVAI)
・・■協力=力水會、(株)ナチュラル・ファクト
【主催】富士虎

<<2013年・参加蔵元>>

01)『山の井』会津酒造(南会津町)     02)『天明』曙酒造(会津坂下町)
03)『会津娘』高橋庄作酒造店(会津若松市) 04)『ロ万』花泉酒造(南会津町)
05)『廣戸川』松崎酒造店(天栄村)*1)    06)『寫樂』宮泉名醸(会津若松市)
07)『奈良萬』夢心酒造(喜多方市)     08)『弥右衛門』大和川酒造店(喜多方市)

*1)特別招集枠


実は、dendenイベントも進行中……。

蔵籠りから解放された蔵元さんが主役です

『手取川』吉田さんと『真澄』宮坂さんによるイベント

「KAIKOH 邂逅 VOL.1 酒は何ができるか」

中身の濃いイベントになりそうです。
お早めにチケットを入手してくださいね。

 

ところで、先週末にこんなイベントを開催しました。

dendenブログの主催で申し訳ないのですが、ご報告させてください。

===「日本酒片手に vol.1 〜鉄道を語ろう〜」===

ゲストも豪華なら、客席も豪華!

「日本酒があれば鉄道はさらに楽しい!」 というわけで、呑み鉄入門イベントです。鉄分の強弱、日本酒度の高低に関わらず、楽しんでいただこう、と、鉄道好きな蔵元さんを代表して、『萩の鶴』(萩野酒造)の佐藤曜平さんをお招きし、お酒をいただきながら、鉄道の楽しさ、お酒の楽しさを語り合っていただくものでした。

ゲストには(酒≧鉄)佐藤曜平さん(萩野酒造・八代目蔵元)、(酒≦鉄)入江一也さん(JTBパブリッシング・交通図書編集部)、(酒<鉄)南田裕介さん(芸能マネージャー。ホリプロ所属)、(酒>鉄)近藤淳子さん(アナウンサー。日本酒きき酒師、女性限定日本酒会、ぽん女会主宰。ホリプロ所属)、という面々。

「どうなるのかな……?」
主催したにもかかわらず、まったく予想できなかったのですが、始まってみればみんな楽しそうで。ほっとするやらうらやましいやら。

 

さて、このイベント、VOL.1というだけに、VOL.2もあって、さらにVOL.3も決まっています。

VOL.2は今週末に迫っています。

 

===5月31日「日本酒片手に vol.2 〜音楽を語ろう〜」===

プロ級のプレイで盛り上げます。

日本酒があれば、音楽はもっと楽しいーー
富士の麓で『白隠正宗』を醸す蔵元DJ? ……DJ蔵元? …… DJ TAKASHIMAが、富士山と千本松原を眺める静岡県「原」宿からやってきます。「若手の夜明けspin-off・福岡」で、日本酒試飲会の常識を覆し、作り上げた空間は、今や伝説。
主催者特権で「山下達郎&吉田美奈子time」もリクエストいたしました。この場に合わせてスペシャル・エディットしたものを持ち込んでくれるそう。
スペースはあの西麻布「新世界」。名作「上海バンスキング」で知られる元・「自由劇場」。
【 日 時 】  2014年5月31日(土)、17時30分~22時30分
【 場 所 】 「音楽実験室 新世界」東京都港区西麻布4-5
【 ゲスト 】 蔵元DJ・高嶋 一孝(高嶋酒造) さん 一時はプロを目指したDJの道を捨て家に帰って酒造りに入る。が、今も時間をみては地元静岡県内を中心に活動を続けている。
現役DJ・DJ b.g.l さん ローカルの中でも熱い、静岡・沼津をベースに活動しつつ、東京にもたびたび参戦。techno、jazz、house、abustracと網羅する。
【参加費】  予約2,500円・当日3,000円(試飲2種とグラスのデポジット込み)
【参加方法】「facebook」か、「こくちーず」で参加表明。

 

===6月23日 「日本酒片手に vol.3 〜蔵人を語ろう〜」===

左:『磐城壽』と鈴木大介専務、右:『玉川』とフィリップ・ハーパー杜氏

イギリス人杜氏として、また独特の酒造りと斬新なアイディアで、飲み手のみならず造り手にもファンの多い木下酒造のフィリップ・ハーパー杜氏。
野太い「海の男酒」を醸した海辺の町から、東日本大震災によって山間の町へ仮移転を余儀なくされている鈴木酒造店の専務・鈴木大介さん。
奈良県の梅乃宿酒造で、蔵人として先輩・後輩の間柄だった二人。震災の後、届いたハーパーさんからの手紙は鈴木さんを元気づけました。一緒に働いた当時のことや、その後の交流などを伺います。
酒造りの世界でも、杜氏制度や修行の習慣が形を変えつつある今、一般には見えにくい蔵人の生活や仕事の様子などは、飲み手の胸にも刻んでおきたいことがらかと思います。
【 日 時 】   2014 年6 月23 日( 月)、18時30分 ~21 時(18 時受付開始)
【 場 所 】  「3331 Arts Chiyoda」/ 東京都千代田区外神田6丁目11-14
【ゲスト】  フィリップ・ハーパーさん(木下酒造)、鈴木大介さん(鈴木酒造店
【参加費】  予約4,500円、当日5,000円
【参加方法】「facebook」か、「こくちーず」で参加表明。

お待ちしてまーす。


新しい年もおいしく楽しく「いいね!日本酒。」!

明けましておめでとうございます。

年の暮れには、いくつもの忘年会で楽しい仲間とおいしいお酒をいただいて、
いろんなことがあった1年を締めくくられたことと思います。

昨年はたくさんの楽しい席に伺い、
幸せそうな笑顔を取材させていただきました。
ご協力下さったみなさま、本当にありがとうございました。

そして、明けた新しい年を、
みなさんは、どこで、どんな風に迎えられたでしょうか。

今年も、楽しい仲間とおいしいお酒を酌み交わす幸せと、
お酒を通じて様々な人と知り合い、つながり、紡ぎ、育める幸せを、
一緒に楽しんで、伝えていけたら、と思います。

 


あでやかに華やいで……日本酒&着物の「女子会」!

お待たせしました!女子会報告です。

去る12月17日、「日本酒&着物」の女子会が開催されました!
ご報告が遅れて、申し訳ありませんでした。たぶん、特に…男性陣が気になっていたかと思います。

企画・司会・進行のあおい有紀さん(右)と福山亜弥さん。

全体の3割くらいでしょうか、着物で来てくださった方々もたくさんいらっしゃいました。洋服でも思い思いにおしゃれして来てくださり、受付を待って並んでいただいている間からすでに、独特の華やかさが漂う女子会でした。

あでやかです。蔵元さんがついで回ってくださいました。
こちらは洋装。まずは「水芭蕉PURE」で「乾杯」。
どの席も華やかに楽しそうでしたね。
「いいね!日本酒」で2席ご招待を頂きました。当選したのは、田中美幸さん(左)と、お友達の木村優子さん。

当日、着付けコースをご利用いただいたお客様も多かったのですが、司会のお二人もそちらで着付けて来られました。あおい有紀さんが当日着用したのは、同学院で用意してくださったもので、吉永小百合さんがテレビのAQUOSのCMで来ていた着物と同じ柄。福山亜弥さんは、渋めの柄で着慣れている感たっぷりでした。あおい有紀さん福山亜弥さんのブログでは、着付け場の様子をリポートしてくれています。

着物姿が美しい。さらに名司会です。
蔦洋子先生の仕草やマナーのレクチャーはすぐに使えるものばかり。

 

壮観です。蔦先生のレクチャーにみなさん、真剣です。蔵元さんトリオも耳を傾けています(左奥)。

基本的に参加者は女性だけだったのですが、プレゼントをご提供下さったところの担当さんなどが2階席に陣取って、粋な旦那衆のようでした。着物姿の男性もおられ、やっぱり日本酒には、着物姿が合いますね。

本日のお酒、+デザート酒の「生姜のスパークリング」ハクレイ酒造。
思わず「合う合う!」と叫んでしまうマリアージュ。(左の写真)左から「水芭蕉大吟醸」w/ヒラマサの和風カルパッチョ、「加賀鳶純米酒」w/合鴨スモーク西京漬。この後も続きました。

左から、「水芭蕉」永井酒造の川島部長、「伊予賀儀屋」成龍酒造の首藤常務取締役、「加賀鳶」福光屋の福光取締役営業本部長。

7種のお酒とお料理のマリアージュ、着物の粋な着こなしや艶仕草とマナーのレクチャー、そしてプレゼント抽選会と盛りだくさんな内容であっという間でしたね。

今晩はなべ!のセットはきれいなラッピング。お着物はお二人に。すてきですねぇ。 

プレゼントが当初よりどんどん増えていって、来場者の半分はお土産付きで帰られたようです。

油断していたら、「いいね!日本酒」のゲストお二人も、しっかりプレゼントを。

 

華やかさを添えてくださったみなさまのほんの一部の方々ですが……。

華やかに、シックに、それぞれに装いを楽しんでいらっしゃいました。左上は花京都きもの学院の方々。着付けにフル稼働でした。

年末、クリスマス前という時期にふさわしい、すてきな女子会でした! ぜひ again!

メイン登場者のみなさんで最後に記念撮影。楽しませていただきました。お疲れさまでした。

 

 


「THE JOY OF SAKE」in NY、そして東京で

THE JOY OF SAKE NY報告!

11月に入りましたね。今年も残すところあと2ヶ月となりました。
余談ながら、10月1日が「日本酒の日」なら、11月1日は「すしの日」なんだそうな。他にもいろいろあるようですが。

さて、先月後半、ほとんどとんぼ返りのような状態でニューヨーク(以下、NY)に行ってきました。
というのも、今年、11年目に入った日本酒イベント、 「THE JOY OF SAKE」 を見てみたかったからなのです。10年目という節目の年だった昨年は、日本でも初めて開催されたので、参加された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本酒人気も定着したNYでは、数多くの日本酒の試飲会が開催されています。その中の一つが「THE JOY OF SAKE」。主催しているのは「国際酒会」。ハワイに本部があり、日本酒の美味しさと文化を海外に広めることを目的に設立された非営利団体です。2001年にハワイ・ホノルルで第1回が開かれ、2004年からNYでもスタート。 サンフランシスコで開かれる年もあり、日本以外の国で行われる日本酒専門の試飲会としては、最大規模なのです。

まず、300種を越える日本酒がエントリーする全米最大規模の鑑評会「全米日本酒歓評会」が9月にホノルルで行われ、吟醸酒、純米酒などカテゴリーごとに受賞酒が決定。その結果を携えて、高級レストランなどが提供する酒肴、オードブルの料理とともに日本酒を楽しんでもらおうというものです。ホノルルでは9月9日に開催されました。

今年のNYの会は東日本大震災からの復興支援ということもあり、日本の外務省との共催でした。収益の30%が津波で酒蔵や家を流されてしまった岩手県と宮城県の蔵元に寄付されるそうです。

また、会場は、チェルシー地区にある、かつて倉庫だった建物の1階と地下の2フロア。趣きがあり、それぞれ様子もちょっと違って、とってもすてきな雰囲気でした。 その様子は写真でご覧ください。

そして、いよいよ「ジョイ・オブ・サケ・東京」。11月8日(火)の開催まで1週間を切りました。

326種類というプレミアム・サケに加え、NYからは「炙り屋錦之介」ほか、日本からは「Nobu Tokyo」ほかといった、有名飲食店がずらりと揃い、自慢の酒肴やオードブルを提供します。
いつもとちょっと違ったお酒の会に、ぜひ足を運んでみましょう。

「ジョイ・オブ・サケ・東京」

日時 2011年11月8日(火)/午後6:00~9:00
会場 五反田 TOC ビル
13階特別ホール
料金 ¥8,000(お一人)
※収益の一部は、東日本大震災で家族を失った蔵元への義援金とする。

ーー「THE JOY OF SAKE」in NYーー

出足は意外にゆったり。旧倉庫とはいえ、風情のある建物だったなぁ。
鏡開きで会がオープン。樽酒はもちろん、来場者にふるまわれた。
カテゴリー別に分けられているので、同じ銘柄でも数カ所に分かれることも。スポイトで自分の器に移す鑑評会方式で、東京の会も同様。
料理カウンターの前にも常に人だかりが。
パーティに人気だというおむすび。おむすびもそれぞれかわいく、ディスプレイも華やかだ。
カウンターの奥で盛りつけながら提供。人気のブースは作れど作れど追いつかない。sakeのお供にボリューム感のある肉料理も。欧米らしい。
スポンサーでもある「WORLD SAKE IMPORTS」に委託している蔵元さんたちもNY入り。
きき酒師で日本酒PR会社酒ディスカバリーズ代表のチズコさん(中央)は昨年、 「THE JOY OF SAKE」鑑評会の審査員も務めた。  
あっという間にこの込みよう。
左が「WORLD SAKE IMPORTS」の代表であり、「THE JOY OF SAKE」の元会長、現在は理事のクリス・ピアース氏。

 


個性豊かな吟醸酒を味わう

東京・秋の『吟醸酒を味わう会』、10月26日(水)開催

日本酒のイメージとして、今ではすっかりメインストリームと言っても良い存在の吟醸酒。海外でこれだけ日本酒が受け入れられるようになったのも、吟醸酒や純米酒というPremium Sakeの存在あればこそ、とも言えます。

その端緒は江戸時代末期に見られるとも言われる吟醸酒が、商品化されひろく一般の手にも届きやすくなったのは、1980年頃。そして、その普及のため、いち早く吟醸酒造りに着手していた蔵元たちによってちょうど30年前の1981年8月、「日本吟醸酒協会」が創設されました。

同会では、東京を始め、大阪、札幌、福岡、名古屋、仙台などと、さまざまな都市で『吟醸酒を味わう会』を開催。東京、大阪では、絞りたてのフレッシュさが楽しめる新酒の春と、半年寝かせて熟成された味が楽しめる秋に行われます。

飲食店・居酒屋さん、酒屋さんが「ひやおろし」で賑わう秋、まさに満を持して蔵出しされる吟醸酒の、東京での試飲会が10月26日(水)に行われます。

市販されている吟醸、純米吟醸、大吟醸、純米大吟醸だけでなく、全国新酒鑑評会出品酒を飲み比べられるのも魅力ですし、近年は程よく燗付けされた酒も提供され、好評です。そして、今回は、1部、2部ともおみやげ付きです。

蔵元が一堂に会する機会も少なくなるこの季節。造り手との会話を楽しみながら、自慢の仕上がりとなった吟醸酒を味わいに出かけてみませんか。

さまざまな吟醸酒を飲み比べられる。

東京・秋の『吟醸酒を味わう会』

10月26日(水)
第1部 15:00~17:00(受付開始14:30)
第2部 18:00~20:00(受付開始17:30)
会 場    ホテルメトロポリタンエドモンド
東京都千代田区飯田橋3-10-8 tel.03-3237-1111(代)

入場料

事前申込 当日券
第1部 3,500円 4,000円
第2部 5,000円(酒肴付き) 5,000円

※  入場料は、1部と2部で異なりますので、ご注意ください。
※  いずれもおみやげ(吟醸酒720ml、1本)付きですが、酒肴は2部の事前申込の方だけに付きます。

(日本吟醸酒協会公式サイトより)