県のカラーを楽しもう。10月は茨城、山口、島根。

1年前の写真ですいません。出すタイミングを逸しておりました。今月は3県。代表して「いいね!日本酒。」です。

蔵入りの季節となり、最後を飾るように、またイベントの多い季節でもあります。
体が幾つあっても足りませんね。

10月11日「茨城地酒まつりIN花やしき2013」——
10月11日「第5回 やまぐち地酒維新」——
10月14日「しまねの地酒きき酒会」——

去年の復習をして行きましょう!

——10月11日「茨城地酒まつりIN花やしき2013」——

*****10月11日「茨城地酒まつりIN花やしき2013」*****

[日 時]:2013年10月11日(金)18時30分~20時30分 (開場18時)
[場 所]:花やしき(浅草)
[入場料]:4,000円(700名限定)
[チケット]:イープラス
■参加特典
・オリジナルぐいのみ
・会場で使える「茨城の食」のお食事券
・茨城の鍋の王様「あんこうどぶ汁」、笠間のいなり寿司、浅草の天麩羅、浅草むぎとろそば。
・茨城の酒300ml
・オリジナルバック (それぞれ、お一人様1つ)
[問合先]:茨城県酒造協同組合
 http://www.ibaraki-sake.or.jp/

 <2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『一品』吉久保酒造(水戸市)    02)『月の井』月の井酒造店(大洗町)
03)『郷乃誉』須藤本家(笠間市) 04)『二波山松緑』笹目宗兵衛商店(笠間市)
05)『東海』武藤酒類醸造(笠間市)   06)『稲里正宗』磯蔵酒造(笠間市)
07)『副将軍』明利酒類(水戸市)    08)『松盛』岡部(常陸太田市)
09)『剛烈』剛烈富永酒造店(常陸太田市)10)『菊盛』木内酒造(那珂市)
11)『久慈の山』根本酒造(常陸大宮市) 12)『酔富』酔富銘醸(常陸大宮市)
13)『大観』森島酒造(日立市)     14)『二人舞台』宏和商工(日立市)
15)『愛友』愛友酒造(潮来市)     16)『府中誉』府中誉(石岡市)
17)『男女川』稲葉酒造場(つくば市)  18)『霧筑波』浦里酒造店(つくば市)
19)『筑波』石岡酒造(石岡市)     20)『白菊』白菊酒造(石岡市)
21)『来福』来福酒造(筑西市)     22)『花の井』西岡本店(桜川市)
23)『武勇』武勇(結城市)       24)『一人娘』山中酒造店(常総市)
25)『紬美人』野村醸造(常総市)   26)『結』『富久福』結城酒造(常総市)
27)『御慶事』青木酒造(古川市)    28)『徳正宗』萩原酒造(境町)

 

——10月11日「第5回 やまぐち地酒維新」——

            *****10月11日「第5回 やまぐち地酒維新」*****

[日 時]:2013年10月11日(金)19時~21時(受付 18時30分〜)
[場 所]:ホテル椿山荘東京 5Fオリオン
[入場料]:8,000円(定員500名、着席、お食事は個別配膳、お土産つき)
[チケット]:1)イープラス、2)山口県酒造組合へ申込書をファクス、3)必要事項(氏名・年齢・性別・職業・申込人数・住所・電話番号)を記入しinfo★y-shuzo.com(★→@にかえて)までメール、4)「おいでませ山口館
■「第5回 やまぐち地酒維新」の会の前に関係者向けイベントあり。
「第2回 やまぐち食材等提案会」
(流通関係者、飲食店関係者向け試飲商談会)
14時~16時30分(入場無料)
[問合先]:山口県酒造組合http://y-shuzo.com/ 

<<2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『山頭火』金光酒造(山口市)     02)『和可娘』新谷酒造(山口市)
03)『雁木』八百新酒造(岩国市)     04)『五橋』酒井酒造(岩国市)
05)『金冠黒松』村重酒造(岩国市)    06)『金雀』堀江酒場(岩国市)
07)『獺祭』旭酒造(岩国市)       08)『原田』はつもみぢ(周南市)
09)『毛利公』山縣本店(周南市)    10)『中島屋』中島屋酒造場(周南市)
11)『金分銅』金分銅酒造(下松市)    12)『貴』永山本家酒造場(宇部市)
13)『山猿』永山酒造(山陽小野田市)   14)『宝船』中村酒造(萩市)
15)『長陽福娘』岩崎酒造(萩市)     16)『鳴門峡』岡崎酒造場(萩市)
17)『八千代』八千代酒造(萩市)     18)『東洋美人』澄川酒造(萩市)

 

——10月14日「しまねの地酒きき酒会」——

*****10月14日「しまねの地酒きき酒会」*****

[日 時]:2013年10月14日(月・祝)13時〜19時(2部制)
[場 所]:東京交通会館12F カトレアホール
■【第1部】「しまねの地酒きき酒会」
[時 間]:13時~16時(入場受付は15時30分まで。)
[対 象]:業界関係者(事前申し込み不要。招待はがきを持参し、名刺と共に受付へ)
[入場料]:無料
■【第2部】「しまねの地酒を楽しむ会」
[時 間]:17時~19時 (入場受付は18時30分まで)
[対 象]:一般、業界関係者(住所・氏名を明記し、はがき、fax、メールで組合まで)
[入場料]:2,000円(オリジナルきき猪口、おつまみ付き)
[問合先]:島根県酒造組合
 http://www.shimane-sake.or.jp 

<<2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『李白』李白酒造(松江市)     02)『豊の秋』米田酒造(松江市)
03)『國暉』國暉酒造(松江市)     04)『月山』吉田酒造(安来市)
05)『美波太平洋』木次酒造(雲南市)  06)『仁多米』奥出雲酒造(雲南市)
07)『七冠馬』簸上清酒(奥出雲町)   08)『十旭日』旭日酒造(出雲市)
09)『天隠』板倉酒造(出雲市)   10)『ヤマサン正宗』酒持田本店(出雲市)
11)『出雲富士』富士酒造(出雲市)   12)『石見銀山』一宮酒造(大田市)
13)『開春』若林酒造(大田市)     14)『誉池月』池月酒造(邑南町市)
15)『玉櫻』玉櫻酒造(邑南町市)    16)『環日本海』日本海酒造(浜田市)
17)『都錦』都錦酒造(邑南町)     18)『隠岐誉』隠岐酒造(隠岐の島町)


「いいね!ランキング」上位蔵に聞く〜木内酒造

第1回はビールや梅酒も人気の木内酒造さん

Facebookを発信の軸にして、63社(8月23日現在)の酒蔵さまにご参加いただいている「いいね!日本酒」。
「いいね!」ランキング上位の蔵元さんはどんな使い方、どんな工夫をして「いいね!」=ファン数を増やしているんだろう、気になりますよね。成り代わって、伺わせていただきました。

第1弾は、8月23日時点で3位の茨城県・木内酒造さん。木村俊介企画室長にお話を伺いました。

木内酒造さんと言えば、日本酒ファンには『菊盛』で知られますが、『常陸野ネストビール』や『木内梅酒』と、人気のラインナップが揃います。不肖伝々も、取材で日立駅を利用した際には、駅併設のガラス張りカフェで、昼はネストビール、夜は梅酒をいただきました。

Facebookを始めたのは2011年8月7日からだそうですから、ちょうど1年。
公式ホームページ、メルマガ、Twitter、ブログ、facebook、と多面的に展開する中のひとつですが、数年前からやっているTwitterからfacebookへお客様の方も移行して来ているように感じるといいます。

「字数制限もなく、写真が見やすいからでしょうか。私たちも良い写真を撮りたいと気をつけて撮るようになりました。
スタッフもみんな若いので、もともとfacebookをやろうということには積極的だったんですが、反応が良いですから、これからも活用していきたいと思っています。
例えば、先日の期間限定で行なったビアガーデンなんかでも、告知をアップするとすぐにコメントを返してくださいました。『“facebookで見た”で100円引き』という企画をやったんですが、『見た』とおっしゃってくださった方は多かったですから。反応があると嬉しいですね」

企画室長の木村さんに加え、お酒の醸造担当さん、ビールの醸造担当さんの3人でアップし、さらにブログ担当の方がブログをアップすると自動的にfacebookにもアップされるシステム。担当者同士で打合せなどは特にせず、スケジュール調整もなし。それぞれ話題があった時に書き込む自由なスタイルだそうです。

「なるべく間をあけないように、とは思っているんですけど、10日ほど空いてしまうこともありますし、重なってしまうこともあります。ただし、当たり前のことですが、記事をアップしなくても、コメントは見逃さないように、こまめにチェックをして、返事を書くようにしています」といいます。
実は、気づかずにコメントが遅れてしまったことがあり、反省の気持ちも込めてということのようです。

「いいね!」に関しても、今はあまり気にしないという木村さんですが、一度だけ頑張ってみたことがあるそうです。

「そう言えば、今年の春くらいから『いいね!』を押していただく率がぐぐっと増えたんですよね。理由はとくに…………。そうそう、ちょうど新酒ができてイベントも多かったので、更新頻度を増やしたり、イベントのライブ感をTwitterみたいに、会場から伝えたりしたいと思ってやったたことがありました。
ただ、携帯電話ではできなかったので、イベント会場にノートパソコンを持ち込んで。カメラで写真を撮って、パソコンに取り込んで送るという、ちょっと手間がかかる作業だったので、1回のイベントで送れたのは、2〜3回だったんですが、たぶん、その臨場感が伝わったのかな、と思いますね」

Facebookは「相手の顔が見える」というのも特徴。木村さん自身は企画室ですが、できるだけ造り手を身近に感じてもらえるような内容や表現ができたら、と心がけているそうです。
そして、匿名ではないお客様の声を直接聞けるところが良い、と。
「私でも嬉しいんですから、造り手の人たちは、飲んでくださる方からの意見や感想を聞けたら、もっと嬉しいと思いますよ」
木内酒造さんのfacebookを訪れて、感想をどんどん書き込んでくださいね。

歴史を感じさせる佇まい。こんなところで試飲なんて、いいですね。

アンケート結果はこちら