「いいね!ランキング」上位蔵に聞く〜 大雪渓酒造

思わず目を引く大雪渓酒造さんのfacebook(以下FB)にあるカバー写真。この絵柄には、出だしからやられちゃいますが、ちょっと別件の話題からスタートさせていただきます。

というのも、先頃、発表されました、「IWC(International Wine Challenge)」のSAKE部門メダル賞で、見事、「大雪渓 純米大吟醸原酒」が「純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部」ゴールドを、「大雪渓 限定純米酒」が「純米酒の部」のブロンズを受賞されました! これらを含めた受賞酒は、さらに、トロフィーの発表、チャンピオンの発表へと続きます。ぜひ、チャンピオンを! 応援していきたいですね。

ダイナミックな、繊細な、自然を写し出し14位の『大雪渓』

さて、本題です。

まず冒頭のカバー写真。男性陣が恵方飲みをする、の図なのですが、一番右、もしかして……の杜氏さんでした!

しかもこの写真は今年のものではなく、昨年の節分にノリで撮ったものだそうです。ブログに載せられたそうですので、ご記憶されている方もいらっしゃるでしょうか。節分に合せたブログ用の写真を撮ろうとあれこれ考え、誰が言い出したのか、恵方巻、ではなくて、どうせなら酒瓶で恵方飲み(の格好)、となったのだそう。今年辺りは一部でかなりポピュラーになっていますが、その発端は、もしかして、この写真!?

「言い出したのは杜氏さんだったかな‥‥。『いいね!日本酒。』さんから、『日本一気さくな杜氏』(こちらを参照)と、お墨付きも頂いていますし(笑)」

と、今回、お話を聞かせていただいたのは、大雪渓酒造の企画室長、薄井結行(ゆうき)さんです。

きさくな杜氏さんが指揮を取る酒造りは、きっとみなさん和気あいあいとして、まさに「和醸良酒」な仕上がりなのだろうと想像できますね。

こんなユニークな大雪渓さんのfacebook、徹底して、ダイナミックな北アルプスの山並みや可憐な花々など、美しい自然を写し出す写真を多用しています。お酒の瓶などの商品や蔵の様子は、まるで思い出したようにぽろっと登場する程度。……酒造メーカーさん、ですよね?

「ウチの酒蔵は、安曇野の恵まれた自然の中でお酒を造らせてもらっているので、そのことを知っていただくには、写真で見ていただくのが一番良いですから」

思いっきりの良さ、です。

朝、出社してホッと一息つくと目の前には昨日とは表情の違う山並みの美しさ。で、つい、カメラを向けてしまう。日々、違う表情を見せるのですから、残しておきたくなる、見てほしくなるのも無理はありません。

頂きに残る雪が地面に染み込んで、ゆっくりゆっくり濾過されて伏流水となり、やがて、酒蔵のあるところまで流れてくる……。

「水は豊富なんです。井戸も敷地内にありますし。

ほんとは、蔵人やスタッフなど人物ももっと登場させたいのですが、恥ずかしがる人が多いんですよ。それに、商品を載せるより、自然の写真の方が、反応がありますから」

造り手でもあった薄井さんですから、蔵人さんへの気遣いもあるようです。

それにしても、ほぼ毎日アップしているというタイムラインに対して、コメントの多さ、シェアの多さが目を引きます。シェアしてくれた方のお友達が写真に引かれてふらりと見にきてくれる、というケースが少なくないのでは?とおっしゃいます。

「せっかくですから、日本酒に興味のなかった人、大雪渓を知らない人にも興味を持つきっかけになってくれたら良いなと思います。そして、知っていただいたら、その環境の中で造っているということ、この大自然と『大雪渓』が一緒に記憶に残ればうれしいですし」

そして、もちろん「いいね!」も増やしたい。

入り口は、郷土の自然……。ダイレクトなテーマではないけれど、地酒ならではの個性を作り出す、酒造りの背景、重要な要素です。

桜のシーズンだった4月15日に、残雪の北アルプスと桜を背景にした菰樽の写真をアップしたところ、約1ヶ月経った5月17日現在で、ファン数907にして、いいね!が233、コメント12、シェア22、見た人の数は5000を越えているのだそうです。「いいね!日本酒。」も見習わねば(本音は“あやかりたい”)と思ってしまう反響の良さです。

「我が社から車で5分もかからないところで、車のルーフに菰樽乗せて撮っただけ。木の間に挟んでみたりもしたんですけど、うまくいかなくて……」

どれも、カレンダーやポストカードにしたくなるようなクオリティです。これらは全て薄井さんによる撮影。なのですが、薄井さんが写真をはじめたのは半年ほど前。とあるきっかけ(ご想像通りです^^)でカメラを買ったので、何かあったら持ち歩いているとのこと。センスなんですよね。

「いいね!」の数も写真をアップする前は400程度、それが現在は倍以上。写真の力は大きいですね。お酒の造られている風景、大切な要素です。

そして、毎日つくコメントへ返事を返すのが毎朝の日課。そんなやり取りがコミュニティツールとしてのFBの最大の利点です。

また、コミュニケーションできるFBの意外な活用例がありました。FBだけで紹介するお酒、FBで希望を募って作ったセットなども、ほかのお蔵さんでありましたが、何と、大雪渓さん、お酒2本と徳利セット&お猪口2個のお値段をFB上で投げかけたのでした。頂いたコメントを参考に決めたお値段で頒布したところ、あっという間に完売したそうです。

最も参考になるアンケートかもしれません。

「『いいね!』が1000になったら、また新しい展開があるかもしれませんね」

そう話す1000のカウントも目の前です。

美しい自然が満載

アンケートの結果はこちら

 


「自粛から日本酒を救え」こぼれ話・第3回

さすが本職、一大キャンペーン「ハナサケ!ニッポン!」

ーー(末尾に情報を加えました。2011.3.16)

あれから1年。3月11日をみなさんはどう過ごされたでしょうか。

最終回は、当サイトもお手伝いした”「日本酒と着物 100人の女子会」にもご参加いただいた”とかいう「ハナサケ!ニッポン!」のタカハシマコトさん。当日の写真を改めて見て、それらしき人、発見しましたよ。

タカハシマコトさん。自粛ムードを一変させた仕掛人。 ちなみに、今は、海外逃避行中??のようです。

実は、「ハナサケ!ニッポン!」が流したYou Tubeの動画を、私はたまたま公開されたその日の夜に見て、月曜の朝、南部美人の久慈専務に電話を入れ、話を伺いました。まだ、誰からも取材が入っていなかったようで、「見てくれたんですか」と、のんびりした様子。じっくり話を伺えたのですが、その直後から取材依頼がすごかったようですね。

そして、記事にも書いた通り、誰が製作したのかは教えてくれず、「知り合いが」と。でも、実は全く知り合いではなかったんですね。

事務局の方とも連絡を取り、お話ししたのですが、「数人がボランティアでやってまして……」とだけ。(話したうち、男性の方はタカハシさんだったかも、です)、と、なんだか疲れた様子でした。

ハナサケ!ニッポン!

そりゃ、疲れているはずです。事務局と言っても3人くらいでやっていて、他に映像編集、デザインの方が協力している程度。後で分かったことですが。

日経ビジネス・オンラインでは、震災後間もなく南部美人さんの別記事が掲載されたばかりで、ボツになりました。

それでは、主宰者であるタカハシマコトさんが石原発言以後に取った行動の流れを追ってみます。

  • 3月29日(火)、「酒なんか飲んでる場合じゃない」という石原都知事発言。
  • 3月30日(水)、「花見自粛論争」がソーシャルメディアやネット掲示板で激論になる。
  • 4月1日(金)、昼
  •   仲間と企画会議。盛岡にあるグループ会社の友人に電話。現地の様子を聞いて企画書をまとめる。長く停電していたため、被災地では東京などの自粛ムードも知らない人が多く、都知事発言から都市部での自粛の風潮とそれに対する反発など、花見自粛論争についての説明も加えた。
  • 4月1日(金)、夕方
  •   盛岡の友人を通して「南部美人」の久慈さん、「あさ開」の藤尾さん、「月の輪」の横沢さんの3人に協力を要請し、同意を得る。久慈さんはその日の夜にskypeでライブ録画。商品写真などを送ってもらう。藤尾さん、横沢さんはデジカムで収めた映像を送ってもらった。
  • 4月2日(土)、徹夜で映像を編集。夕方、発信元を「ハナサケ!ニッポン!」として、「あさ開」「南部美人」のメッセージをYou Tubeにアップ。
  • 4月4日(月)、You Tubeを見たメディアから蔵元に多数、取材依頼が入る。「月の輪」をYou Tubeにアップ。併行してHPを製作。
  • 4月6日(水)、HPを公開する。

さすがプロ、とはいえ、すごい速攻作戦です。ただでさえ忙しい広告代理店の方なのに、少ないプライベートの時間を使ってのことだったのですが、素早く動いたことで効果も反応も大きかった。やった甲斐があったというもの。それは、みなさんのご記憶に強く焼き付いていることと思います。

「仕事もこのくらいやってほしいものだ」と、言われたとか、言われなかったとか……。

今回ご紹介した4つのプロジェクト、ほとんど1人で発想し、スタートして、周りを巻き込んでいった。その、冷静な目と行動力。……とにかく始めて見る。

石橋を叩いて壊す私には、ひたすら尊敬するばかり、です。

 〜〜〜**〜〜〜〜〜***〜〜〜〜〜**〜〜〜

===もっと “こぼれ話” ===

遠く海外でこのブログを見たタカハシさんから、ぽろっと思い出話がこぼれました。

ブレーキなしのハナサケ・カーも思わずアクセルを踏む力が緩んだのではないかと思われる、じんわりとくるお話だったので、是非、お伝えしたいと思います。

  〜〜〜**〜〜〜〜〜**〜〜〜

「縁は異なもの」〜ちょっといいハナシ

実は、10年ほど前、タカハシさんはあさ開さんのPRを担当していたのだそうです。

そして、ライトな大吟醸の「水の王」、大辛口の純米酒「水神」の名付け親(!)だったとのこと。

今回の行動を起こす際、相談した盛岡の友人というのは、盛岡博報堂在籍の方で、当時の担当営業だったのです。タカハシさんご自身は、担当を外れたため、ほぼ10年ぶりであさ開さんにご連絡をとったのだそうです。

「担当を外れてずいぶん経つので、もし、今回の震災がなければ、あさ開さんとお話をすることは二度とないままだったかもしれない……」と感慨深げです。

そして、
「人の縁は異なものですね」
……あさ開の村井社長がふと口にした、そんな言葉も伝え聞いたそうです。

ハナサケ!ニッポン!
Save The 東北の酒
いま買うべき東北の日本酒リスト
save sake project
自粛から日本酒を救え