「日本酒のためなら」vol.3 平出淑恵さんのアンケートをスタート!

日本酒コンサルタント平出淑恵さん

ご協力いただいております伝々の暴走企画「日本酒のためなら」。

第1回の山同敦子さんのインタビュー、たくさんの方に読んでいただけたようで、喜んでおりますが、いかがでしたか?

第2回に予定しております福山亜弥さんのアンケートへも、たくさんのコメントと共にご回答いただいております。もう、ご回答はお済みですか?

福山亜弥さんからの質問は

「日本酒といえば和食が鉄板ですが、
あなたが合わせてみたいお料理は?」

質問と回答はこちら → http://bit.ly/GVJwDH

〆切を1月30日18:00とさせていただきますので、まだの方はぜひ1票を!

第3回は、酒サムライコーディネーターの平出淑恵さんです。

そして、第3回は、日本酒コンサルタント他、日本酒を海外に広める様々な立場で仕事をされている平出淑恵さんにご登場いただく予定です。

日本酒を海外に広めたいと10年以上前から活動されている平出さんは、酒サムライコーディネーターに加え、日本酒が海外から注目を集めることが多くなっている昨今、酒蔵ツーリズム(R)や日本酒に関わる教育機関の新設に際してのコンサルタント、アドバイザーなど、本当に多岐に渡りご活躍されています。

和食の世界無形文化遺産登録や2020年のオリンピック東京開催も決まり、日本の食文化として日本酒が海外から注目されることも必至。平出さんが必要とされる場もさらに増えていきますね。

今回は、そんな平出さんらしい質問です。

「来日した外国の人に日本酒について
一番知っておいてほしいと思うことはなんですか?」

質問と回答はこちら → http://bit.ly/1hD1vf5

昨日、facebook上でアンケートがスタートしました。
平出さんの今後の活動に生かされるかもしれません。たくさんのご回答をお待ちしています。

平出さん、
快く受けてくださり、さらにお忙しい最中、ご協力いただきありがとうございます。
結果が楽しみですね。

 


丸の内で楽しんだ、浴衣で夏酒

 新丸ビルを浴衣でジャック!?

昨年末に行なわれた、「日本酒と着物100人女子会」が大盛況で幕を閉じ、期待しましたよね、次は?って。

ちゃんと期待に応えてくださいました、
あおい有紀さん×福山亜弥さん×save sake projectさん。

そして8月11日、行なわれたんです、
「夏酒meetsゆかた女子~負けるな紫外線!逃すなビタミンC!夏野菜料理と爽やかな夏酒で涼を呼び込む!!」

……、このタイトル……、
イベント・タイトルの長さに命をかけている?若手蔵元の会も負けそうな勢いですが、浴衣で楽しむ夏の会は、やっぱりテーマは紫外線!! だいじですね。

「陸奥八仙」vs「紀土」©save sake project

今回のゲスト=お酒の提供は北から「陸奥八仙」の八戸酒造さん・駒井専務、西から「紀土」の平和酒造さん・山本専務という顔ぶれです。

男性も浴衣姿というだけで、リラックスして見えるから不思議です。山本専務も、次回はぜひ、浴衣で……ね。©save sake project

多勢な女子に囲まれて、かな〜り緊張気味だったという山本専務(左)ですが、さすがにお酒の説明は慣れたものです。駒井専務は、リラックスムードの中にも、お酒の説明になると力がこもります。

今回のラインナップ
■紀土 【和歌山県 平和酒造株式会社】————–
「紀土 特別純米酒 夏ノ疾風」日本のうっとうしい夏を吹き飛ばす爽快感
「紀土 純米吟醸酒 Shibata’s」蔵に寝かせてあるお酒。中取り原酒を1年半寝かせた
「鶴梅」(「天下御免」(優勝)をとった柚子リキュール)
「紀土 純米酒」和歌山の風土を表現し、米の甘みも感じさせる
■陸奥八仙 【青森県 八戸酒造株式会社】———–
「陸奥八仙 夏吟醸生酒」夏酒 13度程度の軽快なお酒
「陸奥八仙 純米大吟醸 華想い40」蔵に寝かせてある酒
「陸奥八仙 赤ラベル特別純米無濾過生原酒」看板商品のお酒をフルーツと共にカクテルに。
「陸奥八仙 いさり火純米火入れ」純米酒 辛口タイプで魚介類に合う飲み飽きしないタイプ

乾杯!©save sake project
今回も息のあった楽しい司会のあおい有紀さん(右)と福山亜弥さん

それぞれでもお酒の会を企画、運営しているお二人が組む,最強のこのシリーズ。参加者に負けず、楽しそうなやり取りが、いっそうお酒やお料理を引き立ててくれます。

酒縁友達の多いあおいさん。今回もお友達が参加。
お、これは、ぴょんぴょんマークのお猪口!©save sake project
右奥はドレープのような生地がユニークな着物姿の井上さんとこの後も所用ありというWヘッダーの花登さん。今回はちらほら男性陣の顔も。
実は「陸奥八仙」も「紀土」も初めて、というお二人。facebookでイベントを見かけ、新たなお酒との出合いを楽しみにして訪れたと、嬉しいお言葉!
シュハリの野菜セットなど、今回も豪華なプレゼントがもりだくさん。
もちろん!musmus自慢の蒸し野菜も。©save sake project

不肖、伝々、所用有りで途中退場いたしました。 見とかなきゃいけなかった、夏のケア。いや、飲みたかった!食べたかった!………

また、やってくださいね、あおいさん、亜弥さん、save sake projectさん!

 

 

 


日本酒と着物 100人女子会

※末尾に情報を追加しました。12月2日

アナウンサーのあおい有紀さんと女優の福山亜弥さんが、一緒にイベントを開催!

日本酒イベントに欠かせないお二人で、男性陣、大喜び、とは思いますが、残念、
今回は女子会。お二人の美しさ、女子力の秘密は日本酒にあり。
女性のみなさん、盗ませていただきましょう!
================================

クリスマス直前!女子力アップ
日本酒と着物 100人女子会

日本酒と共に日本文化を学び、女子力をアップ、そして、酒蔵を支援しよう。味と知と美を贅沢に吸収する、そんなイベントを、クリスマスも近い12月17日(土)に開催します!
パーソナリティには、日本酒を愛し、広める活動をしている、アナウンサーのあおい有紀さんと、女優の福山亜弥さん。一年の終わりに、日頃から日本のお酒、食文化の魅力、お酒と料理のマリアージュなどを伝えているお二人と、盛大な女子会をしましょう!

◆ 概要
・    日 :2011年12月17日(土)
・  時間:14:30~17:00(
受付14:20〜)
・  場所:酒蔵レストラン「宝」(有楽町 国際フォーラムB1)

◆お酒と料理と着物
・  定員:100名
・  会費:¥6,000
…………‥¥9,000 (着付けプラン)
…………‥…‥(着付けを3,000円で! 事前予約の上、当日は着物を持参)
…………‥…‥(協賛:花京都きもの学院

——プログラム例——
・  日本酒と料理のマリアージュ、日本酒スイーツを味わう
・  着物の所作指南〜魅力ある着物での立ち居振る舞い、作法、所作など
・  若き蔵元、杜氏による酒造りトークショー
・  美容グッズミニ体験
・  大抽選会~浴衣3点(協賛:KIMONDOU.JP)、有機野菜セット10セット(協賛:シュハリ株式会社)、VICHY CATALAN 6本(協賛:YAYOI SPAIN JAPAN)、携帯電動ハブラシ10本、他、日本酒、日本酒化粧品など

——レクチャー——
蔦洋子:フードアナリスト1級。講師や執筆などのほか、屋台村出店のアドバイザーなど幅広く活躍。

——参加酒蔵——
永井酒造(群馬県)/福光屋(石川県)/ハクレイ酒造(京都府)/成龍酒造(愛媛県)

——パーソナリティ——
あおい有紀:
‥‥アナウンサー。フードアナリスト1級、利き酒師、焼酎アドバイザーなどを取得。『アナウン酒サロン☆』 、『SAKE 日和♪』 を主催。http://ameblo.jp/blue-snow927/
福山亜弥:
‥‥女優。利き酒師。『ほっこり利き酒会』『聴き酒夜話』『一日女将』などを、主催、開催。http://ameblo.jp/aya-fukuyama/
=====================================

◆協力・協賛
協力蔵元(北から順に出品予定酒一例):
永井酒造「水芭蕉」/福光屋「加賀鳶」/ハクレイ酒造「生姜スパークリング」、日本酒スウィーツ/成龍酒造「伊予賀儀屋」
協賛:
kimondou.jp 、シュハリ株式会社 、YAYOI SPAIN JAPAN
=====================================

◆イベント参加のお申し込み方法
・facebookから:Save Sake Project のFacebookページ(www.facebook.com/savesake)‥‥左側のイベントタブから「出席する」をポチ!
・twitterから:@savesakeprojectにDM
・mailから:savesake*gmail.comへ(「*」を「@」にして送信)
いずれも事務局より、追って折り返しご連絡をさせて頂きます。

◆問い合わせは
Save Sake Project「日本酒と着物100人女子会」事務局savesake*gmail.com まで。
=====================================

save sake project
「またみんなで おいしい日本酒を飲もう!」
蔵元が多い被災地、その地域への支援を日本酒でつないでいくプロジェクト。蔵元だけでなく、その地域の人々へも支援を行なっていきます。今回は『save sake』の解釈を広げ西側にも目を向け支援します。
=====================================

 

 

※当日、着付けを予約されている方は、着物に加え「長襦袢とタオル3枚」をご持参ください。
※イベントのチラシができました。お二人が盛りだくさんのプランを語っています。ぜひご覧下さい。
日本酒と着物100人女子会ちらしPDF