「聖地巡盃〜能登」part1

「聖地巡盃〜能登」1日目から濃すぎます!

能登杜氏の故郷、能登町は、たくさんの神社が守る海の町。そして、お酒の神様に守られた、素朴で豊かなお酒の町でした。

そんな町で、縁結びの神社と酒蔵を巡る旅。どんなご縁が待っているかな。

たくさんの思い出が詰まったお酒です。 

約半月前、「聖地巡盃」のセミナーで、「今年の能登は雪も降らなくて……」と言っていたのに、ツアー一行を迎えてくれたのは雪。飛行機が遅れ、オリエンテーリングも少し遅れてのスタートです。

各神社では、縁結びのヒントが書かれた紙が用意されていました。実際に行なわれる時には、その紙を探す立て札が用意されているそうです。まるで宝探しをするように、素敵なご縁のヒントを探す。楽しみですね。

数馬酒造でいただいたお酒は、社長の同級生が休耕田を開拓して造ったお米を使って仕込んだ、たった600本しかない、という貴重なもの。

能登を荒れ野にしない、という思いが詰まったお酒。そして、写真のはちまき姿の四家杜氏と数馬社長が造ったお酒です。

そこへ、「酒垂神社」の宮司さんが書いてくださったラベルを貼る……。

そんな信じられないことが、続いた2日間。

次回は2つの蔵を巡ります。


『聖地巡盃』、能登へ!

みなさん、真剣! でも、この後、楽しい試飲と能登のおつまみが待っている。

今年は能登に注目! 事前に学んで充実した旅に。

日本酒は、主食である米などの収穫を感謝して神に捧げ、神と共に祝ったもの。神さまと日本酒は深いつながりがあります。同時に、神社は昔からその土地の守り神。その土地の風土や歴史と切っても切れない神社と日本酒をベースに旅をしよう。それが「聖地巡盃」です。(詳しくはこちら

日本に数ある杜氏集団の中でも、南部杜氏、越後杜氏、但馬杜氏と並んで「日本四大杜氏」に数えられる能登杜氏。地元・北陸はもとより、近畿、中部、関東にまで足を運び、能登四天王と称される名杜氏も排出してきました。そんな能登杜氏の故郷、能登町に、酒蔵と神社を訪ねて旅してみましょう。

そんなテーマでツアーを組み立て、まずはモニターツアーを企画しました。そして、旅の内容を充実させる大きな要因である基礎知識を学んでいただくため、事前の勉強会を開催。酒造り、神社、国の動き、などについての講義が組まれました。

今回のセミナーは、各人の意識の高さでも知られる「アカデミーヒルズ」の会員制ライブラリーのメンバーを対象としたもので、六本木ヒルズにある六本木ライブラリー
にて行ないました。普段、ライブラリーで仕事や勉強をされている方が、今回は日
本酒を学ぶために参加され、そこに、ツアー参加者や一般公募の招待受講者も参加
となったのでした。70人の定員を遥かに上回る応募があったそうです。みなさん、
熱心にメモを取りながら耳を傾けていました。

講師も豪華です。

「國酒プロジェクト」や「酒蔵ツーリズム(R)」については、観光庁観光地域振興部観光資源課々長の新垣慶太さん、神社の成り立ちや日本酒との関わりについては、神社本庁参事の瀬尾芳也さんと、お二人とも「一般の方に向けてお話しする機会はほとんどない」とおっしゃるように、とても貴重な機会でした。

続いて、能登の風土や祭り、そして日本酒について、 数馬酒造の5代目 、社長数馬嘉一郎さん。酒造りについては杜氏の四家裕(しやけゆたか)さんが、「今日はまだ飲んでいないので、喋りが滑らかにいくかどうか……」と笑わせ和ませてくれながら、話してくださいました。

ここではまず、振る舞い酒が配られたのですが、これが、能登杜氏組合鑑評会に出品されたお酒をブレンドしたスペシャルなお酒。他では絶対飲めません。ほの甘く、深みのある味わいでした。

「聖地巡盃推進委員会」から、今回のモニターツアーに関するご案内がありました。様々なツアープランもHP 「聖地巡盃」で紹介されていますので、ぜひ参考にしていただき、楽しい旅を。

その後は、お待たせしました!の試飲会&交流会。ここからは『竹葉』『谷泉』『大江山』という能登町3蔵のお酒が揃い、鶴野酒造からは女将さんも駆けつけてくださいました。お酒を注いでもらいながら、蔵元や杜氏さんと楽しそうに話す姿も数多く見られましたね。

会場では、能登大好きで能登町ふるさと大使も務めている写真家・中乃波木さんの美しく、あったかい写真がスライドショーで紹介され、気分は能登!

そして、お酒のアテには、銀座の能登料理店「のとだらぼち」から、 能登牡蠣のマリネといしるに漬けたかわはぎの干物が用意され、これが良く合う!

今年は能登に注目です。


「聖地巡盃」賑やかに発進!

 神社とお酒の深〜い関係にとことんこだわる

このブログでもたびたびお知らせしてきました「聖地巡盃」ツアー。

日本各地に根ざした「神」と「酒」を通し、奥深い日本の心に触れる旅としてご提案させていただきました。そして、モニターツアーを経てブラッシュアップ。ついに、本格始動いたします。

第1回となるツアーは、モニターツアーの際に、伝々も参加した、会津若松(リポートはこちら)です。今は大河ドラマ「八重の桜」(NHK)で話題沸騰中ですね。そうです。会津娘に注目!なのです。

そして先日、このツアーを盛り上げていこう!という有志が集い、説明会&キックオフ宴会が行なわれました。

******************

第一部は、飲食おあづけで、まじめなお話です。

まずは、瀧本徹観光庁観光地域振興部長による「酒蔵ツーリズム(R)」のお話。地酒ファンにとっては、聞いただけで嬉しくなりますね。

観光庁観光地域振興部長・瀧本徹さん

澄んだおいしい水が豊富なところに酒蔵が集まります。そんなところは、自然も豊かなところが多いもの。そうなれば、訪れるだけでもぜったい楽しめる……、と、西条の『酒まつり』で、もまれにもまれた伝々は思いを馳せます。

実は、西条に行った際、密かに竹原に足を延ばしたり、先日は、京都で伏見の酒蔵通りを歩いて、「ひとり酒蔵ツアー」をして来たのでした。そのリポートも追々お伝えします。

続いて、「日本文化とお酒」と言ったら、まずはこの方。島根で行われた「 日本酒で乾杯推進会議 島根大会」でもお会いした、神崎宣武先生。「旅の文化研究所」所長で、宮司でもいらっしゃいます。

先生のお話は、目からウロコで、ちょっと笑って、とても勉強させていただいた講演だったので、それがこんな少人数で……、贅沢なことです。

旅の文化研究所々長・神崎宣武さん

「『神社』と『お酒』」と聞いては、これほど語れる方はいらっしゃいませんが、神崎先生ご自身も、このツアーに対して期待されているのだなぁ、という思いが伝わってきました。ちなみに、このツアーに向けての推薦文も書いてくださり、ツアーサイトやフライヤーに載っていました。ぜひ、ご一読を。

さて、このツアーのテーマである神と酒との密接なつながりを語ってくださったのですが、「酒」の語源についての詳しい解説からスタート。「さ・け」は、「特別に清らかな飲物」ということを意味し、まず最初に神様に食べていただくもの、なのだそうです。酒そのものも神様が醸したもの、という古歌が残っているそうです。

お話の中で、「礼講なくして無礼講なし」というお言葉。神様がくださるお酒を敬って上座から順にいただく、賞玩する、これが礼講。それが終わって初めて無礼講となる。自由に、下座から飲み残しの酒をまわすなどもオッケーで、楽しく飲みましょう、ということになる。

そういう神様とお酒の関係を、本来の連続したものとして知ることができ、旅の中で体験することができるという意味でも、「聖地巡盃」の意義があるとのこと。

深い深い意味があったんです。

前回のツアーでも伊佐須美神社の宮司さんが、お祓いしたというお酒「徹下酒」を下さり、一同大感激だったのです。ちゃんとお祓いされたものをいただく機会って、そうないですよね。

今回のツアーでもちゃんと用意されているようです。

アリス・ゴーデンカーさん

前回の会津若松ツアーでご一緒させていただいた「ジャパンタイムス」のアリス・ゴーデンカーさんから、モニターツアーの体験談。

日本在住の外国人が喜びそう!というご意見。なるほどなるほど。

それに加え、彼女が鶴ヶ城で、土産物屋の前にある「顔出しパネル」をおもしろがって取材しているなぁと思って見てたら、ちゃんとその記事を書いたのだそう。いろんな視点があるものです。

さて、ここまでのお話が、いわば、礼講とでも言いましょうか。ここから先は無礼講……ですよね。

******************

いよいよ2部の懇親会、「直会(なおらい)」です。

『末廣』醸造元・末廣酒造・代表取締役社長・新城猪之吉さん。/当日のお酒。左から「『末廣』初しぼり 純米吟醸原酒生」「大吟醸『玄宰』」「『咲くら』極上純米酒」「『咲くら』極上山廃純米酒」「『咲くら』極上本醸造辛口」

5種類のお酒を提供してくださった、今回のツアー先である「末廣酒造株式会社」の新城猪之吉社長によるお酒の説明。いつも通り、おやじギャグを交えながらの解説に、笑ったり笑えなかったり……。ところが、こと「会津」、「神と酒」の話題になると、真剣なご様子です。

「末廣」さんの中でも最もハイクラスのお酒「玄宰」は会津藩の家老・田中玄宰から取った銘柄名とのこと。正しくは「たなかはるなか」と読むところが、みんな「げんさいさん」と呼んでいたそうな。5代藩主の松平容頌(かたのぶ)に遣え、もり立てた人。会津の人たちの尊敬を集めているのだそうです。

そして、最後に、

「酒屋である自分は『いつも神様に造らされている』という気がしている。神様に造ってもらってできた酒だから、神様に真っ先に捧げる。これは、酒屋にとって当たり前のこと」と。

酒蔵の人たちはもしかしたら、そんな思いで酒造りをしている方も多いのかもしれない、と思ったら、お酒は無駄にしてはいけませんね。おいしくいただきたいですね。(ただの、飲む言い訳です;;)

そのまま、懇親会のスタートを告げる乾杯です。

「カンパーイ」。まだ静かですが……。

今回の会場「咲くら」は、先の写真にあるように、「末廣」さんとのコラボのお酒もあるお店。店長から料理説明をいただきましたが、豊富なメニューに圧倒されます。

ちょっと私事を差し挟ませていただきますと、次から次へとおいしそうな料理が出て来るのですが、参加者の方々と話はしたいわ、料理は食べたいわ、仕事はしなきゃいけないわ……プチ・パニック……でした……。あー、タッパーがあれば……。

というわけで、場がくつろぐのに時間はかからず、会場を見渡せば、こっちではまじめな顔して酒蔵ツーリズム(R)について激論を交わしているかと思えば、こちらでは神社のお参りの話、こちらではお酒の話、あちらはただただ宴会、と、各所で盛り上がっていました。

お約束だった抽選会。5本ずつご用意いただいたプレゼントに、見事!当たったお二人を、両手に花で上きげんの新城社長。 向かって右は酒サムライコーディネーターの平出淑恵さん。/「八重の桜」(NHK)記念のお酒『純米吟醸 八重さん』と「ぜひ、バレンタインに活用を!」と『末廣 純米吟醸 イエローラベル』

そして、宴もたけなわ、中締めの前に、酒サムライ・コーディネイターの平出さんから一言いただきました。

「神崎先生のお話を聞いて、自分が日本酒を海外に紹介していくことの意義と紹介すべき視点、裏付けを発見できた」、とのご感想でした。

楽しい時間はあっという間です。

新垣慶太観光庁観光地域振興部観光資源課長による音頭で締め、散会となりました。

神社と酒のプロフェッショナル・神崎先生から、「会津のこととなれば」いつになくまじめな姿を見せた新城社長まで、いろんな人の思いと期待が詰まったツアーなんだなぁ、と改めて思わされ……、ますます行きたくなりました!

新城社長、いつかきっと、奥さまと2ショットを見せてくださいね!

おいしいお酒とその土地の料理の夕食が待っている。

ツアーのフライヤーはこちら→ 「聖地巡盃
聖地巡盃会津若松ツアー(表)聖地巡盃会津若松ツアー(裏)

 


旅の形をご提案

酒の神様が守る酒蔵

伝々はこの冬、幸運にもたくさんの蔵見学をさせていただく機会に恵まれました。快く受け入れてくださった蔵の方々、同行させてくださった方々、誘ってくださった方々、本当にありがとうございました。そんな中から幾つかは、記事にもさせていただきました。実は、某PR誌での連載も始まりました。

この町で、この環境で、この蔵で、この方々によって、あのお酒が造られているんだなぁ、と知ると、元々おいしくいただいていたお酒が、さらに深みを持って味わえてしまいます。新しい情報によって加味された、というよりは、これが本当の味だったんだ、と、むしろ辿り着いた感があります。

そして、その地で、その地の食と一緒にいただくと、空気や香りや人が、より豊かな本来の味を引き出して伝えてくれる。
それにそれに、蔵でしか買えないお酒、……つい買ってしまいます(嬉し……涙)。

そんな楽しい蔵見学をもっと思い出深いものに、と考え「酒蔵と神社」を訪ねる旅を提案。近畿日本ツーリストさんの主催によって実現することとなりました。

「聖地巡盃」:http://seichi-junpai.jp/

軒下の杉玉から始まり、大事に据えられた神棚、麹室などに貼られたお札……。お蔵さんの規模によっては、神棚が数カ所に据えられ、お宮を置いたりしているところもあります。酒蔵と神社は、ほんとうに切り離せない存在ですよね。

取材におきましては、あれこれ好き勝手なこちらのお願いに御対応いただき、本当にありがとうございました。
それに、予備日なし(!!)の強行軍の取材で、取材先の方々にも多々ご迷惑をおかけしたと思います。重ねてお礼とお詫びを申し上げます。
お話を伺った中には、幾つかのタンクから、迷いに迷って出品した鑑評会のお酒が心配で、1日に4回も神棚に向かう杜氏さんの姿があったというエピソードなんかも。

お酒の神様が、酒造りをする人たちの心を陰でしっかり支えているんだなぁ、と実感した次第です。

もちろんツアーには、地のものを使った食事や温泉でくつろげる宿といった、旅の必須アイテムも手を抜きません。

既に、facebookで【スタッフ井上】さんよりお知らせがあったように、第1弾は5月1、2日。「浦霞」の(株)佐浦と塩竃神社を訪ね、松島の宿に泊まるコースです。
酒蔵では、佐浦社長と平野名誉杜氏が、お時間を作ってインタビューに応じてくださいました。

(株)佐浦の佐浦弘一社長と、顧問の平野重一名誉杜氏。

ツアーの様子は、【スタッフ井上】さんが facebook か、下記サイトでリポートしてくれますので、お楽しみに。

「聖地巡盃」:http://seichi-junpai.jp/