「いいね!ランキング」上位蔵に聞く〜 あさ開

「上位のお蔵さん3軒くらいからご協力をいただいて、人気の秘訣を探っちゃおう」とはじめたこのシリーズ。予想以上に好評とのことで、ロングラン決定!です。

ほぼ日発信、お客様目線の情報を伝えて12位

「いいね!日本酒。」には、3ヶ月ほど前にご参加いただきました「あさ開」さん。ちょうどその直前の7月、立ち上げた前任の佐々木さんから引き継いで、楽しそうに更新されている様子が見えるような本社営業部・営業企画課・森有希さんにお話を伺いました。

実は、入社するまで、お酒は好きでも日本酒は飲んだことがなかったという森さん。東京で学生時代を過ごし、働いた後、盛岡に戻り、そうして出会ったのが地元密着企業、日本酒の酒蔵あさ開さんだったのだそうです。

余談ですが、業界関係者の方とお話をすると、意外に多いのです、「入社するまでは日本酒はあんまり……」という方。他の部分で魅力を感じて入社されるようですが、結局、みなさん、「でも、今は大好きです!」。魔力は魅力より強し、でしょうか。

もちろん、森さんも「すっかりその魅力にハマってしまった!」お一人です。

入社当初から前職であるweb製作の経験を生かしたネットショップを担当。facebook(以下、FB)担当者と入れ替わるように、現在のお仕事に就かれたとのこと。FBには、前任の方を含め、数人が関わっていて、その中には村井社長も。とはいえ、ほとんどの部分を森さんが担当されています。

読者の方のコメントも多く、そのお返事も短くないようなので、大変では?と伺うと、

「コメントを読ませていただくのが楽しいし、嬉しいですから、返事もつい書き込んでしまうんです」

とのこと。それというのも、ネットショップ時代には、メールでのやり取りも多いため、書くことは苦にならず、それよりも直に接するコミュニケーションが楽しいようです。

そのよい例が、ひと手間かけた写真。最近のものには吹き出しまでついていていました!

「盛岡の人は素朴であったかいんですが、それ故にシャイで、カメラを向けてもこっちを向いてくれないんですよ。後ろ姿では寂しいので……。写真に手を加えることは、かつての仕事経験から、面倒というよりは好きでやってることで、今あるソフトを使ってできる範囲で工夫しています」

FBを担当してからは、ネタ探し=取材のために様々なところを見て歩く必要があります。冒頭にあるように、入社までは日本酒知らず、入ってからはどっぷり?な日々。これまで、なかなか酒造りの現場をちゃんと見る機会はなかったこともあり、日々、発見の連続だそうです。

その目線で、ユニークなクイズなんかも出されています。

「日本酒についてはまだまだ勉強中。社員でもありますが、日本酒の一ファンとしての目線でいろんな発見を伝えていきたいと思っているんです」

それと同時に、Uターンしてきた人間だからこそ見える、盛岡の町や人の魅力も伝えていきたいとのこと。町あっての酒蔵ですから。

最近で印象強かったことは?

「杜氏がね、目が合ったとたん、『今年のできがいいんだよ。この5~6年のなかで一番の出来だよ!』と、嬉しそうにおっしゃったんですよ。こちらから伺う前に。私も嬉しくなって、杜氏のその気持ちを伝えたい!と思いますよね!」

思います、思います。

そして、これからは、読者の方とのコミュニケーションを形にしてみたいと話します。それは、

「FB上で意見を集めて、そこから新しいお酒を作り出してみたいと思ってるんです。ネットショップでは、お客さんのアンケートから、何種類かのパッケージを作ったりしています。近所の酒屋のご用聞き、という感覚でずっとやってきているんです。FBでも気持ちは同じなので、それをさらに一歩進めて、お酒を本体を、と。作り手は消費者の方と接する機会が少ないですし、消費者の方の意見を作り手に届ける機会も少ないですから、そこをつないでいけたら、と。まだまだ遠い夢ですけど。」

FBから生まれたお酒、飲んでみたいですね。ネーミングも勝手にいろいろ考えちゃいます。

そんなアットホームさが、FBに訪れた人を引き込んで、ぽちっと「いいね!」したくなるのかもしれませんね。

シャイな社員にはフキだしでフォロー(左)。 搾りの初日には多くのメディアも取材に訪れた。嬉しそうな藤尾杜氏。

最後になりましたが、「昨年の震災以降、みなさんの励ましやご支援に勇気づけられ、とても感謝しています」、とのことでした。内陸側のあさ開さん自体も多くの支援をされていることを付記させていただきます。

アンケート結果はこちら
facebookの「いいね!」ランキングはこちら
 


【聖地巡盃】第5弾〜最終・盛岡へ

八幡さまが見守り、酒蔵が寄り添う、盛岡の町

 

「聖地巡盃」モニターツアーも、ついに最後の場所となりました。
5カ所、けっこうあると思ったのですが、やはり、過ぎてみると早いですね。

実は、私、盛岡は年に4回は通っています。残念ながら、通過してばかリで、ゆっくり町を歩くこともありませんでした。途中下車しても、駅から町の中心は、ちょっとあります。趣のある町並みだとは聞いていたので、今回、ちらっとその片鱗に触れられて、楽しい時間でした。

「盛岡八幡宮」は、平成9年に建て替えられたばかりとのことで、社殿は新しくてとても立派。内部も豪華絢爛な感じで、これから数百年、時代を経て趣が加わって行くのだろうなぁ、と。いつもは神社の歴史、建物の歴史…と、過去に思いを馳せるところが、ここでは未来に……数百年の未来に思いを馳せてしまいました。その頃、世界は、どうなっているのでしょうね、と思わずにいられない今日この頃。

それはともかく、この立地がすてきです。町を見守るように高台に建ち、朱塗りの鳥居からはまっすぐに参道が伸びています。

 

あさ開さんにて

今回、訪れる「あさ開」さんは、1つの酒蔵の建物の中に、最新鋭の機械を設置したスペースと昔ながらの手造りのスペースが配置されていて、コンパクトに見学しやすくなっていました。特に手造りはここで洗米、ここで浸漬、ここで蒸して、タンクへ、と、小仕込みの動線の良さ。
また、敷地内に、取水所、お宮まであり、まさに酒蔵の要素を一目で見られるお蔵さんでした。
ショップがまた充実しています。在庫があれば、「ハナサケ!」缶なんかは必須ですが、それ以外にも、ここでしか買えないお酒、多すぎ!!(笑)

 

細川第2営業部々長が、ご説明してくださいました。

ところで、盛岡八幡宮とお邪魔する酒蔵、「あさ開」さんは、ほんとうに歩いて数分の距離にあります。

酒蔵ですから、神棚は松尾神社(しかも地元の)、ということになりますが、八幡さまの例大祭には参加しますし、八幡宮の周辺にある3蔵と商店街とで協力して、飲み歩き企画をするなど、何かと関わりは深いところです。

 

一つだけ残念だったのが、宿。いえいえ、宿が悪かったのでは全くなく、私たちの運が悪かった、はたまた弾丸ツアーの悲しさです。
「つなぎ温泉 ホテル紫苑」は、秋になると紫苑の花が咲くお宿。それでなくても、傍らに湖があって、とっても眺めがいい……らしいです。お部屋も居心地良くて。

これ見よがしな、暗い窓、です。

泊まったんです、私たち。ところが、着いたのが真っ暗になってから、というのは仕方ないのですが、さらに、吹雪で外へは出られず、窓の景色も楽しめず。

翌朝も、わたわたと出発したのでした。
行かれる方は、ぜひ、ご感想をお聞かせください。