船上パーティで日本酒を!和醸和楽の試み。

プレゼントの当選者とデッキにて「和醸和楽」の水野会長(左)

リッチー・ホウティンさん、山同敦子さんと、素晴らしい日本酒応援者の方々をご紹介しましたが、もちろん、蔵元さんや酒販店さんたちだって自分たちの造る、勧める日本酒をたくさんの人たちに飲んでみてほしい!と活動されています。

そんな中で、積極的にイベントなどを行なっているグループが「和醸和楽」さん。蔵元さんと酒販店さん51人(2013年12月現在)が協力して活動されています。

 

2012年からスタートした日本酒クルーズと日本酒セミナー

「和醸和楽」は、日本酒需要の落ち込みが激しくなっていた2005年、蔵元や酒販店の若手有志が「何か始めなければ」と集まったのが発端でした。翌2006年10月1日、日本酒の日に結成。そして、2007年7月に記者会見を開いて正式にスタートしました。

最大の目的は「0杯を1杯に」、ということ。

「1〜2杯飲む人に3〜4杯飲んでもらおう」ということよりも、興味のない人、苦手だと思い込んでいる人に、日本酒のおいしさを知ってほしい。0杯……つまり飲まない人に1杯でも飲んでみてもらおう、というものです。

「0-1(ゼロイチ)運動」と表現することもあり、最近は日本酒が苦手な人にアドバイスしたり、飲み方の提案をしたりする場も多くなりましたが、「和醸和楽」さんがスタートしたのは、もう6年も前でした。

最初のアピールは、女性向けの日本酒セミナーや、銀座ウォーク。後者では、和醸和楽のメンバーと彼らを応援する飲食店の方達や愛飲家の方達約100人で、「10月1日、日本酒の日」を知ってもらおうと、銀座を歩きました。

昨年からはプログラムを一新。「辻調理師学園」で未来の料理人に向けて日本酒セミナー、ギャル系の若い女性に向けての日本酒セミナー、そして、年に1回、日本酒に馴染みのない女性を対象とした日本酒クルーズが、定期的なイベントになっています。

クリスマス・クルーズ、ニューイヤー・クルーズなど、気軽に楽しめる湾内クルーズもいろいろ組まれる季節ですが、そこにおいしい日本酒はあるでしょうか?

季節は冬になってしまいましたが、今年の秋に行なわれた日本酒クルーズの様子をお伝えします。これは日本酒初心者じゃなくても、参加したいクルーズですよね。

◇◆◇◆◇


県のカラーを楽しもう。9月は蔵入り前の賑わい!


ーー「あおもりの酒 楽しまnight」の情報と昨年の様子を追加しました。(9月17日)

9月はイベントめじろ押し。いよいよ蔵入りの季節が目の前に迫って来たことを実感させますね。

9月 8日(月)「静岡地酒まつり in Tokyo」
9月15日(日)「武蔵の國の酒祭り」府中市・大国魂神社
9月19日(木)「青森の酒 楽しまNight in 池袋」
9月21日(日)・22日(月/祝)「福井のおいしいお酒とおそばを楽しむ会」
9月26日(木)「秋田の酒とうまいものを楽しむ会」
9月26日(木)「宮城の酒コン ~出会いは宮城の純米酒で~」

—————「静岡地酒まつり in Tokyo」

気軽に参加できて楽しみがいっぱいの静岡は、それでなくてもチケットが取れないのに、明日にと迫り、完売しています。

*****9月 8日(日)「静岡地酒まつり in Tokyo」*****
[日時]:2013年9月8日(日) 14:00~16:30(13:30受付開始)
[会場]:如水会館 スターホール・オリオンルーム
[入場料]:3,500円(税込)
[定員]:700名(立食形式)
[チケット]:一般発売は終了しています。(当日券はございません)
[問合先]:静岡県酒造組合 http://www.shizuoka-sake.jp/

<2013 参加蔵元一覧>>

01)『萩錦』萩錦酒造(静岡市駿河区)   02)『君盃』君盃酒造(静岡市駿河区)
03)『喜平』静岡平喜酒造(静岡市駿河区) 04)『臥竜梅』三和酒造(静岡市清水区)
05)『正雪』神沢川酒造場(由比町)    06)『英君』英君酒造(由比町)
07)『初亀』初亀醸造(藤枝市)      08)『杉錦』杉井酒造(藤枝市)
09)『磯自慢』磯自慢酒造(焼津市)    10)『志太泉』志太泉酒造(藤枝市)
11)『鬼ころし』大村屋酒造場(島田市)  12)『開運』土井酒造場(掛川市)
13)『千寿』千寿酒造(磐田市)      14)『出世城』浜松酒造(浜松市中区)
15)『花の舞』花の舞酒造(浜松市浜北区) 16)『富士錦』富士錦酒造(富士宮市)
17)『白隠正宗』高嶋酒造(沼津市)    18)『金明』根上酒造店(御殿場市)

昨年の様子をごらんください。

—————「武蔵の國の酒祭り」

主催者発表の内容は……。
【内容】全国各地の酒を集めてのきき酒会です。会場となる大国魂神社内には醸造の神様が祭られている『松尾神社』が鎮斎されています。歴史あるこの地において地域と日本酒文化を盛り上げるためにこのきき酒会を開催いたします。

*****9月15日「武蔵の國の酒祭り」*****
[日 時]:2013年9月15日(日) 11:00~17:00(最終入場は16:30)
[場 所]:府中市「大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)」参道わき広場
[入場料]:前売り券1,000円
[定 員]:先着1,000名
[チケット]前売り券はイープラスから
[問合先]:東京都酒造組合 http://www.tokyosake.or.jp/

—————「青森の酒 楽しまNight in 池袋」

昨年に続き、ホテルメトロポリタン池袋での開催。

*****9月19日「青森の酒 楽しまNight in 池袋」*****
[日 時]:平成25年9月19日(木)14;00〜21:00
[場 所]:ホテルメトロポリタン池袋
■第1部「青森の地酒蔵元18社のきき酒商談会」(
一部商談不可の蔵も)
[時 間]:14:00~16:00
[対 象]:小売店様・卸売酒販店様・飲食業店様・マスコミ関係者様
[入場料]:無料(予約不要:お名刺をご持参ください。)
◆青森の地酒セミナー。14:30~15:30(先着50名様入場無料)
「青森の酒を語る」講師:青森県酒造組合(テーマ=青森の酒づくり)
■第2部「青森の酒 楽しま Night in 池袋」
〜(2013年十五夜・中秋の名月の一夜を青森の地酒とともに
)
[時 間]:19:00~21:00 (受付18:30~)
[会 費]:7,000円(テーブル席)
[定 員]:300名(定員になり次第チケット販売は終了)
[チケット]下記ホームページを参照
[問合先]:青森県酒造組合 http://www.aomori-sake.or.jp/

<2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『八鶴』八戸酒類(八鶴工場・八戸市)02)『如空』八戸酒類(五戸工場・五戸町)
03)『陸奥八仙』八戸酒造(八戸市)   04)『菊駒』菊駒酒造(五戸町)
05)『八甲田おろし』鳩正宗(十和田市) 06)『桃川』桃川(おいらせ町)
07)『関乃井』関乃井酒造(むつ市)   08)『駒泉』盛田庄兵衛(七戸町)
09)『田酒』西田酒造(青森市)     10)『安東水軍』尾崎酒造(鯵ヶ沢町)
11)『岩木正宗』竹浪酒造店(板柳町)  12)『菊乃井』鳴海酒造(黒石市)
13)『じょっぱり』六花酒造(弘前市)14)『津軽じょんから』カネタ玉田酒造店(弘前市)
15)『松緑』斉藤酒造(弘前市)     16)『白神』白神酒造(弘前市)
17)『豊盃』三浦酒造(弘前市)   18)『白神ロマンの宴』丸竹酒造店(弘前市)

昨年の様子です。

—————「福井のおいしいお酒とおそばを楽しむ会」

おいしいおそばに加えて、落語鑑賞やきき酒大会もあります。前回の様子はこちら

*****9月21日「福井のおいしいお酒とおそばを楽しむ会」*****
[日 時]:2013年9月21日(土)1部13:00—15:00、2部16:00—18:00、9月22日(金)1部11:00—13:00、2部14:00—16:00
[会 場]:ふくい南青山291 2F多目的ホール
[入場料]:2,000円
[定 員]:100名
[チケット]:ふくい南青山291 2Fにて発売
[問合先]:ふくい南青山291 http://fukui.291ma.jp/

—————「秋田の酒とうまいものを楽しむ会」

秋田県の主催で、民俗芸能や郷土料理、日本酒、など、総合的に楽しむ会。

*****9月26日「秋田の酒とうまいものを楽しむ会」*****
[日 時]:2013年9月26日(木)18:30~(18:00受付〜)
[会 場]:東京會舘9Fローズルーム
[入場料]:6,000円
[定 員]:400名(立食)
[チケット]:イープラス、FAX、東京・有楽町「秋田ふるさと館」、東京・品川「あきた美彩館」
[問合先]:秋田県酒造協同組合 http://www.osake.or.jp/

—————「宮城の酒コン ~出会いは宮城の純米酒で~」

久しぶりに県主催のお酒の会を開くと思ったら「酒コン」!さすがです。

***** 9月26日『宮城の酒コン ~出会いは宮城の純米酒で~』*****
[日 時]:平成25 年9 月26 日(木)午後7 時~9 時
[場 所]:八芳園 (立食パーティー)
[入場料]:5, 000 円
[定 員]:男性=150名(未婚の20~50才)、女性=150名(未婚の20 才以上)
[チケット]:発売期間 8 月12 日(月)午前10 時〜9 月23 日(月)
※定員に達した場合は締切日前に受付を終了する場合がございます。
[チケット購入方法]:ファミリーマートのFami ポートイープラス
全国のファミリーマート、セブンイレブンで受け取り
[問合先]:宮城県酒造組合 http://www.miyagisake.jp/


【聖地巡盃】第4弾〜弘前へ

岩木山とりんごを愛する人たちがあったかい

毎日、暑いですね。
なんとなく、今回は涼しくなっていただける写真になってしまいました。
なにしろ、雪……、ですから。

 

聖地巡盃のモニターツアーも、残すところ後2回。弘前のツアーが始まりました。

思えば、ツアーに先立つこと約3カ月前に行なわれた取材ツアーは、春まだ浅く、粉雪舞う3月の弘前からスタートしたのでした。
取材先で出会う弘前の人たちが、口々に自慢していた美しい岩木山とおいしいりんご。りんご好きなので、宿の部屋に置かれたサービスのりんごが嬉しかった。

 

まずは、なんと言っても、岩木山神社のあの静謐な空気、気配。杉木立に包まれた境内は、背丈ほども積もった雪の中に歩く道の分だけが踏み固められ、キーンと冷えて清涼感と共に緊張感も感じられました。背後にそびえる岩木山のどっしりとした温かさにも似た禰宜さんのお話が楽しかったですね。

「雪玉を投げてストレス発散してもらおうと思って的を用意してあるんですよ」と話す雪玉の的も、ご本人の背後にある竜の絵も、実は、禰宜さん自ら書かれたもの。絵心がある人は羨ましいです、ほんと。

どちらも禰宜さんの筆による。
ユニークな狛犬。あ、あんなところにも……。

 

つまりこんなイメージ。 

ところで、この取材で、弘前とその周辺の方々の、岩木山への思いをたっぷり受け取ってしまったがために、伝々、ちょっと出過ぎたマネをいたしました。

というのは、某青森料理の居酒屋さんが大盛りのごはんを岩木山盛りと命名して出すというツイートをみつけ、つい「てっぺんには3つの小山がほしい」と返信してしまったのです。そしたら、なんと、「そうですよね!」という返事。で、ほんとうにそうなってしまったのでした。……、よけいな仕事を増やしてしまって、すいませんでした。

 

義父の思いをしっかりと継ぐ女将さん

この岩木山と岩木山神社、そこから弘前城へと結ぶライン上(どっかの「ローズライン」みたいですが)にあるのが、南田温泉ホテル アップルランドさん。こ……、この名前って……、と一瞬、思いますよね。これだけの旅館なんだから、ちょっと軽すぎませんか? もうちょっと漢字、入れませんか?と。

でも、女将さんから思いのこもったお話を、その名前の背景を聞いて、これは変えてはいけない!と、思いました。

もともとりんご農家だった先代が、りんご畑をやめて、地元のりんご農家などが疲れた体を休めてほしいと日帰りの温泉を始めたのだそうです。子どもたちにも楽しんでほしいとプールなんかも作ったりして賑わった、それが「アップルランド」。健康ランドの走りのようなものでしょうか。

そのうち、自宅にお風呂が作られるようになり、旅行者も増えて来たので、旅館に形態を変えました。でもかつての気持ちを忘れないように、名前を残し、日帰りの温泉も、旅館のエリアとは別に残したのだそう。もちろん、宿泊のお客様はどちらも利用できます。

確かに、十和田の友人は自宅にお風呂があってもほとんど使わず温泉に行く、またはお風呂もなかった、という家も多い、といっていました。これって、けっこう青森全域のことだったらしいです。

 

そしてそして、「じょっぱり」さん、いやいや、六花酒造さんです。

河合貴弘杜氏

広〜い敷地に、コの字を描いて建物が建ち、仕事の動線も良さそうです。

代表銘柄の「じょっぱり」は、きりっと辛口。8割以上が地元消費で、地元の人にとっては「六花酒造」さん=「じょっぱり」=辛口、と完全にイメージが固定化しているとか。ちょっと違うもの、ちょっと柔らかめ、のお酒を出そうものなら、「そんな酒はいらん」と言う人までいると、地元の人たちも笑って話すほど、愛されていると聞きます。

というわけで、元々数種類あったものが、さらにマルチブランド化していった、ということなんでしょうね。故郷に愛されてこその「地酒」ですから、地酒冥利に尽きるエピソードです。

「じょっぱり」の河合貴弘杜氏は、年代の近い「田酒」の細川良浩杜氏、「鳩正宗」の佐藤企杜氏、「六根」の安達香杜氏らと「Future 4 Aomori Sake Quartet」を結成し、酒米、精米歩合、酵母など8項目を同じ条件にして作るという試みをしているそうです。4本セットで飲み比べてみたいですね。