船上パーティで日本酒を!和醸和楽の試み。

プレゼントの当選者とデッキにて「和醸和楽」の水野会長(左)

リッチー・ホウティンさん、山同敦子さんと、素晴らしい日本酒応援者の方々をご紹介しましたが、もちろん、蔵元さんや酒販店さんたちだって自分たちの造る、勧める日本酒をたくさんの人たちに飲んでみてほしい!と活動されています。

そんな中で、積極的にイベントなどを行なっているグループが「和醸和楽」さん。蔵元さんと酒販店さん51人(2013年12月現在)が協力して活動されています。

 

2012年からスタートした日本酒クルーズと日本酒セミナー

「和醸和楽」は、日本酒需要の落ち込みが激しくなっていた2005年、蔵元や酒販店の若手有志が「何か始めなければ」と集まったのが発端でした。翌2006年10月1日、日本酒の日に結成。そして、2007年7月に記者会見を開いて正式にスタートしました。

最大の目的は「0杯を1杯に」、ということ。

「1〜2杯飲む人に3〜4杯飲んでもらおう」ということよりも、興味のない人、苦手だと思い込んでいる人に、日本酒のおいしさを知ってほしい。0杯……つまり飲まない人に1杯でも飲んでみてもらおう、というものです。

「0-1(ゼロイチ)運動」と表現することもあり、最近は日本酒が苦手な人にアドバイスしたり、飲み方の提案をしたりする場も多くなりましたが、「和醸和楽」さんがスタートしたのは、もう6年も前でした。

最初のアピールは、女性向けの日本酒セミナーや、銀座ウォーク。後者では、和醸和楽のメンバーと彼らを応援する飲食店の方達や愛飲家の方達約100人で、「10月1日、日本酒の日」を知ってもらおうと、銀座を歩きました。

昨年からはプログラムを一新。「辻調理師学園」で未来の料理人に向けて日本酒セミナー、ギャル系の若い女性に向けての日本酒セミナー、そして、年に1回、日本酒に馴染みのない女性を対象とした日本酒クルーズが、定期的なイベントになっています。

クリスマス・クルーズ、ニューイヤー・クルーズなど、気軽に楽しめる湾内クルーズもいろいろ組まれる季節ですが、そこにおいしい日本酒はあるでしょうか?

季節は冬になってしまいましたが、今年の秋に行なわれた日本酒クルーズの様子をお伝えします。これは日本酒初心者じゃなくても、参加したいクルーズですよね。

◇◆◇◆◇


丸の内で楽しんだ、浴衣で夏酒

 新丸ビルを浴衣でジャック!?

昨年末に行なわれた、「日本酒と着物100人女子会」が大盛況で幕を閉じ、期待しましたよね、次は?って。

ちゃんと期待に応えてくださいました、
あおい有紀さん×福山亜弥さん×save sake projectさん。

そして8月11日、行なわれたんです、
「夏酒meetsゆかた女子~負けるな紫外線!逃すなビタミンC!夏野菜料理と爽やかな夏酒で涼を呼び込む!!」

……、このタイトル……、
イベント・タイトルの長さに命をかけている?若手蔵元の会も負けそうな勢いですが、浴衣で楽しむ夏の会は、やっぱりテーマは紫外線!! だいじですね。

「陸奥八仙」vs「紀土」©save sake project

今回のゲスト=お酒の提供は北から「陸奥八仙」の八戸酒造さん・駒井専務、西から「紀土」の平和酒造さん・山本専務という顔ぶれです。

男性も浴衣姿というだけで、リラックスして見えるから不思議です。山本専務も、次回はぜひ、浴衣で……ね。©save sake project

多勢な女子に囲まれて、かな〜り緊張気味だったという山本専務(左)ですが、さすがにお酒の説明は慣れたものです。駒井専務は、リラックスムードの中にも、お酒の説明になると力がこもります。

今回のラインナップ
■紀土 【和歌山県 平和酒造株式会社】————–
「紀土 特別純米酒 夏ノ疾風」日本のうっとうしい夏を吹き飛ばす爽快感
「紀土 純米吟醸酒 Shibata’s」蔵に寝かせてあるお酒。中取り原酒を1年半寝かせた
「鶴梅」(「天下御免」(優勝)をとった柚子リキュール)
「紀土 純米酒」和歌山の風土を表現し、米の甘みも感じさせる
■陸奥八仙 【青森県 八戸酒造株式会社】———–
「陸奥八仙 夏吟醸生酒」夏酒 13度程度の軽快なお酒
「陸奥八仙 純米大吟醸 華想い40」蔵に寝かせてある酒
「陸奥八仙 赤ラベル特別純米無濾過生原酒」看板商品のお酒をフルーツと共にカクテルに。
「陸奥八仙 いさり火純米火入れ」純米酒 辛口タイプで魚介類に合う飲み飽きしないタイプ

乾杯!©save sake project
今回も息のあった楽しい司会のあおい有紀さん(右)と福山亜弥さん

それぞれでもお酒の会を企画、運営しているお二人が組む,最強のこのシリーズ。参加者に負けず、楽しそうなやり取りが、いっそうお酒やお料理を引き立ててくれます。

酒縁友達の多いあおいさん。今回もお友達が参加。
お、これは、ぴょんぴょんマークのお猪口!©save sake project
右奥はドレープのような生地がユニークな着物姿の井上さんとこの後も所用ありというWヘッダーの花登さん。今回はちらほら男性陣の顔も。
実は「陸奥八仙」も「紀土」も初めて、というお二人。facebookでイベントを見かけ、新たなお酒との出合いを楽しみにして訪れたと、嬉しいお言葉!
シュハリの野菜セットなど、今回も豪華なプレゼントがもりだくさん。
もちろん!musmus自慢の蒸し野菜も。©save sake project

不肖、伝々、所用有りで途中退場いたしました。 見とかなきゃいけなかった、夏のケア。いや、飲みたかった!食べたかった!………

また、やってくださいね、あおいさん、亜弥さん、save sake projectさん!