名古屋、そして秋の東京へと続く「純米酒フェスティバル2013」

現在では、徐々にメインストリームへと近づきつつある純米酒、純米吟醸酒。4月のことですが、総数1,260人の日本酒ファンが楽しんだという「純米酒フェスティバル2013 春」が行なわれました。東京では1日2部制で年に2回開かれるにもかかわらず、即日完売の勢いでチケットがsold outしてしまう人気のイベントです。

先日、「純米酒フェスティバル 2013 秋」10月6日(日)も発表されました(発売は8月18日)。その前には、「純米酒フェスティバル2013 名古屋」が7月12日(金)に開催されます。まだまだ楽しめるチャンスは続きます。

人気の秘密は?

米、米麹、水だけを使って造られる、本来の日本酒である純米酒を広めようと、漫画家の高瀬斉さんたちが中心となって純米酒普及推進委員会を結成し、第1回の「純米酒フェスティバル」を開催したのが2000年のことでした。。

純米酒造りに熱心な酒蔵が参加し、提供されるのは、もちろん各蔵自慢の純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒ばかりです。

そして、隠れたテーマが「大人の遊園地」。お客さんも酒蔵さんもみんなワクワクしながら訪れます。今回のBGMは、80〜90年代のウェストコーストサウンド。あの頃、いつもラジオでかかっていた曲が次々と流れ、ついつい仕事の手が止まって、困った、困ったの伝々でした。

詳細なデータの載った冊子にはきき酒用語も載っていますので、日本酒はこれから、という人もきき酒を楽しんでみることができます。

開始の宣言で、それぞれのブースには次々と人のカタマリができ、そこここに楽しそうな笑顔と、嬉しそうな声が広がっていきます。600人が着席する広さの会場と思えない賑やかさと和やかな空気に包まれていました。

ところで、初参加の私に、始まる前にある人がこっそり耳打ちしました。「スタートと同時に『龍力』に行列ができるから、撮っておくと良いよ」と。
助言通り、一番前にブースがある本田商店さんからステージ下にはどこまでも続く行列が。1升瓶で31,500円(税込)という本田商店の最高級酒『龍力 純米大吟醸 米のささやき 秋津』を目当てに、真っ先に並ぶようです。

そして、それぞれのブースへと散っていきます……。

<<2013 春 参加蔵元一覧>>

01) 北海道 『男山』(男山)     02) 岩手県 『南部美人』(南部美人)
03) 秋田県 『角右衛門』(木村酒造) 04) 秋田県 『天の戸』(浅舞酒造)
05) 秋田県 『雪の茅舎』(齋彌酒造店)06) 秋田県 『まんさくの花』(日の丸醸造)
07) 山形県 『秀鳳』(秀鳳酒造場)  08) 山形県 『洌』(小嶋総本店)
09) 山形県 『山吹極』(朝日川酒造) 10) 宮城県 『浦霞』(佐浦)
11) 福島県 『天明』(曙酒造)    12) 福島県 『星自慢』(喜多の華酒造場)
13) 福島県 『人気一』(人気酒造)  14) 群馬県 『水芭蕉』(永井酒造)
15) 茨城県 『郷乃譽』(須藤本家)  16) 長野県 『水尾』(田中酒造店)
17) 長野県 『川中島』『玄舞』(酒千蔵野) 18) 新潟県 『鶴齢』(青木酒造)
19) 新潟県 『北雪』(北雪酒造)   20) 富山県 『立山』(立山酒造)
21) 石川県 『加賀鳶』(福光屋)   22) 福井県 『梵』(加藤吉平商店)
23) 静岡県 『臥龍梅』(三和酒造)  24) 岐阜県 『津島屋』(御代桜醸造)
25) 愛知県 『奥』(山崎)      26) 三重県 『作』(清水清三郎商店)
27) 三重県 『青雲』(後藤酒造場)  28) 三重県 『参宮』(澤佐酒造)
29) 奈良県 『山鶴』(中本酒造店)  30) 奈良県 『睡龍』(久保本家酒造)
31) 和歌山県 『黒牛』(名手酒造店)32) 和歌山県 『紀伊国屋文左衛門』(中野BC)
33) 兵庫県 『福寿』(神戸酒心館/初出展) 34) 兵庫県 『白鷺の城』(田中酒造場)
35) 兵庫県 『龍力』(本田商店)   36) 鳥取県 『千代むすび』(千代むすび酒造)
37) 島根県 『七冠馬』(簸上清酒)  38) 山口県 『日下無双』(村重酒造)
39) 山口県 『獺祭』(旭酒造)    40) 福岡県 『国菊』(篠崎)

今後の予定——————

*****『純米酒フェスティバル2013 名古屋』*****

[日 時]:2013年7月12日(金) 18時30分~20時30分
[場 所]:名古屋東急ホテル・3階「ヴェルサイユ」
[入場料]:6,500円(消費税込) ※720ml詰め純米酒1本のお土産付き
[定 員]:300名 円卓着席式(全席座席指定制)、松華堂弁当

<<2013 名古屋 参加予定蔵元一覧>>

01)北海道『男山』(男山)     02)岩手県『南部美人』(南部美人)
03)山形県『山吹極』(朝日川酒造) 04)宮城県『浦霞』(佐浦)
05)福島県『人気一』(人気酒造)  06)福島県『天明』(曙酒造)
07)茨城県『郷乃譽』(須藤本家)  08)長野県『豊香』(豊島屋)
09)福井県『梵』(加藤吉平商店)  10)岐阜県『津島屋』(御代桜醸造)
11)愛知県『奥』(山﨑)      12)愛知県『神杉』(神杉酒造)
13)三重県『青雲』(後藤酒造場)  14)和歌山県『黒牛』(名手酒造店)
15)兵庫県『白鷺の城』(田中酒造場)16)鳥取県『千代むすび』(千代むすび酒造)
17)島根県『七冠馬』(簸上清酒)  18)山口県(『日下無双』村重酒造)
19)山口県『獺祭』(旭酒造)    20)福岡県『国菊』(篠崎)

*****『純米酒フェスティバル2013 秋』*****

[日 時]:2013年10月6日(日)
:12時~14時30分(受付11時30分〜/入場11時45分〜)
:16時~18時30分(受付15時30分〜/入場15時45分〜)
[会 場]:「ベルサール渋谷ファースト」イべントホール
[参加費]:6,500円(消費税込) 720ml詰め純米酒1本のお土産付き
[定 員]:1,200名 (「昼の部」600名、「午後の部」600名)
円卓着席式(全席座席指定制)、松華堂弁当

<<2013秋 参加予定蔵元>>

*詳細未定。「純米酒フェスティバル 2013 春」の参加蔵を参照のこと。

問合先はいずれも、
フルネット(事務局)
TEL.03(3543)0141/FAX.03(3543)0231 〈E-Mail〉junfes★fullnet.co.jp
(★を@に替えて)


県のカラーを楽しもう。5月は群馬と長野。

群馬県と長野県、隣り合って、環境も似ているような……。
そんな2県のお酒を、今月は楽しめます。

山並みの元で醸される群馬と長野の酒

群馬名物の食べ物も楽しみ!

——5月14日(火)
『第3回ググっとぐんまの地酒祭りin椿山荘』(群馬県酒造共同組合主催)——

明日に迫った群馬県の酒蔵が一堂に介する「ググッとぐんまの地酒祭り」。チケットは締め切られましたが(4月26日、イープラスは5月9日)、行かれる方は、思いを馳せていらっしゃることと思います。

赤城山、榛名山、妙義山からなる上毛三山から、澄んだ伏流水が流れる群馬県。豊かな自然が生み出す清冽な環境と、酒造りに適した冬の寒さにも恵まれ、伝統を守りつつ、個性的な酒が生まれます。

県産酒造好適米の「若水」は、関東地方で初の酒米として平成3年(1991)に生み出されました(愛知県農業試験場にて開発)。心白の割合が多い大粒の品種です。

失礼を承知で例えると、群馬の酒蔵、と言われて、ぱんぱんぱん、と名前が出てくるというより、「あれも群馬」「これも群馬」と言われて、「そーだったんだ」というケースが多いのでは。実は人気蔵、注目蔵、たくさんあります。

群馬県酒造協同組合主催の会は、お酒はもちろんですが、食材を使った料理、物産品が味わえるのも楽しみなところですね。

*****『第3回ググっとぐんまの地酒祭りin椿山荘』*****

日 時:2013年5月14日(火) 18時30分~20時30分
場 所:ホテル椿山荘東京 5階「オリオン」
入場料:6,000円(イープラス5,500円)
■当日、アンケート回答者の中から抽選で大吟醸(720ml)が当たる(後日抽選後、発送)。
また、来場者全員に群馬の地酒(720ml)をプレゼント
問合先:群馬県酒造協同組合
 http://www.gunma-sake.or.jp/

<2013 参加蔵元一覧>

01)『町田酒造』『清嘹』町田酒造店    02)『結人』『桂川』 栁澤酒造
03)『聖』『関東の華』聖酒造       04)『大盃』牧野酒造
05)『船尾瀧』『霧の榛名』柴崎酒造    06)『巖』高井
07)『平井城』『手造りとうせん』松屋酒造 08)『鳳凰聖徳』『城下町小幡』聖徳銘醸
09)『秘幻』『浅間山』浅間酒造      10)『貴娘』貴娘酒造
11)『譽國光』『土田』土田酒造      12)『左大臣』『花一匁』大利根酒造
13)『水芭蕉』『谷川岳』永井酒造     14)『利根錦』『尾瀬のあわ雪』永井本家
15)『赤城山』近藤酒造          16)『分福』『男一心』分福酒造
17)『尾瀬の雪どけ』龍神酒造       18)『光東』『利根川育ち』山川酒造
19)『群馬泉』『淡緑』島岡酒造      20)『上州風まかせ』今井酒造店

 ——それでは、昨年の様子を。——

 

東京では合えないお酒に合うチャンス!

——5月15日(水)
       『第19回長野の酒メッセin東京』(長野県酒造組合主催)——

昨年の様子は、リポート(こちら)を見ていただくとして。

新潟県、兵庫県に次ぐ蔵の数の多さを誇る長野県だけに、会場は、そこここでファンと蔵元さんたちとが親しく話している姿も見かけられ、賑わっていました。

こちらは、5月15日(水)15時まで、イープラスでも買えますし(2,000円)、長野県酒造組合のHPから、告知画像をプリントアウトして持って行けば、前売りと同じ2,000円。着物ならさらに500円引き、と嬉しい企画になっています。

*****『長野の酒メッセin東京』*****

日 時:2013年5月15日(水)
1部:13時~16時 業界関係者(卸売業・小売業・飲食店他)のみ
2部:16時~20時 業界関係者(卸売業・小売業・飲食店他)と一般来場者
場 所:グランドプリンスホテル高輪地下1Fプリンスルーム
東京都港区高輪3−13−1 http://princehotels.co.jp/takanawa
入場料:前売券=2,000円(税込/イープラスで5月15日15時まで販売)
当日券=一般来場者:2,500円(税込)
業界関係者(卸売業・小売業・飲食店など):1,000円(要名刺2枚)
■当日、割引・返金あり!
DM(HPの告知画像をプリント可)持参→500円割引(前売り券持参は不可)
和服着用→500円割引、または前売り券持参の場合は返金。
DM(HPの告知画像をプリント可)持参+和服着用→1,000円返金
(料金はいずれも税込)
■来場者全員にオロジナル猪口(1個)プレゼント
一般来場者先着1,000名に「信州産びん詰なめ茸」プレゼント(16時~)
アンケートの回答者から抽選で15名に「北信州みゆき産幻の米10㎏」プレゼント
問合先:長野県酒造組合/長野県酒造協同組合
http://www.nagano-sake.or.jp/topics/
電話:026-227-3133 FAX:026-228-1855

<2013 参加蔵元一覧 >

長野・中野地区
01)  『若緑』今井酒造店     02)  『松尾』高橋助作酒造店
03)  『川中島』酒千蔵野     04)  『オバステ正宗』長野銘醸
05)  『信濃光』西飯田酒造店   06)  『北信流』松葉屋本店
07)  『米川』『豊賀』高沢酒造  08)  『渓流』遠藤酒造場
09)  『勢正宗』丸世酒造店    10)  『岩清水』井賀屋酒造店
11)  『水尾』田中屋酒造店    12)  『北光正宗』田中屋酒造店
13)  『志賀泉』志賀泉酒造    14)  『天領誉』天領誉酒造

佐久・上田地区
15)  『千曲錦』千曲錦酒造    16)  『寒竹』戸塚酒造店
17)  『深山桜』古屋酒造店    18)  『御園竹』武重本家酒造
19)  『明鏡止水』大澤酒造    20)  『亀の海』土屋酒造店
21)  『金宝芙蓉』芙蓉酒造    22)  『澤乃花』伴野酒造
23)  『本菊泉』橘倉酒造     24)  『佐久の花』佐久の花酒造
25)  『井筒長』黒澤酒造     26)  『亀齢』岡崎酒造
27)  『福無量』沓掛酒造     28)  『和田龍』和田龍酒造
29)  『真田六文銭』山三酒造   30)  『秀峰喜久盛』『梁山泊』信州銘醸

木曽・松本・北安曇地区
31)  『木曽路』湯川酒造店    32)  『七笑』七笑酒造
33)  『中乗さん』中善酒造店   34)  『大信州』大信州酒造
35)  『亀の世』亀田屋酒造店   36)  『山清』山清酒造
37)  『笑亀』笑亀酒造      38)  『美寿々』美寿々酒造
39)  『酔園』EH酒造      40)  『白馬錦』薄井商店
41)  『北安大国』北安醸造    42)  『大雪渓』大雪渓酒造

諏訪・伊那・飯田地区
43)  『麗人』麗人酒造      44)  『本金』酒ぬのや本金酒造
45)  『横笛』伊東酒造      46)  『真澄』宮坂醸造
47)  『神渡』豊島屋       48)  『高天』高天酒造
49)  『御湖鶴』菱友醸造     50)  『舞姫』舞姫酒造
51)  『夜明け前』小野酒造店   52)  『井の頭』漆戸醸造
53)  『信濃錦』宮島酒店     54)  『仙醸』仙醸
55)  『信濃鶴』酒造 長生社      56)  『今錦』米澤酒造
57)  『喜久水』喜久水酒造

去年の会からーー