今年は60蔵!で競う「美酒早慶戦」

※昨年の蔵別順位、ボトルデザイン賞に追加記載しました。(8月19日)

楽しんでいるような、限りなく真剣に競っているような、緊張感がありつつ、和気あいあいとした雰囲気がなんとも言えない「美酒早慶戦」……。

第2回目となった昨年は、見事総合で慶應が初優勝。ご当人たちの喜び方も半端ではなかったのですが、前年の落胆ぶりを見ているこちらにとっても「ほっ」と胸を撫で下ろす結果となったのでした。

「絶対負けられない戦い」が、ここにもあった!

ウワサを聞きつけては「参加したい」と申し出てくれる蔵元もお客さんも増えているそうで、かなり浸透して来ているようですが、まだまだ広がってほしいところ。

参加酒蔵はすでに60を数えているそうです。まだ、最終決定は出ていないそうなので、現時点では、昨年の参加蔵を参考にしてほしいということのようです。発表され次第、情報を追加いたしますので、その時はまたお知らせいたします。

出品酒の規定は純米大吟醸のカテゴリーのみ。各蔵が最高峰といえる酒を持ちよって競うわけです。つまり、当日は、その美酒を味わえる、ということになります。

参加者全員が審査員となり、ラベルが分からないように黒い袋で覆ったボトルから試飲。それぞれの主観で与えられた3点を配点。時間内に集計して、最後に華々しく発表されます。最強の飲み手である人たちが採点するわけですから、この名誉は、ある意味かなり大きいものでしょう。自ずと力が入ってしまうのも……。

そして、元々が、被災蔵支援の手段としてもスタートしたものだけに、それぞれの蔵から持ち寄ったノベルティグッズなどをオークションにかけたりと、ただのお祭りで終わらせるものではありません。
次のようなことを目的として開催されているそうです。

1. 早慶の蔵元が率先するグローバル化、…地域振興のための活動を支援する。
2. チャリティーを募り、その収益金をあしなが育英基金を通じて東日本大震災孤児支援に役立てていただく。
3. 参加者全員が審査員となり、「蔵元出身大学対抗」という切り口で、各蔵の個性と美味しさ、そして「勝負」を楽しむ。
4. 参加者と蔵元との交流と親睦を深める。

総合優勝の結果も楽しみですが、個人賞の結果はとても興味深い。10位くらいまで発表していただけたら、と思うのは私だけではないかと……。

そんな、短いながらも深〜い歴史を踏まえて開催される第3回。盛り上がらないはずがありません。

*****9月7日「第3回美酒早慶戦
~早慶所縁の蔵元60数蔵の純米大吟醸が集結~」*****

日 時:2013年9月7日(土) 12時30分(12時開場)~15時30分
場 所:コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
(http://www.tobuhotel.co.jp/ginza/access.html)
入場料:参加費/男性8,500円 女性7,500円
主催:美酒早慶戦大会実行委員会
◆問い合せ/杉原(メールアドレス:es13281328@yahoo.co.jp)

ーーそれでは、昨年の白熱した様子をご覧下さい。

<2012 参加及び出品蔵元一覧>>

〈早稲田蔵〉22
01)『あさ開 極上旭扇』あさ開(岩手県) 02)『澄天』男山酒造(山形県)
03)『國権』国権酒造(福島県)     04)『蒼天伝』男山本店(宮城県)
05)『麒麟山』麒麟山酒造(新潟県)   06)『米川』高沢酒造(長野県)
07)『萬歳楽』小堀酒造店(石川県)   08)『渡舟』府中誉(茨城県)
09)『菊泉』滝澤酒造(埼玉県)     10)『嘉泉』田村酒造場(東京都)
11)『曙光』熊澤酒造(神奈川県)    12)『笹一』笹一酒造(山梨県)
13)『白川郷』三輪酒造(岐阜県)    14)『東龍』東春酒造(愛知県)
15)『喜久酔』青島酒造(静岡県)    16)『若葉』若葉(岐阜県)
17)『出雲誉』竹下本店(島根県)    18)『雁木』八百新酒造(山口県)
19)『栄光 しずく媛』栄光酒造(愛媛県) 20)『獺祭』旭酒造(山口県)
21)『山丹正宗』八木酒造部(愛媛県)  22)『李白』李白酒造(島根県)

〈慶應蔵〉29
23)『国士無双』高砂酒造(北海道)  24)『雪の茅舎』『由利正宗』齋藤酒造店(秋田県)
25)『陸奥八仙』八戸酒造(青森県)   26)『大山』加藤喜八郎酒造(山形県)
27)『刈穂』『出羽鶴』秋田清酒(秋田県)28)『まんさくの花』日の丸醸造(秋田県)
29)『浦霞』佐浦(宮城県)       30)『東光』小嶋総本店(山形県)
31)『玄宰』末廣酒造(福島県)     32)『鶴齢』青木酒造(新潟県)
33)『真野鶴』尾畑酒造(新潟県)    34)『真澄』宮坂醸造(長野県)
35)『加賀鳶』福光屋(石川県)     36)『手取川正宗』吉田酒造店(石川県)
37)『梵』加藤吉平商店(福井県)    38)『副将軍』明利酒類(茨城県)
39)『いづみ橋』泉橋酒造(神奈川)   40)『箱根山』井上酒造(神奈川県)
41)『臥龍梅』三和酒造(静岡県)    42)『津島屋』御代桜醸造(岐阜県)
43)『玉乃光』玉乃光酒造(京都県)   44)『喜楽長』喜多酒造(滋賀県)
45)『櫻室町』室町酒造(岡山県)    46)『小鼓』西山酒造場(兵庫県)
47)『御前酒』辻本店(岡山県)     48)『西の関』萱島酒造(大分県)
49)『源』八鹿酒造(大分県)      50)『千代の園』千代の園酒造(熊本県)
51)『瑞鷹』瑞鷹酒造(熊本県)

*** 2013年「美酒早慶戦」結果 ***

総合優勝:慶應義塾大学

蔵別賞:優 勝『浦霞 山田錦 純米大吟醸 20BY』(佐浦/宮城県・慶應)
————準優勝『獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分』(旭酒造/山口県・早稲田)
————準優勝『陸奥八仙 純米大吟醸 華想い40』(八戸酒造/青森県・慶應)
————4 位『酒仙栄光 純米大吟醸 40』(栄光酒造/新潟県・早稲田)
————5 位『臥龍梅 純米大吟醸 山田錦』(三和酒造/静岡県・慶應)

ボトルデザイン賞
————『きりんざん ブルーボトル 純米大吟醸』(麒麟山酒造/新潟県・早稲田)
————『小鼓 純米大吟醸 路上有花』(西山酒造場/兵庫県・慶應)


県のカラーを楽しもう。7月は愛媛。


イベント直前情報。

四国は愛媛県、伊予の国のお酒がずらりとと並ぶ「愛媛のお酒を味わう会」(7月25日)です。
いつにも増して直前案内となってしまいました。

個性派が揃う愛媛の酒蔵

愛媛といえば、人気蔵、個性派蔵が揃う要注目エリア。昨年は19蔵が集まり、賑やかに行なわれました。今年の参加酒蔵は昨年と同じ19蔵。顔ぶれも同じ(銘柄違いが1社)ですので、昨年の分を参考にしてみてください。
瀬戸内の豊かな漁場からあがる、魚がおいしそうで……。また、物産販売コーナーも充実していますので、行かれる方、お買い物する準備をして行った方が良いかと思いますよ。

それでは、昨年の様子です。

<2012 参加蔵元一覧>>

01)   『石鎚』石鎚酒造      02)   『千鳥』宇都宮酒造
03)   『梅錦』梅錦山川      04)   『栄光』栄光酒造
05)   『お茂ご』お茂ご酒造    06)   『千代の亀』亀岡酒造
07)   『川亀』川亀酒造      08)   『初雪盃』協和酒造
09)   『ひめさくら』近藤酒造   10)   『京ひな』酒六酒造
11)   『桜うづまき』桜うづまき酒造 12)   『小冨士』島田酒造
13)   『寿喜心』首藤酒造     14)   『賀儀屋』成龍酒造
15)   『日本心』武田酒造     16)   『城川郷』中城本家酒造
17)   『仁喜多津』水口酒造    18)   『山丹正宗』八木酒造部
19)   『雪雀』雪雀酒造

*****2013年7月25日「愛媛の酒を楽しむ会2013」*****

[日 時]:2013年7月25日(木)13時~ 20時45分
◆第1部/商談会
 13:00~16:00(受付終了15:30)
※ご参加は流通・飲食関係の方に限らせていただきます。(参加費無料)
◆第2部/愛媛の酒を楽しむ会
18:30~(開宴19:00)
[場 所]:椿山荘・プラザ棟5階「オリオン」
[入場料]:昼の部(業界関係者のみ:無料)
夜の部:6,000円(イープラス5,500円
[会費]:1名様6,000円(消費税込)
[定員]:350名(先着順、当日券はございません)
[料理]:みかんぶり・松山長なす等を使用した和食を中心としたオードブル
※受付は7月18日に締め切られました。当日券はありません。

<2012 参加蔵元一覧>>

01)『梅錦』梅錦山川       02)『華姫桜』近藤酒造
03)『石鎚』石鎚酒造       04)『寿喜心』首藤酒造
05)『日本心』武田酒造      06)『賀儀屋』成龍酒造
07)『山丹正宗』八木酒造部    08)『雪雀』雪雀酒造
09)『桜うづまき』桜うづまき酒造  10)『仁喜多津』水口酒造
11)『栄光』栄光酒造       12)『小冨士』島田酒造
13)『初雪盃』協和酒造      14)『お茂ご』お茂ご酒造
15)『京ひな』酒六酒造      16)『千代の亀』亀岡酒造
17)『川亀』川亀酒造       18)『花神』宇都宮酒造
19)『城川郷』中城本家酒造