船上パーティで日本酒を!和醸和楽の試み。

プレゼントの当選者とデッキにて「和醸和楽」の水野会長(左)

リッチー・ホウティンさん、山同敦子さんと、素晴らしい日本酒応援者の方々をご紹介しましたが、もちろん、蔵元さんや酒販店さんたちだって自分たちの造る、勧める日本酒をたくさんの人たちに飲んでみてほしい!と活動されています。

そんな中で、積極的にイベントなどを行なっているグループが「和醸和楽」さん。蔵元さんと酒販店さん51人(2013年12月現在)が協力して活動されています。

 

2012年からスタートした日本酒クルーズと日本酒セミナー

「和醸和楽」は、日本酒需要の落ち込みが激しくなっていた2005年、蔵元や酒販店の若手有志が「何か始めなければ」と集まったのが発端でした。翌2006年10月1日、日本酒の日に結成。そして、2007年7月に記者会見を開いて正式にスタートしました。

最大の目的は「0杯を1杯に」、ということ。

「1〜2杯飲む人に3〜4杯飲んでもらおう」ということよりも、興味のない人、苦手だと思い込んでいる人に、日本酒のおいしさを知ってほしい。0杯……つまり飲まない人に1杯でも飲んでみてもらおう、というものです。

「0-1(ゼロイチ)運動」と表現することもあり、最近は日本酒が苦手な人にアドバイスしたり、飲み方の提案をしたりする場も多くなりましたが、「和醸和楽」さんがスタートしたのは、もう6年も前でした。

最初のアピールは、女性向けの日本酒セミナーや、銀座ウォーク。後者では、和醸和楽のメンバーと彼らを応援する飲食店の方達や愛飲家の方達約100人で、「10月1日、日本酒の日」を知ってもらおうと、銀座を歩きました。

昨年からはプログラムを一新。「辻調理師学園」で未来の料理人に向けて日本酒セミナー、ギャル系の若い女性に向けての日本酒セミナー、そして、年に1回、日本酒に馴染みのない女性を対象とした日本酒クルーズが、定期的なイベントになっています。

クリスマス・クルーズ、ニューイヤー・クルーズなど、気軽に楽しめる湾内クルーズもいろいろ組まれる季節ですが、そこにおいしい日本酒はあるでしょうか?

季節は冬になってしまいましたが、今年の秋に行なわれた日本酒クルーズの様子をお伝えします。これは日本酒初心者じゃなくても、参加したいクルーズですよね。

◇◆◇◆◇


『天狗舞』×八芳園=贅沢すぎます!

わずか14人で蔵元を囲む優雅な時間

左より、車多専務、高橋料理長、横田広域担当リーダー

「目黒の『八芳園』で、蔵元を囲む会があるようなんです。取材してみませんか?」
はいはい、お酒の会ですね。
と、送られてきたサイトを開いて、驚きました。

場所はもちろん、広〜い庭でのウェディングで知られる「八芳園」。その本館に続いた和食レストラン=白金料庭「槐樹」です。
さらに、その内容。

蔵元=『天狗舞』車多酒造さん
お酒=「古古酒 純米大吟醸」、「山廃純米大吟醸」、「山廃純米酒」、
「五凛 純米酒」、「グランリュクス梅酒」、「山廃にごり酒」
料理=日本酒に合う料理5種
会費=10,000円!
定員=14名!

しかも、タイトルが「蔵元さんと一緒にお酒を楽しむ会」第一回。
てことは、二回目もあり、ということですよね。このコストパフォーマンスの高さで、続けられるのか?

食事会の取材はもちろんですが、それより、その背景がとても聞きたくなって、企画した、八芳園経営企画室企画課の窪田理恵子さんにお話を伺いました。

——この条件で、このお値段、安すぎませんか?
「そうなんです。車多さんがよく了承してくださったなと、感謝しています」
——それもそうなんですけど、可能な金額なんですか。
「それは、なんとか。料理長もとてもやる気になっていて工夫してくれて……」
——1回目ということは2回目もあるんですよね?
「はい、構想はできていて、2月初めに、と思っています」

——発案は窪田さんですか?

「そうです。もともとこちらのホールで県酒造組合主催のお酒の試飲会や、お酒の協会の試飲会なども数年前から開いていただいているんですが、それを担当しておりまして。それ以前から、ワインの会もやっていますので、お酒の会は比較的、慣れているんです。もともとお酒とかが好きなんですよ(笑)。レストラン担当や仕入れ担当なども、こういった食べること、飲むことの企画が好きで。

それに、自前の会場ですから。『槐樹』は今年の9月にリニューアルしまして、庭を眺めるカウンターで気軽に本格会席もいただけるような雰囲気になっているんです。もともと結婚式場ですから、予算や演出など、お客様の様々なニーズに対応するのが仕事。つまり、その延長線上なんです。やるなら、自分でお金を出してでも行きたいイベントを作ろうと思いまして。今回は、私も含め、スタッフもふつうにお金を払って参加しますから」

納得いたしました。

もうちょっと人数が増えても良いですから、ぜひ、長く続けてくださいね。