東京の次は”地元”で。「雄町サミット in おかやま」

優等生ともいえる「山田錦」とはちょっと違った魅力が酒造りをする人にも、愛飲家にも気になる雄町。日本酒ファンを引きつけて止まない酒米です。

そんな雄町の良さを知ってもらい、広めるために、そのほとんどを生産している岡山県が「雄町サミット」を開催し、今回が5回目となります。

雄町の良さを生かしたお酒を!

山田錦でいえば三木町や加東町の特A地区米に相当する、旧赤磐町産の赤磐雄町が最も有名ですが、雄町の9割は岡山県内で生産されているのだそうです。
「雄町サミット」最大の注目はコンペティション。岡山県産雄町を使用し、雄町らしさを生かしたお酒を評価される、雄町好きには外せないイベントとなっています。コクがある、丸みがある、ふくよかな……、雄町らしいといっても、個性が強く出るのも雄町の良さ。

<2013 受賞蔵元一覧>>

【 出品区分Ⅰ 】 吟醸酒の部 (審査対象80点)

01)『純米大吟醸生詰原酒まんさくの花「雄町酒」』日の丸醸造(秋田県)
02)『十四代 純米吟醸 備前雄町』高木酒造(山形県)
03)『大吟醸 雄町』寿虎屋酒造(山形県)
04)『出羽桜 純米吟醸 雄町』出羽桜酒造(山形県)
05)『あぶくま 純米吟醸 雄町』玄葉本店(福島県)
06)『尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 雄町』龍神酒造(群馬県)
07)『瀧自慢 純米吟醸』瀧自慢酒造(三重県)
08)『極聖 雄町米 純米大吟醸 斗瓶取り』宮下酒造(岡山県)
09)『櫻室町 極大吟醸 室町時代』室町酒造(岡山県)
10)『純米大吟醸 雄町』白菊酒造(岡山県)
11)『赤磐雄町 生』利守酒造(岡山県)
12)『純米吟醸 雄町 雨後の月』相原酒造(広島県)
13)『鍋島 雄町 純米吟醸』冨久千代酒造(佐賀県)

【 出品区分Ⅱ 】 純米酒の部 (審査対象40点)

01)『秀鳳 無濾過 雄町』秀鳳酒造場(山形県)
02)『上喜元 特別純米 雄町』酒田酒造(山形県)
03)『山廃特別純米「橘屋」雄町』川敬商店(宮城県)
04)『磯自慢 雄町 特別純米』磯自慢酒造(静岡県)
05)『百楽門 純米』葛城酒造(奈良県)
06)『百楽門 純米古酒 1992年度醸』葛城酒造(奈良県)
07)『御前酒 純米 美作』辻本店(岡山県)
08)『燦然 特別純米酒「雄町」』菊池酒造(岡山県)
09)『櫻室町 契約栽培 純米酒 瀬戸雄町』室町酒造(岡山県)
10)『雄町純米 備前蒼海』十八盛酒造(岡山県)

*****10月1日「雄町サミットin おかやま 2013」*****
〜〜イベント内容〜〜
■先着順!
先着300名に冷たい雄町米の甘酒(お子様も大丈夫)、雄町米のおにぎりをプレゼント。
■ 1Fホワイエ
10:00~17:00
・地酒が1コイン(100円)!〜岡山の蔵元が勢揃い
・岡山の特産品販売〜(JA全農おかやまブース)
——ピオーネ・野菜・加工品など旬の幸や、岡山ビーフ・ポークの試食コーナー
・岡山のスイーツが大集合し、試食や販売
・岡山蔵元商品販売コーナー
——※未成年の方はご参加できません。車でのご来場はご遠慮ください。
■1F屋外広場
10:00~17:00
・岡山のグルメコーナー〜厨房から街を元気に!(岡山県飲食業活性化団体、六式会)
・多彩なグルメコーナー〜千屋牛バーガー、ジェラート、ラーメン・イタリアン等々
・高梁の特産物〜懐かしいおばあちゃんの味を伝えるレシピ本、お料理等(高梁ブース)
■2Fレセプションホール
16:30~17:30
・パネルディスカッション「幻の酒米 雄町の魅力」
■1Fイベントホール
18:00~20:00
・きき酒&懇親会(お一人様4000円、先着400名・要申込)
——岡山県産雄町米で造られた日本酒が全国から!
——*未成年の方はご参加できません。車でのご来場はご遠慮ください。
——お問い合せ:岡山コンベンションセンター086-214-1000

[日 時]:2013年10月1日(火)10時~20時
[場 所]:岡山コンベンションセンター
[入場料]:きき酒&懇親会のみ、4,000円
[問合先]:雄町サミットinおかやま実行委員会 086-214-1000

8月に行なわれた「雄町サミット」 in 東京

 


パーティ気分で出かけよう!「THE JOY OF SAKE TOKYO 2012」

今年も揃いました、おいしいお酒とおいしいおつまみ

今年も目前に迫りました「THE JOY OF SAKE TOKYO 2012」。11月6日に東京五反田TOCビルにて開催されます。
ハワイ・ホノルル発、ニューヨーク&サンフランシスコ経由で、10年目という節目の記念に東京上陸を果たしたのが3年前。
ホノルルやニューヨークで開催される、雰囲気をそのままに、いつもの試飲会とはひと味違ったスタイルで楽しませてくれます。パーティ気分で、ちょっとおしゃれしてでかけてみませんか。

華やかに楽しめるこのイベント、実は、ホノルルで審査が行なわれる国際酒会主催「全米日本酒歓評会」というアメリカ最大の日本酒コンペティションの出品酒を味わう会なのです。カテゴリーごとに置かれたお酒の前には、鑑評会さながらに蛇の目のきき酒猪口とスポイト。アメリカンテイストも加わって選ばれた入賞酒、味わってみたいですよね。

出品酒は、日本はもちろん、アメリカやカナダからも届き、「大吟醸A」(精米歩合40%以下)、「大吟醸 B」(精米歩合50%以下)、「吟醸」、「純米」という4つのカテゴリーに分けて審査されます。審査員はアメリカ側から5人、日本から5人の計10人によるブラインドテストで、審査基準はバランス、香り、味、総合評価の4つ。ただし、吟醸酒では重視される香りも純米酒ではこだわらなくて良いなど、酒の種類による特性も考慮しているそうです。
それらの中から、2段階で審査され、金賞、銀賞が選び出されるのです。

今年2012年度も、「いいね!日本酒。」参加蔵の方々がたくさん入賞されています。
その中で金賞受賞は、佐賀県の天山酒造さんが『大吟醸 飛天山』(大吟醸A)、『七田 純米吟醸』(吟醸)、『地酒 天山』『七田 純米』(純米)と、4つの金賞を受賞したのをはじめに、山口県・酒井酒造さんが『五橋 吟醸原酒』(吟醸)、『五橋 イセヒカリ 木桶造り 生酛純米酒』(純米)のダブルで、新潟県・尾畑酒造さんの『真野鶴 百弐拾式 大吟醸原酒』(大吟醸 B)、新潟県・吉乃川さんの『越後純米』(純米)が、それぞれ金賞を受賞しています。
おめでとうございます!

さらに、金賞受賞酒の中からこれまでの累計得点トップに贈られる「エメラルド賞」、各部門上位3位となる「ベスト3ゴールド賞」と最高得点の「トップゴールド賞」が設けられています。
会の冒頭で表彰式も行われますので、ぜひ、最初から来場して祝福の拍手を送りましょう。

後は、おいしいお酒と、名店の料理を楽しむだけ。
今年の参加レストランは以下の通りです。
「アルポルト」「重慶飯店」「Passo a Passo」「Cave de Gamin et Hanare」「霞町三○一ノ一」「DANLO」「白金 Baru」「越乃寒梅 Manjia」「葡呑」「酉玉」「駒八」「地酒遊楽 裏や  酒菜家・野崎酒店・醸蔵」「福わうち」

では、去年の様子を見ながら今年を楽しみに待ちましょう。
併せて、去年のNYリポートもご覧下さい。

THE JOY OF SAKE TOKYO 2012
日 時:2012年11月6日(火) 18:00〜21:00
場 所:五反田TOCビル 13階特別ホール
入場料:8,000円 ($100)


個性豊かな吟醸酒を味わう

東京・秋の『吟醸酒を味わう会』、10月26日(水)開催

日本酒のイメージとして、今ではすっかりメインストリームと言っても良い存在の吟醸酒。海外でこれだけ日本酒が受け入れられるようになったのも、吟醸酒や純米酒というPremium Sakeの存在あればこそ、とも言えます。

その端緒は江戸時代末期に見られるとも言われる吟醸酒が、商品化されひろく一般の手にも届きやすくなったのは、1980年頃。そして、その普及のため、いち早く吟醸酒造りに着手していた蔵元たちによってちょうど30年前の1981年8月、「日本吟醸酒協会」が創設されました。

同会では、東京を始め、大阪、札幌、福岡、名古屋、仙台などと、さまざまな都市で『吟醸酒を味わう会』を開催。東京、大阪では、絞りたてのフレッシュさが楽しめる新酒の春と、半年寝かせて熟成された味が楽しめる秋に行われます。

飲食店・居酒屋さん、酒屋さんが「ひやおろし」で賑わう秋、まさに満を持して蔵出しされる吟醸酒の、東京での試飲会が10月26日(水)に行われます。

市販されている吟醸、純米吟醸、大吟醸、純米大吟醸だけでなく、全国新酒鑑評会出品酒を飲み比べられるのも魅力ですし、近年は程よく燗付けされた酒も提供され、好評です。そして、今回は、1部、2部ともおみやげ付きです。

蔵元が一堂に会する機会も少なくなるこの季節。造り手との会話を楽しみながら、自慢の仕上がりとなった吟醸酒を味わいに出かけてみませんか。

さまざまな吟醸酒を飲み比べられる。

東京・秋の『吟醸酒を味わう会』

10月26日(水)
第1部 15:00~17:00(受付開始14:30)
第2部 18:00~20:00(受付開始17:30)
会 場    ホテルメトロポリタンエドモンド
東京都千代田区飯田橋3-10-8 tel.03-3237-1111(代)

入場料

事前申込 当日券
第1部 3,500円 4,000円
第2部 5,000円(酒肴付き) 5,000円

※  入場料は、1部と2部で異なりますので、ご注意ください。
※  いずれもおみやげ(吟醸酒720ml、1本)付きですが、酒肴は2部の事前申込の方だけに付きます。

(日本吟醸酒協会公式サイトより)