県のカラーを楽しもう。10月は茨城、山口、島根。

1年前の写真ですいません。出すタイミングを逸しておりました。今月は3県。代表して「いいね!日本酒。」です。

蔵入りの季節となり、最後を飾るように、またイベントの多い季節でもあります。
体が幾つあっても足りませんね。

10月11日「茨城地酒まつりIN花やしき2013」——
10月11日「第5回 やまぐち地酒維新」——
10月14日「しまねの地酒きき酒会」——

去年の復習をして行きましょう!

——10月11日「茨城地酒まつりIN花やしき2013」——

*****10月11日「茨城地酒まつりIN花やしき2013」*****

[日 時]:2013年10月11日(金)18時30分~20時30分 (開場18時)
[場 所]:花やしき(浅草)
[入場料]:4,000円(700名限定)
[チケット]:イープラス
■参加特典
・オリジナルぐいのみ
・会場で使える「茨城の食」のお食事券
・茨城の鍋の王様「あんこうどぶ汁」、笠間のいなり寿司、浅草の天麩羅、浅草むぎとろそば。
・茨城の酒300ml
・オリジナルバック (それぞれ、お一人様1つ)
[問合先]:茨城県酒造協同組合
 http://www.ibaraki-sake.or.jp/

 <2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『一品』吉久保酒造(水戸市)    02)『月の井』月の井酒造店(大洗町)
03)『郷乃誉』須藤本家(笠間市) 04)『二波山松緑』笹目宗兵衛商店(笠間市)
05)『東海』武藤酒類醸造(笠間市)   06)『稲里正宗』磯蔵酒造(笠間市)
07)『副将軍』明利酒類(水戸市)    08)『松盛』岡部(常陸太田市)
09)『剛烈』剛烈富永酒造店(常陸太田市)10)『菊盛』木内酒造(那珂市)
11)『久慈の山』根本酒造(常陸大宮市) 12)『酔富』酔富銘醸(常陸大宮市)
13)『大観』森島酒造(日立市)     14)『二人舞台』宏和商工(日立市)
15)『愛友』愛友酒造(潮来市)     16)『府中誉』府中誉(石岡市)
17)『男女川』稲葉酒造場(つくば市)  18)『霧筑波』浦里酒造店(つくば市)
19)『筑波』石岡酒造(石岡市)     20)『白菊』白菊酒造(石岡市)
21)『来福』来福酒造(筑西市)     22)『花の井』西岡本店(桜川市)
23)『武勇』武勇(結城市)       24)『一人娘』山中酒造店(常総市)
25)『紬美人』野村醸造(常総市)   26)『結』『富久福』結城酒造(常総市)
27)『御慶事』青木酒造(古川市)    28)『徳正宗』萩原酒造(境町)

 

——10月11日「第5回 やまぐち地酒維新」——

            *****10月11日「第5回 やまぐち地酒維新」*****

[日 時]:2013年10月11日(金)19時~21時(受付 18時30分〜)
[場 所]:ホテル椿山荘東京 5Fオリオン
[入場料]:8,000円(定員500名、着席、お食事は個別配膳、お土産つき)
[チケット]:1)イープラス、2)山口県酒造組合へ申込書をファクス、3)必要事項(氏名・年齢・性別・職業・申込人数・住所・電話番号)を記入しinfo★y-shuzo.com(★→@にかえて)までメール、4)「おいでませ山口館
■「第5回 やまぐち地酒維新」の会の前に関係者向けイベントあり。
「第2回 やまぐち食材等提案会」
(流通関係者、飲食店関係者向け試飲商談会)
14時~16時30分(入場無料)
[問合先]:山口県酒造組合http://y-shuzo.com/ 

<<2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『山頭火』金光酒造(山口市)     02)『和可娘』新谷酒造(山口市)
03)『雁木』八百新酒造(岩国市)     04)『五橋』酒井酒造(岩国市)
05)『金冠黒松』村重酒造(岩国市)    06)『金雀』堀江酒場(岩国市)
07)『獺祭』旭酒造(岩国市)       08)『原田』はつもみぢ(周南市)
09)『毛利公』山縣本店(周南市)    10)『中島屋』中島屋酒造場(周南市)
11)『金分銅』金分銅酒造(下松市)    12)『貴』永山本家酒造場(宇部市)
13)『山猿』永山酒造(山陽小野田市)   14)『宝船』中村酒造(萩市)
15)『長陽福娘』岩崎酒造(萩市)     16)『鳴門峡』岡崎酒造場(萩市)
17)『八千代』八千代酒造(萩市)     18)『東洋美人』澄川酒造(萩市)

 

——10月14日「しまねの地酒きき酒会」——

*****10月14日「しまねの地酒きき酒会」*****

[日 時]:2013年10月14日(月・祝)13時〜19時(2部制)
[場 所]:東京交通会館12F カトレアホール
■【第1部】「しまねの地酒きき酒会」
[時 間]:13時~16時(入場受付は15時30分まで。)
[対 象]:業界関係者(事前申し込み不要。招待はがきを持参し、名刺と共に受付へ)
[入場料]:無料
■【第2部】「しまねの地酒を楽しむ会」
[時 間]:17時~19時 (入場受付は18時30分まで)
[対 象]:一般、業界関係者(住所・氏名を明記し、はがき、fax、メールで組合まで)
[入場料]:2,000円(オリジナルきき猪口、おつまみ付き)
[問合先]:島根県酒造組合
 http://www.shimane-sake.or.jp 

<<2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『李白』李白酒造(松江市)     02)『豊の秋』米田酒造(松江市)
03)『國暉』國暉酒造(松江市)     04)『月山』吉田酒造(安来市)
05)『美波太平洋』木次酒造(雲南市)  06)『仁多米』奥出雲酒造(雲南市)
07)『七冠馬』簸上清酒(奥出雲町)   08)『十旭日』旭日酒造(出雲市)
09)『天隠』板倉酒造(出雲市)   10)『ヤマサン正宗』酒持田本店(出雲市)
11)『出雲富士』富士酒造(出雲市)   12)『石見銀山』一宮酒造(大田市)
13)『開春』若林酒造(大田市)     14)『誉池月』池月酒造(邑南町市)
15)『玉櫻』玉櫻酒造(邑南町市)    16)『環日本海』日本海酒造(浜田市)
17)『都錦』都錦酒造(邑南町)     18)『隠岐誉』隠岐酒造(隠岐の島町)


Vintage-sakeの味わい「熟成古酒ルネッサンス2013」

大きな声では言いたくないのですが、いま、最もコストパフォーマンスが高い、つまりお得なお酒はと言えば、熟成酒=古酒!

密かにささやかれているので、耳にしたことがあるでしょう。

そんな、いわゆるビンテージの日本酒が一堂に会する「熟成古酒ルネッサンス2013」の、東京で開かれる春の会が渋谷のシダックスホールでありました。これがただ事ならぬ盛況ぶり。ちょっと時間が経ちましたが、お伝えします。

知ったら奥深い熟成酒の世界!

解説がとても丁寧な当日のパンフレット。

搾ってすぐに瓶詰めした新酒、または秋上がりを、と、造った年のお酒をいただくことが基本となる日本酒では、前年度のお酒はもう古酒、熟成酒のカテゴリーに入ってしまいます。

寝かせるのが基本でヌーヴォーがイレギュラーというワインの世界とは反対です。

ウィスキーもワインも年を経るほどに味が乗って来て、お値段も乗ってくる。

それに対して、日本酒は時間が経ったらヒネてしまう、甘くてベタついている、と、まだあまり良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、日本酒が熟成させることに向いていないかと言うと、決してそうではありません。常温でほったらかしでも良い仕上がりになるお酒もあれば、温度管理を徹底しておいしく熟成されるお酒もあります。

日本酒は、温度に気を使って、場所も取って、何年も寝かせているのに、新酒とあまり変わらない価格で売られていることが多いのが現状。

これが、「今、最も、コストパフォーマンスが高い」といわれるゆえんです。

だって、遠くない未来、きっと熟成酒の本当の価値が分かるようになります。
そうなったら………。

そんな陰の声が広まっていたのかどうなのか、この春、3月3日に長期熟成酒研究会の加盟蔵が開いた「熟成古酒ルネッサンス2013」は、これまでにない賑わいぶりでした。2回の入れ替えで600名を越える来場者だったそうです。
みなさん、本当に楽しそうに、おいしそうに熟成酒を味わっていらっしゃいました。

たくさんの方に来ていただいたもう一つの理由は、今回、酒屋さんも出店に加わり、自慢の自家熟成酒を出品したことでしょう。

同協会は、酒蔵だけでなく酒販店さん=酒屋さんも加盟していると言う珍しい団体。それだけ、今までマイナーな(失礼……)位置にいた熟成酒を応援したかった、ということでもあるかもしれません。

「こんなにおいしいのに、なぜ広がらないんだろう」と、誰もが思っていた。

日本酒自体の全体的な盛り上がりに加え、直接、エンドユーザーと接する酒屋さんからの呼びかけは、日本酒ファンに響いたようです。来場者数も多かったけれど、なにより、若いお客さんが多い!

この反応に、今まで普及活動に努力してこられた会員の方たちの嬉しさといったら。この明るい顔、顔、顔……、見ているこちらも嬉しくなって。

長期熟成酒研究会のみなさん(一部)

では、盛会だった様子をご覧下さい。

< 参加蔵元一覧 >

01.『南部美人』南部美人(岩手県)  02.『一ノ蔵』一ノ蔵(宮城県)
03.『秀よし』鈴木酒造店(秋田県)  04.『花垣』南部酒造場(福井県)
05.『雪の茅舎』齋彌酒造店(秋田県) 06.『麗人』麗人酒造(長野県)
07.『東光』小嶋総本店(山形県)   08.『梁山泊・喜久盛』信州銘醸(長野県)
09.『初孫』東北銘醸(山形県)    10『達磨正宗』白木恒助商店(岐阜県)
11.『朝日川』朝日川酒造(山形県)  12『黒松翁』森本仙右衛門商店(三重県)
13.『奥の松』奥の松酒造(福島県)  14.『龍力』本田商店(兵庫県)
15.『東力士』島崎酒造(栃木県)   16.『葵鶴』稲見酒造(兵庫県)
17.『甲子正宗』飯沼本家(千葉県)  18.『黒牛』名手酒造店(和歌山県)
19.『岩の井』岩瀬酒造(千葉県)   20.『五橋』酒井酒造(山口県)
21.『木戸泉』木戸泉酒造(千葉県)  22.『獺祭』旭酒造(山口県)
23.『麒麟』下越酒造(新潟県)    24『杜の蔵』杜の蔵(福岡県)
25.『福正宗』福光屋(石川県)    26『天吹』天吹酒造(佐賀県)

< 参加酒販店一覧 >

01.おけい茶屋 熊谷商店(宮城県)     02.澤田屋酒店(栃木県)
03.大黒屋酒店(栃木県)       04.さかや栗原(東京都)
05.たけくま酒店(神奈川県)     06.あいちや(神奈川県)
07.望月商店(神奈川県)       08.酒舗よこぜき(静岡県)
09.中畝酒店(京都府)

 


「いいね!ランキング」上位蔵に聞く〜酒井酒造

 着実に「いいね!」を積み重ね18位の『五橋』

「男は度胸、お酒は五橋」でお馴染みの、山口県は『五橋』酒井酒造さん。“山口県の地酒”として、県産の米、水、人、にこだわった酒造りをされ、軟水の柔らかな口当たりで人気です。

ご登場いただいたのは、業務部課長の大下勝己さん。「いいね!日本酒。」では、初期の頃に、ビデオレターにご協力いただきました。

大下さんは、去年の春、マーケティングのセミナーに参加。その内容がほとんどfacebook(以下、FB)を勧めるような内容という印象を持ち、「facebookはやらねばソン、絶大な効果あり」と、“軽いマインドコントロール”を受けた(笑)状態に。早速、本を買い、読み込んで、まずは個人ページを実験的に始めたといいます。そこでは、とっても自由に……会社以上に自由に書かれていますが、個人ページから人とのつながりの手応えを感じ、7月13日に、会社のFBをスタートさせたそうです。

以前からホームページもご担当されていて、また、他にFBをやっている人がいなかったこともあり、必然的に担当に。仕事の空き時間、休憩時間などを使って書き込んでいるので、なかなか更新できないときもありますが、焦らず取り組んでいらっしゃるそうです。

そんな中でも、今年の1月15日に行なわれた、銀座Sake Hallでの『SAKE日和♪五橋の会』(あおい有紀さんプロデュース&司会)に、FBで知り合った、まだ面識のない方々が5〜6人、FBでの告知を見て来てくださったとのこと。嬉しかったご様子でした。

また、10月1日のお酒の日にめがけて10日前からカウントダウンを行なった時には、「毎日、たいへんですね」とねぎらっていただいたとか。それというのも、事前に10日分を作り、公開日設定をしたものですが、一度に作ったとは思えない、盛り上げ方だったからでしょうか。

もちろん、美しい誤解は敢えて訂正せず、そのままにしておいて……。

先に始めていた個人のFBでも、自然と会社のことを取り上げることは多く、個人ブログで知り合った方が、会社のブログにもつながってくれたり、イベントに足を運んでくれたり。また、イベントの際に、お酒を買いつつ、大下さんに会いに来てくれたりもするそうで、ネット上だけのつながりが現実となってより強くなり、広がっていく手応えが感じられていらっしゃるようでした。

大下さんと一緒にFBを更新されているのは、41歳と同年代?の大津杜氏、仲間史彦さん。

現状では特に明記していないので、全て大下さんが書いていると思っていらっしゃる方もおられるようですが、大まかに言って酒造りの進行状況など造りに関して触れているのが杜氏さん、イベントや商品の案内が大下さん。近々の更新から、それぞれ名前を記していく予定とのことです。

さて、肝心の「いいね!」獲得数ですが、冒頭でご紹介したビデオレターでかなり増えたそう。でも、焦らず、着実にお客様が増えるように「いいね!」が増えてくれれば良い、という考えです。

個人のFBでは、リアルな人間関係があるため、何かをアップすると反応も早いもの。

会社のFBでも、お客様ではあるけれども、『五橋』のお酒が好きで参加されている方達と、顔の見えるような関係性を築いていきたい、ということのようです。現状でもコメントの多いページだと思いますが、さらに、素早い反応で大下さんを追い込むと、更新回数も増えていくかもしれません(笑)。

さて、これからのことをお訪ねすると。

「今、考えているのは、FBページのカスタマイズ。たまたま買った本で提案していたのですが、大手企業のサイトなどを見て、“その3歩くらい後”には近づきたいと思って」

実際にかっこ良く見え、また、他と違う物を作ってみたいという性格がちらっと顔をだしたようで、ただいま勉強中、研究中。

実は、一度作ったのですが、FB自体のシステムが変更され、全て消えてしまったのだそうです……。

そして、もうひとつ。

「『五橋』のお酒の人気投票をやってみたいんですよ。『GKO48総選挙』。既に用意されている投票システムを利用できるのですが、今の、“いいね!”の数では、あまり意味がないかな、と」、とのこと。

でも、伝々、そこで引きませんでした。そして、確約をいただきました。

発表させていただきます。

来年、2013年5月9日「五橋の日」に、第1回『GKO48総選挙』開催決定!

「五橋」のラインナップから48種を選び、人気投票を行なうのです。それまでに、みなさん、「いいね!」を押して、投票権を手に入れ、来る日に備えてくださいね(あら?「いいね!」が増える???)。

ご存知の通り、『五橋』の大下さまは、コメントが楽しいので、コメント込みで載せさせていただきました。拡大してご覧下さい。

アンケートはこちら
facebookの「いいね!」ランキングはこちら


パーティ気分で出かけよう!「THE JOY OF SAKE TOKYO 2012」

今年も揃いました、おいしいお酒とおいしいおつまみ

今年も目前に迫りました「THE JOY OF SAKE TOKYO 2012」。11月6日に東京五反田TOCビルにて開催されます。
ハワイ・ホノルル発、ニューヨーク&サンフランシスコ経由で、10年目という節目の記念に東京上陸を果たしたのが3年前。
ホノルルやニューヨークで開催される、雰囲気をそのままに、いつもの試飲会とはひと味違ったスタイルで楽しませてくれます。パーティ気分で、ちょっとおしゃれしてでかけてみませんか。

華やかに楽しめるこのイベント、実は、ホノルルで審査が行なわれる国際酒会主催「全米日本酒歓評会」というアメリカ最大の日本酒コンペティションの出品酒を味わう会なのです。カテゴリーごとに置かれたお酒の前には、鑑評会さながらに蛇の目のきき酒猪口とスポイト。アメリカンテイストも加わって選ばれた入賞酒、味わってみたいですよね。

出品酒は、日本はもちろん、アメリカやカナダからも届き、「大吟醸A」(精米歩合40%以下)、「大吟醸 B」(精米歩合50%以下)、「吟醸」、「純米」という4つのカテゴリーに分けて審査されます。審査員はアメリカ側から5人、日本から5人の計10人によるブラインドテストで、審査基準はバランス、香り、味、総合評価の4つ。ただし、吟醸酒では重視される香りも純米酒ではこだわらなくて良いなど、酒の種類による特性も考慮しているそうです。
それらの中から、2段階で審査され、金賞、銀賞が選び出されるのです。

今年2012年度も、「いいね!日本酒。」参加蔵の方々がたくさん入賞されています。
その中で金賞受賞は、佐賀県の天山酒造さんが『大吟醸 飛天山』(大吟醸A)、『七田 純米吟醸』(吟醸)、『地酒 天山』『七田 純米』(純米)と、4つの金賞を受賞したのをはじめに、山口県・酒井酒造さんが『五橋 吟醸原酒』(吟醸)、『五橋 イセヒカリ 木桶造り 生酛純米酒』(純米)のダブルで、新潟県・尾畑酒造さんの『真野鶴 百弐拾式 大吟醸原酒』(大吟醸 B)、新潟県・吉乃川さんの『越後純米』(純米)が、それぞれ金賞を受賞しています。
おめでとうございます!

さらに、金賞受賞酒の中からこれまでの累計得点トップに贈られる「エメラルド賞」、各部門上位3位となる「ベスト3ゴールド賞」と最高得点の「トップゴールド賞」が設けられています。
会の冒頭で表彰式も行われますので、ぜひ、最初から来場して祝福の拍手を送りましょう。

後は、おいしいお酒と、名店の料理を楽しむだけ。
今年の参加レストランは以下の通りです。
「アルポルト」「重慶飯店」「Passo a Passo」「Cave de Gamin et Hanare」「霞町三○一ノ一」「DANLO」「白金 Baru」「越乃寒梅 Manjia」「葡呑」「酉玉」「駒八」「地酒遊楽 裏や  酒菜家・野崎酒店・醸蔵」「福わうち」

では、去年の様子を見ながら今年を楽しみに待ちましょう。
併せて、去年のNYリポートもご覧下さい。

THE JOY OF SAKE TOKYO 2012
日 時:2012年11月6日(火) 18:00〜21:00
場 所:五反田TOCビル 13階特別ホール
入場料:8,000円 ($100)


酒器自慢到着〜初の焼きものです。

酒器自慢が届きました!

自慢の酒器があるけれど、文章を書いている時間がない!という方。
写真と連絡先をお送りいただければ、伝々の方からお電話でお話を伺い、コラムにさせていただきます。是非、ご一報ください。

 


SAKE日和 「五橋day」at Sake Hall

酒日和、「SAKE日和」に乱入

またしても、遅れ遅れのイベント報告。

今回は、銀座のSAKE HALLで行なわれている「SAKE日和」(あ、なんだか親しみが……)の6回目、山口県の「五橋」、酒井酒造さんの回をリポートしてきました。

「普通にお客さんとして参加していいよ」という優しい元締めのお言葉に甘えて、注がれては飲む……。いかん、いかん。「飲まなきゃ分からないでしょ」。それもそうなんだけど……、注がれては飲む。
酒宴が終わってからのインタビューもあり、宴の中でのコメント取りもあり、レコーダーを再生して赤面どころか真っ青です。
関係諸処の方々、ご無礼をお許しください。

さすがに6回目ともなるとすっかり定着していて、45名の定員に、参加者は52名! リピーターも多いようで、奥の一番広い個室も利用しての開催、と、大人気です。

司会のあおい有紀さんと「五橋」の社長&専務との息もぴったり。52人という大人数ながら、なんだかこぢんまりした雰囲気が、またいいんですね。

次回は2月5日(日)、最終回。奈良の「春鹿」今西清兵衛商店さんです。
……う〜〜ん、行きたい!