船上パーティで日本酒を!和醸和楽の試み。

プレゼントの当選者とデッキにて「和醸和楽」の水野会長(左)

リッチー・ホウティンさん、山同敦子さんと、素晴らしい日本酒応援者の方々をご紹介しましたが、もちろん、蔵元さんや酒販店さんたちだって自分たちの造る、勧める日本酒をたくさんの人たちに飲んでみてほしい!と活動されています。

そんな中で、積極的にイベントなどを行なっているグループが「和醸和楽」さん。蔵元さんと酒販店さん51人(2013年12月現在)が協力して活動されています。

 

2012年からスタートした日本酒クルーズと日本酒セミナー

「和醸和楽」は、日本酒需要の落ち込みが激しくなっていた2005年、蔵元や酒販店の若手有志が「何か始めなければ」と集まったのが発端でした。翌2006年10月1日、日本酒の日に結成。そして、2007年7月に記者会見を開いて正式にスタートしました。

最大の目的は「0杯を1杯に」、ということ。

「1〜2杯飲む人に3〜4杯飲んでもらおう」ということよりも、興味のない人、苦手だと思い込んでいる人に、日本酒のおいしさを知ってほしい。0杯……つまり飲まない人に1杯でも飲んでみてもらおう、というものです。

「0-1(ゼロイチ)運動」と表現することもあり、最近は日本酒が苦手な人にアドバイスしたり、飲み方の提案をしたりする場も多くなりましたが、「和醸和楽」さんがスタートしたのは、もう6年も前でした。

最初のアピールは、女性向けの日本酒セミナーや、銀座ウォーク。後者では、和醸和楽のメンバーと彼らを応援する飲食店の方達や愛飲家の方達約100人で、「10月1日、日本酒の日」を知ってもらおうと、銀座を歩きました。

昨年からはプログラムを一新。「辻調理師学園」で未来の料理人に向けて日本酒セミナー、ギャル系の若い女性に向けての日本酒セミナー、そして、年に1回、日本酒に馴染みのない女性を対象とした日本酒クルーズが、定期的なイベントになっています。

クリスマス・クルーズ、ニューイヤー・クルーズなど、気軽に楽しめる湾内クルーズもいろいろ組まれる季節ですが、そこにおいしい日本酒はあるでしょうか?

季節は冬になってしまいましたが、今年の秋に行なわれた日本酒クルーズの様子をお伝えします。これは日本酒初心者じゃなくても、参加したいクルーズですよね。

◇◆◇◆◇


今年は60蔵!で競う「美酒早慶戦」

※昨年の蔵別順位、ボトルデザイン賞に追加記載しました。(8月19日)

楽しんでいるような、限りなく真剣に競っているような、緊張感がありつつ、和気あいあいとした雰囲気がなんとも言えない「美酒早慶戦」……。

第2回目となった昨年は、見事総合で慶應が初優勝。ご当人たちの喜び方も半端ではなかったのですが、前年の落胆ぶりを見ているこちらにとっても「ほっ」と胸を撫で下ろす結果となったのでした。

「絶対負けられない戦い」が、ここにもあった!

ウワサを聞きつけては「参加したい」と申し出てくれる蔵元もお客さんも増えているそうで、かなり浸透して来ているようですが、まだまだ広がってほしいところ。

参加酒蔵はすでに60を数えているそうです。まだ、最終決定は出ていないそうなので、現時点では、昨年の参加蔵を参考にしてほしいということのようです。発表され次第、情報を追加いたしますので、その時はまたお知らせいたします。

出品酒の規定は純米大吟醸のカテゴリーのみ。各蔵が最高峰といえる酒を持ちよって競うわけです。つまり、当日は、その美酒を味わえる、ということになります。

参加者全員が審査員となり、ラベルが分からないように黒い袋で覆ったボトルから試飲。それぞれの主観で与えられた3点を配点。時間内に集計して、最後に華々しく発表されます。最強の飲み手である人たちが採点するわけですから、この名誉は、ある意味かなり大きいものでしょう。自ずと力が入ってしまうのも……。

そして、元々が、被災蔵支援の手段としてもスタートしたものだけに、それぞれの蔵から持ち寄ったノベルティグッズなどをオークションにかけたりと、ただのお祭りで終わらせるものではありません。
次のようなことを目的として開催されているそうです。

1. 早慶の蔵元が率先するグローバル化、…地域振興のための活動を支援する。
2. チャリティーを募り、その収益金をあしなが育英基金を通じて東日本大震災孤児支援に役立てていただく。
3. 参加者全員が審査員となり、「蔵元出身大学対抗」という切り口で、各蔵の個性と美味しさ、そして「勝負」を楽しむ。
4. 参加者と蔵元との交流と親睦を深める。

総合優勝の結果も楽しみですが、個人賞の結果はとても興味深い。10位くらいまで発表していただけたら、と思うのは私だけではないかと……。

そんな、短いながらも深〜い歴史を踏まえて開催される第3回。盛り上がらないはずがありません。

*****9月7日「第3回美酒早慶戦
~早慶所縁の蔵元60数蔵の純米大吟醸が集結~」*****

日 時:2013年9月7日(土) 12時30分(12時開場)~15時30分
場 所:コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
(http://www.tobuhotel.co.jp/ginza/access.html)
入場料:参加費/男性8,500円 女性7,500円
主催:美酒早慶戦大会実行委員会
◆問い合せ/杉原(メールアドレス:es13281328@yahoo.co.jp)

ーーそれでは、昨年の白熱した様子をご覧下さい。

<2012 参加及び出品蔵元一覧>>

〈早稲田蔵〉22
01)『あさ開 極上旭扇』あさ開(岩手県) 02)『澄天』男山酒造(山形県)
03)『國権』国権酒造(福島県)     04)『蒼天伝』男山本店(宮城県)
05)『麒麟山』麒麟山酒造(新潟県)   06)『米川』高沢酒造(長野県)
07)『萬歳楽』小堀酒造店(石川県)   08)『渡舟』府中誉(茨城県)
09)『菊泉』滝澤酒造(埼玉県)     10)『嘉泉』田村酒造場(東京都)
11)『曙光』熊澤酒造(神奈川県)    12)『笹一』笹一酒造(山梨県)
13)『白川郷』三輪酒造(岐阜県)    14)『東龍』東春酒造(愛知県)
15)『喜久酔』青島酒造(静岡県)    16)『若葉』若葉(岐阜県)
17)『出雲誉』竹下本店(島根県)    18)『雁木』八百新酒造(山口県)
19)『栄光 しずく媛』栄光酒造(愛媛県) 20)『獺祭』旭酒造(山口県)
21)『山丹正宗』八木酒造部(愛媛県)  22)『李白』李白酒造(島根県)

〈慶應蔵〉29
23)『国士無双』高砂酒造(北海道)  24)『雪の茅舎』『由利正宗』齋藤酒造店(秋田県)
25)『陸奥八仙』八戸酒造(青森県)   26)『大山』加藤喜八郎酒造(山形県)
27)『刈穂』『出羽鶴』秋田清酒(秋田県)28)『まんさくの花』日の丸醸造(秋田県)
29)『浦霞』佐浦(宮城県)       30)『東光』小嶋総本店(山形県)
31)『玄宰』末廣酒造(福島県)     32)『鶴齢』青木酒造(新潟県)
33)『真野鶴』尾畑酒造(新潟県)    34)『真澄』宮坂醸造(長野県)
35)『加賀鳶』福光屋(石川県)     36)『手取川正宗』吉田酒造店(石川県)
37)『梵』加藤吉平商店(福井県)    38)『副将軍』明利酒類(茨城県)
39)『いづみ橋』泉橋酒造(神奈川)   40)『箱根山』井上酒造(神奈川県)
41)『臥龍梅』三和酒造(静岡県)    42)『津島屋』御代桜醸造(岐阜県)
43)『玉乃光』玉乃光酒造(京都県)   44)『喜楽長』喜多酒造(滋賀県)
45)『櫻室町』室町酒造(岡山県)    46)『小鼓』西山酒造場(兵庫県)
47)『御前酒』辻本店(岡山県)     48)『西の関』萱島酒造(大分県)
49)『源』八鹿酒造(大分県)      50)『千代の園』千代の園酒造(熊本県)
51)『瑞鷹』瑞鷹酒造(熊本県)

*** 2013年「美酒早慶戦」結果 ***

総合優勝:慶應義塾大学

蔵別賞:優 勝『浦霞 山田錦 純米大吟醸 20BY』(佐浦/宮城県・慶應)
————準優勝『獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分』(旭酒造/山口県・早稲田)
————準優勝『陸奥八仙 純米大吟醸 華想い40』(八戸酒造/青森県・慶應)
————4 位『酒仙栄光 純米大吟醸 40』(栄光酒造/新潟県・早稲田)
————5 位『臥龍梅 純米大吟醸 山田錦』(三和酒造/静岡県・慶應)

ボトルデザイン賞
————『きりんざん ブルーボトル 純米大吟醸』(麒麟山酒造/新潟県・早稲田)
————『小鼓 純米大吟醸 路上有花』(西山酒造場/兵庫県・慶應)


県のカラーを楽しもう。8月は岐阜、福島。

※「ふくしま美酒体験in渋谷2012」のリポートを追加しました(8月10日)

夏休みに入ったためか、さらに行きたいイベント、多すぎです。

月の初めから怒濤のように続いて、追いつけなくて、ごめんなさい、なのです。

取りあえず、今日は「雄町サミット」だし……。

県酒造組合主催は岐阜と福島の2県ですが、取り急ぎ、岐阜のお知らせと、福島の今年の開催情報を。福島の昨年の様子は、追って追加させていただきます。

——8月4日(日)「岐阜の地酒に酔う」

日本の中心と言われる岐阜。お酒が瀧になった養老の滝まである岐阜。特に近年、マニアな人気や、有無を言わせぬお酒、代替わりして立ち上げたニューブランドが注目だったり、気を抜けないのが岐阜のお酒。行ってみれば分かります。

<2012 参加蔵元一覧>> 

01)『女城主』岩村醸造(恵那市)   02)『金華山』足立酒造(岐阜市)
03)『久寿玉』平瀬酒造店(高山市)  04)『千代菊』千代菊(羽島市)
05)『小左衛門』中島醸造(瑞浪市)  06)『白川郷』三輪酒造(大垣市)
07)『白真弓』蒲酒造場(飛騨市)   08)『白雪姫』渡辺酒造醸(大垣市)
09)『竹雀』大塚酒造(池田町)    10)『玉柏』山田商店(八百津町)
11)『千古乃岩』千古乃岩酒造(土岐市)12)『天領』天領酒造(下呂市)
13)『長良川』小町酒造(各務原市)  14)『日本泉』日本泉酒造(岐阜市)
15)『初緑』高木酒造(下呂市)    16)『はなざかり』花盛酒造(八百津町)
17)『花美蔵』白扇酒造(川辺町)   18)『百春』小坂酒造場(美濃市)
19)『蓬萊』渡辺酒造店(飛騨市)   20)『房島屋』所酒造(揖斐川町)
21)『三千盛』三千盛(多治見市)   22)『三千櫻』三千櫻酒造(中津川市)
23)『美濃紅梅』武内(大垣市)    24)『美濃天狗』林酒造(可児市)
25)『津島屋』『御代櫻』御代桜醸造(美濃加茂市)
26)『醴泉』『美濃菊』玉泉堂酒造(恵那市) 27)『若葉』若葉(瑞浪市)

*****8月4日「第5回 岐阜の地酒に酔う 2013」*****

[日 時]:2013年8月4日(日) 13時~16時(入退場時間自由)
[場 所]:如水会館 2F「スターホール」
[入場料]:2,500円(定員:300人)
※締め切られました。
[問合先]:岐阜県酒造組合連合会
℡.058-265-4548 http://www.gifu-sake.or.jp


——8月23日(金)「福島美酒体験」

先月行なわれた「東京會津祭」も感動的な展開をみせ、福島の人たちの温かさが感じられる素敵な会でした。追ってリポートをお届けする予定です。

その際も参加し、蔵元さんたちが先頭を切って踊ってみせた盆踊りのためにと「会津磐梯山」を謡ってくれた長峯さんは、昨年、この会でもその喉を披露してくれました。きっと、今年も期待できますね。

昨年、行なわれたのは9月。
今年は、夏休みに入り込んでいますので、しっかりお休みとって望みたいものです。

*****「8月23日ふくしま美酒体験in渋谷〜FUKUSHIMA JIZAKEFESTIVAL 2013」*****

[日 時]:2013年8月23日(金) 19時~21時(18時30分開場)
[場 所]:セルリアンタワー東急ホテル
[入場料]:5,000円(定員:600人)
e+(イープラス)
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002102999P0030001P0006
[問合先]:福島県酒造組合 024-573-2131  http://sake-fukushima.jp/

<<2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『大七』大七酒造       02)『人気一』人気酒造
03)『奥の松』奥の松酒造     04)『笹の川』笹の川酒造
05)『雪小町』渡辺酒造      06)『金寶』仁井田本家
07)『あぶくま』玄葉本店     08)『廣戸川』松崎岩男
09)『南郷』藤井酒造店      10)『東豊国』豊國酒造
11)『白陽』大谷忠吉本店     12)『有の川』有賀醸造
13)『自然郷』大木大吉本店    14)『夢心』夢心酒造
15)『蔵粋』小原酒造       16)『喜多の華』喜多の華酒造場
17)『大和川』大和川酒造     18)『吉の川』吉の川酒造店
19)『峰の雪』峰の雪酒造場    20)『会津ほまれ』ほまれ酒造
21)『笹正宗』笹正宗酒造     22)『会津錦』會津錦
23)『花春』花春酒造       24)『名倉山』名倉山酒造
25)『会州一』山口        26)『辰泉』辰泉酒造
27)『榮川』榮川酒造       28)『会津中将』鶴乃江酒造
29)『末廣』末廣酒造       30)『会津娘』高橋庄作
31)『宮泉』宮泉銘醸       32)『一生青春』『天明』曙酒造
33)『真実』豊国酒造       34)『飛露喜』廣木酒造
35)『萬代芳』白井酒造      36)『國権』『一吉』国権酒造
37)『金紋会津』會津酒造     38)『開當男山』開當男山
39)『ロ万』『花泉』花泉酒造   40)『又兵衛』四家酒造
41)『磐城寿』鈴木酒造店