実は、dendenイベントも進行中……。

蔵籠りから解放された蔵元さんが主役です

『手取川』吉田さんと『真澄』宮坂さんによるイベント

「KAIKOH 邂逅 VOL.1 酒は何ができるか」

中身の濃いイベントになりそうです。
お早めにチケットを入手してくださいね。

 

ところで、先週末にこんなイベントを開催しました。

dendenブログの主催で申し訳ないのですが、ご報告させてください。

===「日本酒片手に vol.1 〜鉄道を語ろう〜」===

ゲストも豪華なら、客席も豪華!

「日本酒があれば鉄道はさらに楽しい!」 というわけで、呑み鉄入門イベントです。鉄分の強弱、日本酒度の高低に関わらず、楽しんでいただこう、と、鉄道好きな蔵元さんを代表して、『萩の鶴』(萩野酒造)の佐藤曜平さんをお招きし、お酒をいただきながら、鉄道の楽しさ、お酒の楽しさを語り合っていただくものでした。

ゲストには(酒≧鉄)佐藤曜平さん(萩野酒造・八代目蔵元)、(酒≦鉄)入江一也さん(JTBパブリッシング・交通図書編集部)、(酒<鉄)南田裕介さん(芸能マネージャー。ホリプロ所属)、(酒>鉄)近藤淳子さん(アナウンサー。日本酒きき酒師、女性限定日本酒会、ぽん女会主宰。ホリプロ所属)、という面々。

「どうなるのかな……?」
主催したにもかかわらず、まったく予想できなかったのですが、始まってみればみんな楽しそうで。ほっとするやらうらやましいやら。

 

さて、このイベント、VOL.1というだけに、VOL.2もあって、さらにVOL.3も決まっています。

VOL.2は今週末に迫っています。

 

===5月31日「日本酒片手に vol.2 〜音楽を語ろう〜」===

プロ級のプレイで盛り上げます。

日本酒があれば、音楽はもっと楽しいーー
富士の麓で『白隠正宗』を醸す蔵元DJ? ……DJ蔵元? …… DJ TAKASHIMAが、富士山と千本松原を眺める静岡県「原」宿からやってきます。「若手の夜明けspin-off・福岡」で、日本酒試飲会の常識を覆し、作り上げた空間は、今や伝説。
主催者特権で「山下達郎&吉田美奈子time」もリクエストいたしました。この場に合わせてスペシャル・エディットしたものを持ち込んでくれるそう。
スペースはあの西麻布「新世界」。名作「上海バンスキング」で知られる元・「自由劇場」。
【 日 時 】  2014年5月31日(土)、17時30分~22時30分
【 場 所 】 「音楽実験室 新世界」東京都港区西麻布4-5
【 ゲスト 】 蔵元DJ・高嶋 一孝(高嶋酒造) さん 一時はプロを目指したDJの道を捨て家に帰って酒造りに入る。が、今も時間をみては地元静岡県内を中心に活動を続けている。
現役DJ・DJ b.g.l さん ローカルの中でも熱い、静岡・沼津をベースに活動しつつ、東京にもたびたび参戦。techno、jazz、house、abustracと網羅する。
【参加費】  予約2,500円・当日3,000円(試飲2種とグラスのデポジット込み)
【参加方法】「facebook」か、「こくちーず」で参加表明。

 

===6月23日 「日本酒片手に vol.3 〜蔵人を語ろう〜」===

左:『磐城壽』と鈴木大介専務、右:『玉川』とフィリップ・ハーパー杜氏

イギリス人杜氏として、また独特の酒造りと斬新なアイディアで、飲み手のみならず造り手にもファンの多い木下酒造のフィリップ・ハーパー杜氏。
野太い「海の男酒」を醸した海辺の町から、東日本大震災によって山間の町へ仮移転を余儀なくされている鈴木酒造店の専務・鈴木大介さん。
奈良県の梅乃宿酒造で、蔵人として先輩・後輩の間柄だった二人。震災の後、届いたハーパーさんからの手紙は鈴木さんを元気づけました。一緒に働いた当時のことや、その後の交流などを伺います。
酒造りの世界でも、杜氏制度や修行の習慣が形を変えつつある今、一般には見えにくい蔵人の生活や仕事の様子などは、飲み手の胸にも刻んでおきたいことがらかと思います。
【 日 時 】   2014 年6 月23 日( 月)、18時30分 ~21 時(18 時受付開始)
【 場 所 】  「3331 Arts Chiyoda」/ 東京都千代田区外神田6丁目11-14
【ゲスト】  フィリップ・ハーパーさん(木下酒造)、鈴木大介さん(鈴木酒造店
【参加費】  予約4,500円、当日5,000円
【参加方法】「facebook」か、「こくちーず」で参加表明。

お待ちしてまーす。


県のカラーを楽しもう。5月は群馬と長野。

群馬県と長野県、隣り合って、環境も似ているような……。
そんな2県のお酒を、今月は楽しめます。

山並みの元で醸される群馬と長野の酒

群馬名物の食べ物も楽しみ!

——5月14日(火)
『第3回ググっとぐんまの地酒祭りin椿山荘』(群馬県酒造共同組合主催)——

明日に迫った群馬県の酒蔵が一堂に介する「ググッとぐんまの地酒祭り」。チケットは締め切られましたが(4月26日、イープラスは5月9日)、行かれる方は、思いを馳せていらっしゃることと思います。

赤城山、榛名山、妙義山からなる上毛三山から、澄んだ伏流水が流れる群馬県。豊かな自然が生み出す清冽な環境と、酒造りに適した冬の寒さにも恵まれ、伝統を守りつつ、個性的な酒が生まれます。

県産酒造好適米の「若水」は、関東地方で初の酒米として平成3年(1991)に生み出されました(愛知県農業試験場にて開発)。心白の割合が多い大粒の品種です。

失礼を承知で例えると、群馬の酒蔵、と言われて、ぱんぱんぱん、と名前が出てくるというより、「あれも群馬」「これも群馬」と言われて、「そーだったんだ」というケースが多いのでは。実は人気蔵、注目蔵、たくさんあります。

群馬県酒造協同組合主催の会は、お酒はもちろんですが、食材を使った料理、物産品が味わえるのも楽しみなところですね。

*****『第3回ググっとぐんまの地酒祭りin椿山荘』*****

日 時:2013年5月14日(火) 18時30分~20時30分
場 所:ホテル椿山荘東京 5階「オリオン」
入場料:6,000円(イープラス5,500円)
■当日、アンケート回答者の中から抽選で大吟醸(720ml)が当たる(後日抽選後、発送)。
また、来場者全員に群馬の地酒(720ml)をプレゼント
問合先:群馬県酒造協同組合
 http://www.gunma-sake.or.jp/

<2013 参加蔵元一覧>

01)『町田酒造』『清嘹』町田酒造店    02)『結人』『桂川』 栁澤酒造
03)『聖』『関東の華』聖酒造       04)『大盃』牧野酒造
05)『船尾瀧』『霧の榛名』柴崎酒造    06)『巖』高井
07)『平井城』『手造りとうせん』松屋酒造 08)『鳳凰聖徳』『城下町小幡』聖徳銘醸
09)『秘幻』『浅間山』浅間酒造      10)『貴娘』貴娘酒造
11)『譽國光』『土田』土田酒造      12)『左大臣』『花一匁』大利根酒造
13)『水芭蕉』『谷川岳』永井酒造     14)『利根錦』『尾瀬のあわ雪』永井本家
15)『赤城山』近藤酒造          16)『分福』『男一心』分福酒造
17)『尾瀬の雪どけ』龍神酒造       18)『光東』『利根川育ち』山川酒造
19)『群馬泉』『淡緑』島岡酒造      20)『上州風まかせ』今井酒造店

 ——それでは、昨年の様子を。——

 

東京では合えないお酒に合うチャンス!

——5月15日(水)
       『第19回長野の酒メッセin東京』(長野県酒造組合主催)——

昨年の様子は、リポート(こちら)を見ていただくとして。

新潟県、兵庫県に次ぐ蔵の数の多さを誇る長野県だけに、会場は、そこここでファンと蔵元さんたちとが親しく話している姿も見かけられ、賑わっていました。

こちらは、5月15日(水)15時まで、イープラスでも買えますし(2,000円)、長野県酒造組合のHPから、告知画像をプリントアウトして持って行けば、前売りと同じ2,000円。着物ならさらに500円引き、と嬉しい企画になっています。

*****『長野の酒メッセin東京』*****

日 時:2013年5月15日(水)
1部:13時~16時 業界関係者(卸売業・小売業・飲食店他)のみ
2部:16時~20時 業界関係者(卸売業・小売業・飲食店他)と一般来場者
場 所:グランドプリンスホテル高輪地下1Fプリンスルーム
東京都港区高輪3−13−1 http://princehotels.co.jp/takanawa
入場料:前売券=2,000円(税込/イープラスで5月15日15時まで販売)
当日券=一般来場者:2,500円(税込)
業界関係者(卸売業・小売業・飲食店など):1,000円(要名刺2枚)
■当日、割引・返金あり!
DM(HPの告知画像をプリント可)持参→500円割引(前売り券持参は不可)
和服着用→500円割引、または前売り券持参の場合は返金。
DM(HPの告知画像をプリント可)持参+和服着用→1,000円返金
(料金はいずれも税込)
■来場者全員にオロジナル猪口(1個)プレゼント
一般来場者先着1,000名に「信州産びん詰なめ茸」プレゼント(16時~)
アンケートの回答者から抽選で15名に「北信州みゆき産幻の米10㎏」プレゼント
問合先:長野県酒造組合/長野県酒造協同組合
http://www.nagano-sake.or.jp/topics/
電話:026-227-3133 FAX:026-228-1855

<2013 参加蔵元一覧 >

長野・中野地区
01)  『若緑』今井酒造店     02)  『松尾』高橋助作酒造店
03)  『川中島』酒千蔵野     04)  『オバステ正宗』長野銘醸
05)  『信濃光』西飯田酒造店   06)  『北信流』松葉屋本店
07)  『米川』『豊賀』高沢酒造  08)  『渓流』遠藤酒造場
09)  『勢正宗』丸世酒造店    10)  『岩清水』井賀屋酒造店
11)  『水尾』田中屋酒造店    12)  『北光正宗』田中屋酒造店
13)  『志賀泉』志賀泉酒造    14)  『天領誉』天領誉酒造

佐久・上田地区
15)  『千曲錦』千曲錦酒造    16)  『寒竹』戸塚酒造店
17)  『深山桜』古屋酒造店    18)  『御園竹』武重本家酒造
19)  『明鏡止水』大澤酒造    20)  『亀の海』土屋酒造店
21)  『金宝芙蓉』芙蓉酒造    22)  『澤乃花』伴野酒造
23)  『本菊泉』橘倉酒造     24)  『佐久の花』佐久の花酒造
25)  『井筒長』黒澤酒造     26)  『亀齢』岡崎酒造
27)  『福無量』沓掛酒造     28)  『和田龍』和田龍酒造
29)  『真田六文銭』山三酒造   30)  『秀峰喜久盛』『梁山泊』信州銘醸

木曽・松本・北安曇地区
31)  『木曽路』湯川酒造店    32)  『七笑』七笑酒造
33)  『中乗さん』中善酒造店   34)  『大信州』大信州酒造
35)  『亀の世』亀田屋酒造店   36)  『山清』山清酒造
37)  『笑亀』笑亀酒造      38)  『美寿々』美寿々酒造
39)  『酔園』EH酒造      40)  『白馬錦』薄井商店
41)  『北安大国』北安醸造    42)  『大雪渓』大雪渓酒造

諏訪・伊那・飯田地区
43)  『麗人』麗人酒造      44)  『本金』酒ぬのや本金酒造
45)  『横笛』伊東酒造      46)  『真澄』宮坂醸造
47)  『神渡』豊島屋       48)  『高天』高天酒造
49)  『御湖鶴』菱友醸造     50)  『舞姫』舞姫酒造
51)  『夜明け前』小野酒造店   52)  『井の頭』漆戸醸造
53)  『信濃錦』宮島酒店     54)  『仙醸』仙醸
55)  『信濃鶴』酒造 長生社      56)  『今錦』米澤酒造
57)  『喜久水』喜久水酒造

去年の会からーー