「居酒屋甲子園」、決戦は木曜日

「居酒屋から日本を元気に」を掲げ、覆面審査もある本気のコンペ

不勉強でお恥ずかしい。「居酒屋甲子園」って、知ってました!?
私たちがいつも、さんざんお世話になっている、あの「居酒屋」さんの大競技会。今年でもう7回目になるのだそうです。

「なにを、どう競うんだ??」と思ったら、これが、限りなく“マジ”。

「ミシュラン」並みに覆面モニター調査はあるわ、勝ち抜いたらプレゼンテーションはあるわ、4回の予選を勝ち抜いてやっと決勝戦に到達できる厳しさなんです。
参加店舗は全国から1320店! そして、決勝に進めるのはわずか6店。そこにいるだけでもすごいこと、ほんとに名誉なことでもありますよね。


6回目の様子。ドラマチックです。

今年、第7回の予選審査は、2012年5月〜9月に行なわれ、そしていよいよ、11月15日(木)に決勝戦が行なわれることになったわけです。

プレゼンにも力が入る。肴やだんじ(福岡県)。

それぞれの審査がまた、徹底しています。

==【決勝進出選定基準】==

◇[1次予選] 2ヶ月間の覆面モニター調査(対象:全参加店舗)
◇[2次予選] 各地区にて1次予選通過店舗への覆面モニター調査(対象:上位10%)
◇[3次予選] 各地区にて2次予選通過店舗によるプレゼンテーション・書類審査(対象:上位30%)
◇[最終予選] 各地区にて3次予選通過店舗によるプレゼンテーション・面談審査(対象:上位)
◆【決勝大会】 上位6店舗によるプレゼンテーション  (店舗活動のVTRと活動内容の発表)

なんと言っても、居酒屋さんはお客さん相手のお仕事。お店がステージのようなものですから、みなさん、きっと、楽しいプレゼンテーションを見せてくれるのではないでしょうか。
ただし、審査の基準は、一筋縄ではいきません。

==【日本一の決定基準】 ==

「最も学びと気づきを与えた店舗。」

……「学び」と「気づき」を受け取ってもらう……、難しいと思いませんか。
単に、「おいしい」とか、「お酒の品揃えがいい」とか、「スタッフがきれい・かっこいい・優しい」とか、「清潔」とか……、そんな一言で語れることではないかもしれません。

しかも、投票は、来場者全員によるもの。ちょっと思いついて覗いてみた、そんなアナタにも1票を投じる権利が与えられているのです。そんな人にも、「学び」と「気づき」を感じてもらわなければならない。それができたお店のみが、最高峰の栄誉を得ることができる……。

2011年の優勝は「居心地屋蛍上人橋店(福岡)」。つまり「日本一の居酒屋」!

今年、決勝に進んだ6店舗は、プレゼンテーション順に次の通り。

■牛もつと大衆鉄板料理 炎丸酒場五反田店(東京都)
■居心地屋 蛍 上人橋店 (福岡県)
■心に花を咲かせる酒蔵 もんきち商店(北海道)
■魚沼釜蔵 総本店(新潟県)
■呑処 弦 (茨城県)
■もぢょい有限会社 幕張本郷店(千葉県)

「S-1」に感激した、または行きそびれたアナタ、「居酒屋甲子園」もぜひその目で見届けておきたいもの。


なんと、第6回のメイキング映像もアップされています。

第7回居酒屋甲子園 決勝大会
日時:2012年11月15日(木)、10:00〜16:00 (開場9:00)
場所:パシフィコ横浜 国立大ホール
入場料:一般 5,000円(税込)、参加店舗・サポーター 3,500円(税込)
※当日券は、空席のある場合のみ販売いたします。ご了承ください。

詳細:http://izako.org/
問い合せ:NPO法人居酒屋甲子園事務局TEL:03-3816-6880、
E-mail:izako(a)izako.org(”(a)”を”@”に)
または、HP内にお問い合せフォームがあります。

写真・動画提供:居酒屋甲子園事務局