「上方日本酒ワールド」、そして「大江戸日本酒まつり」

それは大人のための縁日

5月5日に行なわれた「上方日本酒ワールド」(左)と、10月6日に迫った「大江戸日本酒まつり」

ちょうど1週間後、東京・神田明神で「第1回・大江戸日本酒まつり」が行なわれます。
約2ヶ月前にそのことが発表されるや否や、参加表明が殺到しました。

というのも、この春、大阪天満宮で行なわれた「第4回・上方日本酒ワールド」に東京周辺から参加した人の多かったこと。その楽しさを知ってしまったから、なのです。
そんな矢先の開催発表ですから、大喜びしたのも分かりますよね。

10時スタートのチケットはほぼ完売のようですが、探してみる価値はあります。12時からでももちろん充分に楽しめます。ぜひ、ご一緒に。
最後に「大江戸日本酒まつり」の情報を載せてありますので、ご覧下さい。独自の趣向も考えているようですから、ますます楽しみです。

「上方日本酒ワールド」ワールド!

今年で4回目となる「上方日本酒ワールド」。

これはきっと楽しそう、と出かけて行ったのですが、予想を遥かに超えて楽しくて。これはなんなのだろう……、と思ったら、そう、縁日の楽しさなんです。しかも、大人ですから、お酒もアリ(こっちがメイン)。しかも、昼間です。

客として参加して楽しいのはもちろんですが、全国から集まってくれた飲食店、蔵元さんへの主催する側の心配りもすばらしいと、出店した方々の声が印象的でした。
出店する人たちが楽しくできるから、その楽しさが客側にも伝わるのだなぁ、と思った次第でした。

 

*****10月6日「大江戸日本酒まつり」*****

日 時:2013年10月6日(日)  10時〜16時30分(入場は10時、または12時)
場 所:神田明神境内
入場料:1,000円(参加、または協力飲食店で購入)
問合先:大江戸日本酒まつり実行委員会・日本酒虎の穴
・・http://ameblo.jp/ooedonihonsyu/ ooedonihonsyu★gmail.com(★→@に代えて) 

<<参加飲食店&蔵元一覧>>

(/の後は提供予定のメニュー)

01)「おふろ」「AMECOYA」「penguin pastry」&『新政』/
「砂肝とマッシュルームのコンフィ 蕎麦粉のパンケーキ添え」
02)「カイ燗」&『杉錦』/「3種のチーズのトルティーヤとロメスコソース」
03)「かんだ光寿」&『松の寿』/「蕎麦すいとん」
04)「神田新八」&『神亀』/「気まぐれブルーのベーコンチーズスフレ」
05)「高太郎 &『いづみ橋』/「讃岐メンチカツ」
06)「作」&『天穏』/「豚の塩角煮」
07)「蛇の市本店」&『玉川』/「築地大善鮪のホホ肉炭火焼」
08)「酒亭初乃」&『杜の蔵』/「秋鮭の燻製コロッケ」
09)「中井 玉寿司」&『悦凱陣』/「あん肝のペースト ブリュレ仕立て」
10)「日本酒バー酒趣」&『龍勢』/「牛頬肉の赤ワイン煮」
11)「にほん酒や」&『十旭日』/「自家製サイウアのグリル」
12)「門前茶屋」&『京の春』/「京の湯葉蒸し餃子 深川浅利餡がけ」
13)「ふしきの」〔BAR STYLE〕


「ZISHIN 揺るぎないジシン(のために)」写真展~明日まで

市民が撮った震災記録と笑顔の写真展に行ってきました

東日本大震災直後から、“日本酒を飲んで支援”の輪を広げている「日本酒義捐金プロジェクト」が主催する震災直後の現地の写真と、“飲んで支援”する人たちの写真を併せた写真展、「『ZISHIN 揺るぎないジシン(のために)』~市民が撮った震災記録と笑顔の写真展~」に行ってきました。


 

 

 

実は、「なぜ、『日本酒義援金プロジェクト』が写真展?」「なぜ、被災地の写真と宴会の写真?」と、ちょっと疑問符付きで会場に向かったのでした。

こちらから聞くまでもなく、日本酒義捐金プロジェクト代表の「いづみ橋」・橋場さんが話してくれました。

とあるお酒の席で、酒屋さんからある人を紹介されたのだそうです。それが「NPO法人20世紀アーカイブ仙台」という、以前から古い写真を集める活動しているNPO団体の代表の方。
その方自身は、幸いご無事だったのですが、震災当日にけがをされたそうです。被災地の写真を撮って残しておかなければと思うものの、けがのため動けない。そこで、写真を提供してくれるように呼びかけたところ、大量に集まったというのです。
3.11 市民が撮った震災記録」として、web上で公開されていますが、その写真を使った写真展を東京で開きたいと願っていたそうなのです。そう言われちゃあ、返す言葉は一つですよね。そして、さまざまな人の協力があり、今回の展示に。

まさに酒縁です。

「日本酒義捐金プロジェクト」としてやるのであれば、ぜひ支援した人たちの写真も展示したい、と募集したのだそう。集まった写真には、ボランティアで行った先で、被災された方々との再会を祝って心から酌み交わすお酒もあり、日々の苦労や不安、緊張が一瞬解とかれて優しい笑顔で酌み交わすお酒あり。辛い写真が並ぶ中で、お酒の力とはなにかを感じることができます。

スライドショーには、震災直後に酒屋さんが撮った「日高見」さんの蔵の写真もありますし、「日本酒義捐金プロジェクト」に応募してくれた写真それぞれの背景を知ることもできます。気に入った写真には「さかずきんちゃんシール」をぺたっ。
今日、明日しかありませんが、ぜひ足を運んでいただければ、と思います。