Vintage-sakeの味わい「熟成古酒ルネッサンス2013」

大きな声では言いたくないのですが、いま、最もコストパフォーマンスが高い、つまりお得なお酒はと言えば、熟成酒=古酒!

密かにささやかれているので、耳にしたことがあるでしょう。

そんな、いわゆるビンテージの日本酒が一堂に会する「熟成古酒ルネッサンス2013」の、東京で開かれる春の会が渋谷のシダックスホールでありました。これがただ事ならぬ盛況ぶり。ちょっと時間が経ちましたが、お伝えします。

知ったら奥深い熟成酒の世界!

解説がとても丁寧な当日のパンフレット。

搾ってすぐに瓶詰めした新酒、または秋上がりを、と、造った年のお酒をいただくことが基本となる日本酒では、前年度のお酒はもう古酒、熟成酒のカテゴリーに入ってしまいます。

寝かせるのが基本でヌーヴォーがイレギュラーというワインの世界とは反対です。

ウィスキーもワインも年を経るほどに味が乗って来て、お値段も乗ってくる。

それに対して、日本酒は時間が経ったらヒネてしまう、甘くてベタついている、と、まだあまり良くないイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、日本酒が熟成させることに向いていないかと言うと、決してそうではありません。常温でほったらかしでも良い仕上がりになるお酒もあれば、温度管理を徹底しておいしく熟成されるお酒もあります。

日本酒は、温度に気を使って、場所も取って、何年も寝かせているのに、新酒とあまり変わらない価格で売られていることが多いのが現状。

これが、「今、最も、コストパフォーマンスが高い」といわれるゆえんです。

だって、遠くない未来、きっと熟成酒の本当の価値が分かるようになります。
そうなったら………。

そんな陰の声が広まっていたのかどうなのか、この春、3月3日に長期熟成酒研究会の加盟蔵が開いた「熟成古酒ルネッサンス2013」は、これまでにない賑わいぶりでした。2回の入れ替えで600名を越える来場者だったそうです。
みなさん、本当に楽しそうに、おいしそうに熟成酒を味わっていらっしゃいました。

たくさんの方に来ていただいたもう一つの理由は、今回、酒屋さんも出店に加わり、自慢の自家熟成酒を出品したことでしょう。

同協会は、酒蔵だけでなく酒販店さん=酒屋さんも加盟していると言う珍しい団体。それだけ、今までマイナーな(失礼……)位置にいた熟成酒を応援したかった、ということでもあるかもしれません。

「こんなにおいしいのに、なぜ広がらないんだろう」と、誰もが思っていた。

日本酒自体の全体的な盛り上がりに加え、直接、エンドユーザーと接する酒屋さんからの呼びかけは、日本酒ファンに響いたようです。来場者数も多かったけれど、なにより、若いお客さんが多い!

この反応に、今まで普及活動に努力してこられた会員の方たちの嬉しさといったら。この明るい顔、顔、顔……、見ているこちらも嬉しくなって。

長期熟成酒研究会のみなさん(一部)

では、盛会だった様子をご覧下さい。

< 参加蔵元一覧 >

01.『南部美人』南部美人(岩手県)  02.『一ノ蔵』一ノ蔵(宮城県)
03.『秀よし』鈴木酒造店(秋田県)  04.『花垣』南部酒造場(福井県)
05.『雪の茅舎』齋彌酒造店(秋田県) 06.『麗人』麗人酒造(長野県)
07.『東光』小嶋総本店(山形県)   08.『梁山泊・喜久盛』信州銘醸(長野県)
09.『初孫』東北銘醸(山形県)    10『達磨正宗』白木恒助商店(岐阜県)
11.『朝日川』朝日川酒造(山形県)  12『黒松翁』森本仙右衛門商店(三重県)
13.『奥の松』奥の松酒造(福島県)  14.『龍力』本田商店(兵庫県)
15.『東力士』島崎酒造(栃木県)   16.『葵鶴』稲見酒造(兵庫県)
17.『甲子正宗』飯沼本家(千葉県)  18.『黒牛』名手酒造店(和歌山県)
19.『岩の井』岩瀬酒造(千葉県)   20.『五橋』酒井酒造(山口県)
21.『木戸泉』木戸泉酒造(千葉県)  22.『獺祭』旭酒造(山口県)
23.『麒麟』下越酒造(新潟県)    24『杜の蔵』杜の蔵(福岡県)
25.『福正宗』福光屋(石川県)    26『天吹』天吹酒造(佐賀県)

< 参加酒販店一覧 >

01.おけい茶屋 熊谷商店(宮城県)     02.澤田屋酒店(栃木県)
03.大黒屋酒店(栃木県)       04.さかや栗原(東京都)
05.たけくま酒店(神奈川県)     06.あいちや(神奈川県)
07.望月商店(神奈川県)       08.酒舗よこぜき(静岡県)
09.中畝酒店(京都府)

 


丸の内で楽しんだ、浴衣で夏酒

 新丸ビルを浴衣でジャック!?

昨年末に行なわれた、「日本酒と着物100人女子会」が大盛況で幕を閉じ、期待しましたよね、次は?って。

ちゃんと期待に応えてくださいました、
あおい有紀さん×福山亜弥さん×save sake projectさん。

そして8月11日、行なわれたんです、
「夏酒meetsゆかた女子~負けるな紫外線!逃すなビタミンC!夏野菜料理と爽やかな夏酒で涼を呼び込む!!」

……、このタイトル……、
イベント・タイトルの長さに命をかけている?若手蔵元の会も負けそうな勢いですが、浴衣で楽しむ夏の会は、やっぱりテーマは紫外線!! だいじですね。

「陸奥八仙」vs「紀土」©save sake project

今回のゲスト=お酒の提供は北から「陸奥八仙」の八戸酒造さん・駒井専務、西から「紀土」の平和酒造さん・山本専務という顔ぶれです。

男性も浴衣姿というだけで、リラックスして見えるから不思議です。山本専務も、次回はぜひ、浴衣で……ね。©save sake project

多勢な女子に囲まれて、かな〜り緊張気味だったという山本専務(左)ですが、さすがにお酒の説明は慣れたものです。駒井専務は、リラックスムードの中にも、お酒の説明になると力がこもります。

今回のラインナップ
■紀土 【和歌山県 平和酒造株式会社】————–
「紀土 特別純米酒 夏ノ疾風」日本のうっとうしい夏を吹き飛ばす爽快感
「紀土 純米吟醸酒 Shibata’s」蔵に寝かせてあるお酒。中取り原酒を1年半寝かせた
「鶴梅」(「天下御免」(優勝)をとった柚子リキュール)
「紀土 純米酒」和歌山の風土を表現し、米の甘みも感じさせる
■陸奥八仙 【青森県 八戸酒造株式会社】———–
「陸奥八仙 夏吟醸生酒」夏酒 13度程度の軽快なお酒
「陸奥八仙 純米大吟醸 華想い40」蔵に寝かせてある酒
「陸奥八仙 赤ラベル特別純米無濾過生原酒」看板商品のお酒をフルーツと共にカクテルに。
「陸奥八仙 いさり火純米火入れ」純米酒 辛口タイプで魚介類に合う飲み飽きしないタイプ

乾杯!©save sake project
今回も息のあった楽しい司会のあおい有紀さん(右)と福山亜弥さん

それぞれでもお酒の会を企画、運営しているお二人が組む,最強のこのシリーズ。参加者に負けず、楽しそうなやり取りが、いっそうお酒やお料理を引き立ててくれます。

酒縁友達の多いあおいさん。今回もお友達が参加。
お、これは、ぴょんぴょんマークのお猪口!©save sake project
右奥はドレープのような生地がユニークな着物姿の井上さんとこの後も所用ありというWヘッダーの花登さん。今回はちらほら男性陣の顔も。
実は「陸奥八仙」も「紀土」も初めて、というお二人。facebookでイベントを見かけ、新たなお酒との出合いを楽しみにして訪れたと、嬉しいお言葉!
シュハリの野菜セットなど、今回も豪華なプレゼントがもりだくさん。
もちろん!musmus自慢の蒸し野菜も。©save sake project

不肖、伝々、所用有りで途中退場いたしました。 見とかなきゃいけなかった、夏のケア。いや、飲みたかった!食べたかった!………

また、やってくださいね、あおいさん、亜弥さん、save sake projectさん!

 

 

 


SAKE日和 「五橋day」at Sake Hall

酒日和、「SAKE日和」に乱入

またしても、遅れ遅れのイベント報告。

今回は、銀座のSAKE HALLで行なわれている「SAKE日和」(あ、なんだか親しみが……)の6回目、山口県の「五橋」、酒井酒造さんの回をリポートしてきました。

「普通にお客さんとして参加していいよ」という優しい元締めのお言葉に甘えて、注がれては飲む……。いかん、いかん。「飲まなきゃ分からないでしょ」。それもそうなんだけど……、注がれては飲む。
酒宴が終わってからのインタビューもあり、宴の中でのコメント取りもあり、レコーダーを再生して赤面どころか真っ青です。
関係諸処の方々、ご無礼をお許しください。

さすがに6回目ともなるとすっかり定着していて、45名の定員に、参加者は52名! リピーターも多いようで、奥の一番広い個室も利用しての開催、と、大人気です。

司会のあおい有紀さんと「五橋」の社長&専務との息もぴったり。52人という大人数ながら、なんだかこぢんまりした雰囲気が、またいいんですね。

次回は2月5日(日)、最終回。奈良の「春鹿」今西清兵衛商店さんです。
……う〜〜ん、行きたい!

 


日本酒と着物 100人女子会

※末尾に情報を追加しました。12月2日

アナウンサーのあおい有紀さんと女優の福山亜弥さんが、一緒にイベントを開催!

日本酒イベントに欠かせないお二人で、男性陣、大喜び、とは思いますが、残念、
今回は女子会。お二人の美しさ、女子力の秘密は日本酒にあり。
女性のみなさん、盗ませていただきましょう!
================================

クリスマス直前!女子力アップ
日本酒と着物 100人女子会

日本酒と共に日本文化を学び、女子力をアップ、そして、酒蔵を支援しよう。味と知と美を贅沢に吸収する、そんなイベントを、クリスマスも近い12月17日(土)に開催します!
パーソナリティには、日本酒を愛し、広める活動をしている、アナウンサーのあおい有紀さんと、女優の福山亜弥さん。一年の終わりに、日頃から日本のお酒、食文化の魅力、お酒と料理のマリアージュなどを伝えているお二人と、盛大な女子会をしましょう!

◆ 概要
・    日 :2011年12月17日(土)
・  時間:14:30~17:00(
受付14:20〜)
・  場所:酒蔵レストラン「宝」(有楽町 国際フォーラムB1)

◆お酒と料理と着物
・  定員:100名
・  会費:¥6,000
…………‥¥9,000 (着付けプラン)
…………‥…‥(着付けを3,000円で! 事前予約の上、当日は着物を持参)
…………‥…‥(協賛:花京都きもの学院

——プログラム例——
・  日本酒と料理のマリアージュ、日本酒スイーツを味わう
・  着物の所作指南〜魅力ある着物での立ち居振る舞い、作法、所作など
・  若き蔵元、杜氏による酒造りトークショー
・  美容グッズミニ体験
・  大抽選会~浴衣3点(協賛:KIMONDOU.JP)、有機野菜セット10セット(協賛:シュハリ株式会社)、VICHY CATALAN 6本(協賛:YAYOI SPAIN JAPAN)、携帯電動ハブラシ10本、他、日本酒、日本酒化粧品など

——レクチャー——
蔦洋子:フードアナリスト1級。講師や執筆などのほか、屋台村出店のアドバイザーなど幅広く活躍。

——参加酒蔵——
永井酒造(群馬県)/福光屋(石川県)/ハクレイ酒造(京都府)/成龍酒造(愛媛県)

——パーソナリティ——
あおい有紀:
‥‥アナウンサー。フードアナリスト1級、利き酒師、焼酎アドバイザーなどを取得。『アナウン酒サロン☆』 、『SAKE 日和♪』 を主催。http://ameblo.jp/blue-snow927/
福山亜弥:
‥‥女優。利き酒師。『ほっこり利き酒会』『聴き酒夜話』『一日女将』などを、主催、開催。http://ameblo.jp/aya-fukuyama/
=====================================

◆協力・協賛
協力蔵元(北から順に出品予定酒一例):
永井酒造「水芭蕉」/福光屋「加賀鳶」/ハクレイ酒造「生姜スパークリング」、日本酒スウィーツ/成龍酒造「伊予賀儀屋」
協賛:
kimondou.jp 、シュハリ株式会社 、YAYOI SPAIN JAPAN
=====================================

◆イベント参加のお申し込み方法
・facebookから:Save Sake Project のFacebookページ(www.facebook.com/savesake)‥‥左側のイベントタブから「出席する」をポチ!
・twitterから:@savesakeprojectにDM
・mailから:savesake*gmail.comへ(「*」を「@」にして送信)
いずれも事務局より、追って折り返しご連絡をさせて頂きます。

◆問い合わせは
Save Sake Project「日本酒と着物100人女子会」事務局savesake*gmail.com まで。
=====================================

save sake project
「またみんなで おいしい日本酒を飲もう!」
蔵元が多い被災地、その地域への支援を日本酒でつないでいくプロジェクト。蔵元だけでなく、その地域の人々へも支援を行なっていきます。今回は『save sake』の解釈を広げ西側にも目を向け支援します。
=====================================

 

 

※当日、着付けを予約されている方は、着物に加え「長襦袢とタオル3枚」をご持参ください。
※イベントのチラシができました。お二人が盛りだくさんのプランを語っています。ぜひご覧下さい。
日本酒と着物100人女子会ちらしPDF