日本酒の元旦「サケおめ!」で乾杯!

「さかずきんちゃん」で日本酒の新年をお祝い。
Sake New Year」より

日本酒の元旦は7月1日です。

今日は、7月1日。日本酒の世界では元旦です。

まず、「日本酒の日」といえば、「10月1日」、ですね。
少しずつですが、定着してきたこの日は、かつて10月1日〜9月30日が1年間だった醸造年度/酒造年度の1日目、ーーつまり1月1日、元旦。
酒税法(当時の酒造税法)で、このことが定められたのは、明治29年(1896年)のことです。当時は、酒造りが始まる時期、として10月1日が年度始めとなったと言われています。干支の10番目、酉に当たり、「酒」の字に準ずるから、ひやおろしの時期で秋あがりしたおいしいお酒が出回るから、など、諸説もあるようです。

そして、昭和40年(1955年)から、酒造年度は7月1日〜6月30日となりました。
その年に収穫されるお米を使って仕込むことになりますから、原料となる米の割り当てが決まるこの時期を1年の始まりとすることになったのでした。
今となっては、酒造りのスタートが早まっている現状をカバーしています。

日本酒で、銘柄の後につく「BY」=「Brewery Year/Brewing Year」は、この日を境に年度が変わることになります。

そこで、日本酒の元旦をみんなで、それぞれの場所で、祝おう!という提案が。 20時には、みんなで、乾杯!「サケまして、おめでとうございます!」

……2日には「初売り」があったら、嬉しいなぁ。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>