支援続行! 「ファイト!日本 日本酒義援金プロジェクト」

寒い冬に向かう今、改めて、必要な支援を。

去る10月19日、「ファイト!日本 日本酒義援金プロジェクト」の中間報告記者会見と、ハーフタイム宴会が開催されました。

「ファイト!日本 日本酒義援金プロジェクト」は東日本大震災の衝撃がまだ癒えない4月初め、「何かしなければ」と考えた神奈川県の蔵元や酒販店の数人が集まり、立ち上げられました。4月12日には記者会見を開き、その時点で参加していたのは、蔵元25社、酒販店35店、飲食店44店でした。

スタート時は神奈川県内だけだったとはいえ、業種を越えての協力は画期的なことです。さらに蔵元、酒販店・問屋、飲食店の三者と、最後にお酒を飲む消費者・愛飲家が当分に負担し合うという仕組みが秀逸なのですが、その反面、少々分かりにくい部分もありました。今ではすっかり浸透していますね。参加されている蔵元さんやお酒をいただいてシールをもらった酒ファンの方も多いかと思います。

システムにも慣れ、改めて記者会見とキックオフ宴会を開いた5月11日には、全国的に支援の輪が広がっていました。そして、スタートから約5ヶ月、9月27日の時点で、日本酒造組合中央会と赤十字社に総額1002万円が届けられました。

そして、約半年経った10月19日現在では、参加する蔵元62社、酒販店300社、飲食店471社という数に上っています。

今回の記者会見、及びハーフタイム宴会と名付けられた会は、ますます支援が必要な被災地の現状を鑑みて、当初9月末を持って終了を予定していたプロジェクトの継続と、新たに義援金の送り先に「あしなが育英会」が加わった事が報告されました。そしてそして、愛飲者が1杯飲むごとにもらえるさかずきんちゃんシールには、金と銀が加わりました。

以下は、ハーフタイム宴会の様子です。

私、伝々が出席できなかった記者会見の様子は、オフィシャルカメラマン、室園淳さんのサイトをご参照ください。日本酒造組合中央会から岡本副会長、「あしなが育英会」から束田さんが説明や支援への感謝の言葉、そして、まだまだ厳しい現状が語られたようです。

ずらりと並んだ参加蔵元のお酒。
事務局長の泉橋酒造・橋場社長と事務局の面々。
頼もしい美女応援団。
「五月の会に来られなかったので、今回は絶対に参加をと思って来ました」と、島根から旭日酒造・寺田さん。
さかずきんちゃんの作者と、キャラクターのモデルとなった妹さん。   イラストにそっくり!

 

この勢いで支援の輪を広げよう!

支援続行! 「ファイト!日本 日本酒義援金プロジェクト」” への3件のコメント

  1. 当日は美味しく楽しいひと時をありがとうございました。
    一人一人では小さなことしか出来ませんが、ああして多くの方々が集まれば、少しずつ色々なことが出来るのではないかと思いました^^。

    • 伝々です。コメントをありがとうございます。全国の蔵元さん、酒販店さん、飲食店さん、そして、愛飲家の方が少しずつ寄付をして、その結果の1,000万円! 苦労した人の努力も実り、苦しむ人たちが少しだけでも楽になる。まだまだ先は長いですが、一緒に応援し、支援を続けて行きましょうね!

  2. 当日はありがとうございました。酒の愛飲家の皆さんから居酒屋さん、お酒屋さん、蔵元のつながりを通して少しずつでも被災地支援をしていければと思っています。今後ともよろしくお願いします。

    ファイト!日本
        飲むたびにわき出る元気を被災地へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>