京都・丹後で酒蔵ツーリズム!—part1:ハクレイ酒造

スイーツもお酒も、と欲張りな人にぴったり。

白嶺ロール(左)と蔵ロール。 

「ケーキ屋さん?」−−−−そう思われたかもしれませんね。

スイーツショップ&カフェ、ではあるのですが、実は甘党の対極、「酒呑童子」の銘柄を持つ左党のハクレイ酒造さんに併設するカフェ、「蔵Sweets HAKUREISYA(白嶺舎)」です。

「——併設の」、と片手間のように言って済ませられないほど、本格派なのです。昨年、2012年7月にリニューアルオープン(オープンは2010年7月)したスイーツ充実カフェ、となれば、日本酒女子、……スイーツ男子も見過ごせません。

先日、酒蔵取材で京都・丹後地方へ行く機会があり、そこまで行ったら、ぜひ、お寄りしたい、とお問い合せをして、伺わせていただきました、ハクレイ酒造さん。

京都・丹後と言えば、ハクレイ酒造さんからは日本三景の一つ、天橋立がすぐ近く。家と船着き場が一体化した伊根の舟屋など、見どころも多い場所。

酒蔵をベースに地元の観光地を訪ねる。

あら、これこそ、「酒蔵ツーリズム」ではないですか!

 

1832年創業の歴史を持つハクレイ酒造さんは、京都の日本海側、京都府宮津市の丹後由良にあります。北側には日本海が広がり、南には丹後半島の根元で東西に連なる大江山連峰(833m)の由良ヶ岳(640m)がそびえるという美しい環境に囲まれてお酒を醸す蔵です。

赴きある創業時からの蔵

大江山連峰の湧き水を利用して、米と水と人との調和を大切にした酒造りを行ない、「白嶺」という銘柄名も、雪をかぶった由良ヶ岳を表したものだそうです。

また、森鴎外作『山椒大夫』の一節、『安寿と厨子王』伝説の舞台も、この由良の浜だったのです。遥か昔に教科書で読んだお話、「安寿恋しや、ホゥヤレホ、厨子王恋しや、ホゥヤレホ」と謡う母の声を聞きつけて再会を果たした下りが、急に甦ってきました。

そして、気になる?「酒呑童子」というものは、平安時代に大江山辺りで暴れ回ったオニの頭領だとか。やっぱり辛口が似合う……でしょうか。

天橋立。
伊根の舟屋。

今回は残念ながら着いた時には既に薄暮。周りの景色を楽しむ間もなく、駆け足で見学させていただいたのでした。ありがとうございました。

夕方に着いたせいか、明るい時間でもきっとそうなのだと思うのですが、細い道を挟んで黒い板壁の建物が並ぶこの一画は、風情があってとてもすてきでした。

創業時に建てられた趣のある「天保蔵」。この一部が、「天の蔵」としてショップや蔵見学のスペースとして利用されています。

  

 

今回、丹後地方に行くことになったのは、京丹後市の『玉川』醸造元・木下酒造さんへ、5年ぶりにイギリス人杜氏のフィリップ・ハーパーさんを訪ねるためでした。

実は木下酒造さん、日本酒ソフトクリームも人気なのです。ハクレイ酒造さん、木下酒造さんでお酒&スイーツをハシゴ。日本酒女子、スイーツ男子にも魅力ですね。

パート2では、木下酒造さんとその周辺をお届けします。

入り組んだ山脈の間を縫うように走り、急に視界が開けたと思えば目の前に日本海が広がる北近畿タンゴ宮津線。この路線上にある2つの酒蔵はとても個性的で、観光にも魅力的な見どころが豊富。今回は時間切れで辿り着けませんでしたが、食も豊かです。(……ここまで来てカニにありつけなかった……)。

ぜひたっぷり時間をとって訪れていただきたい。伝々、後悔を込めてお勧めします。

 


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>