酒器自慢、届きました!

にわかに盛り上がる器の話

facebookで、すてきな漆器を紹介してくださった渡邊 眞也さんが、満を持して?投稿してくださったのは、唐三彩を思わせる器。色合いも味がありますが、細やかな細工に、つい凝視してしまいます。

実は、渡邊さんは、以前、「五橋」酒井酒造さんがSAKE HALLでイベントを行った際にmyお猪口持参で参加されていた方です。 酒井社長が酒器に造詣が深いということをご存知で参加されたといいますから、こだわり具合も察せられますね。

 

それでは、渡邊さんご自身からの解説です。

〜〜〜*〜〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜

色合いもデザインもすてきですね。

酒呑みの作るぐい呑みは、やはり酒が旨い。

特にこの加藤清和さんという京都の陶芸家の作るぐい呑みで飲む酒は旨い。

しかし、このぐい呑みは酒を選ぶ。「辛口の冷酒」。

裏もぜひ見ていただきたい、と。

加藤さんが好きなタイプの酒をこのぐい呑みに入れて飲むと、甘みは抑えめに、酸の切れ味がよくなる。

何より美しい。

使い続けると貫入に酒が染み込み、ぐっと落ち着いた様子を見せていく。その変化を楽しむために、つい飲み過ぎてしまう。

 

〜〜〜*〜〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜

存在感のある器ですよね。
飲み過ぎるのは器のせい、だけでしょうか。
きっと一番お気に入りのお酒を選んで飲みたくなる、そんな器、なのではないでしょうか。

 


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>