日本酒をおいしく提供するために

下段はテイスティング競技会で決勝に残った8人と「飲食店日本酒提供者協会」理事長(右)、松崎晴雄さん(左から5人目)。優勝した笠原佑介さんは左から6人目。

飲食店主らが自ら動き出した

日本酒を扱う飲食店が急増している昨今。日本酒ファンとしては嬉しい現象です。が、それらが全て本来の味で提供されているか、ちょっと不安に思うこともあります。

日本酒に興味を持ち始めたばかりといった人たちには、特に飲食店で味わうお酒が情報源の多くを占めることになります。そこでおいしいお酒に出合えるか否かは、重要なことですよね。お酒がちゃんと適正な状態で保存され、お酒を活かす方法でサーブされたか、その意識が高いお店&高いスタッフと出会うか、それは、飲み手である私たちはもちろんですが、送り出している酒蔵にとってより気になる問題でしょう。

酒蔵が丹誠込めて醸した日本酒を、正しい知識を持って、最良の状態で客に提供していくためにと、もともと日本酒に力を入れて提供している飲食店主や従事者有志が自ら動き出し、2013年9月17日に結成された「飲食店日本酒提供者協会」。結成以降、日中や仕事の終わった深夜など、勉強会、情報交換などを重ねています。

いずれは、日本酒を保管、提供する際の基本要項や注意点などをマニュアル化し、資格システムの整備までもって行こうというものです。

そして、協会の設立発表を兼ねて、先月、初の協会主催イベント「SAKENOVA サケノバ」が行なわれました。

一般消費者向けの試飲会と、日本酒を扱う店主やスタッフなど、従事者向けの日本酒テイスティング競技会の2本立てで行なわれました。

2部制で行なわれた試飲会は、早い時期にチケットが完売し、合計で700人も訪れたそうです。試飲用の盃には、このブログでもご紹介したカネコ小兵製陶所さんの「ミニ一献盃」4種類の中から選ぶことができました。加えておつまみには、生ハムや馬肉、カナッペにおかき、という、ユニークなセレクション。新鮮な驚きもあり、食べ合わせも楽しめました。

その同じ頃、日本酒を扱う飲食店スタッフの方たちが、きき酒のコンテストに挑んでいたのでした。待合室代わりの廊下では、飲食関係の仲間と談笑したり、楽しそうな会話も聞かれましたが、すでに緊張感が伝わってきます。中に入るとそれぞれが神経を集中させて、お酒と向き合っています。そして、栄えある第1回の受賞者は、2位が梶川大輔「大塚 地酒や もっと」勤務、1位 笠原佑介「丸八 高田馬場本店」勤務。

お馴染みのお店の方もいらっしゃるとは思いますが、せっかくの機会なので、試飲会場の日本酒ファンと、競技会々場にいる飲食店関係者の両者をリンクさせるタイミングがあっても楽しかったのではないかな、とも思いました。

————— 「SAKENOVA サケノバ」 —————

【日 時】2014年5月25日(入れ替え制)
・・・・・1部=13:00(12:45開場)〜15:00、2部=16:00(15:45開場)〜18:00
【場 所】渋谷・シダックスビレッジ2F

<<2014 参加蔵元一覧>>

01)『陸奥八仙』(青森県) 02)『阿部勘』(宮城県)
03)『乾坤一』(宮城県)  04)『ゆきの美人』(秋田県)
05)『新政』(秋田県)   06)『春霞』(秋田県)
07)『一白水成』(秋田県) 08)『白瀑』(秋田県)
09)『冩樂』(福島県)   10)『一品』(茨城県)
11)『来福』(茨城県)   12)『浅間山』(群馬県)
13)『巌』(群馬県)    14)『結人』(群馬県)
15)『屋守』(東京都)   16)『鶴齢』(新潟県)
17)『遊穂』(石川県)   18)『亀齢』(長野県)
19)『福無量』(長野県)  20)『秀峰喜久盛』(長野県)
21)『三千櫻』(岐阜県)  22)『開運』(静岡県)
23)『忠臣蔵』(兵庫県)  24)『神結』(兵庫県)
25)『龍力 』(兵庫県)  26)『雨後の月』(広島県)
27)『富久長』(広島県)  28)『賀茂金秀』(広島県)
29)『天寶一』(広島県)  30)『宝剣』(広島県)
31)『美和桜』(広島県)  32)『寿喜心』(愛媛県)
33)『亀泉』(高知県)   34)『南』(高知県)
35)『七田』(佐賀県)   36)『鍋島』(佐賀県)


「伝統の今を楽しみ、伝える」イベント直前インタビュー

宮坂勝彦さん(左)と吉田泰之さん。同い年の二人、なんとなく似てます

 日本酒と音楽、映像のコラボ、新しくて実はトラディショナル。

今回のイベントで主軸となるのは、『手取川』吉田酒造店の吉田泰之さん、『真澄』宮坂醸造の宮坂勝彦さんというお二人。共に酒蔵に育ち、酒造りを見て、海外営業の立場から世界での日本酒の状況も身を持って感じてきました。その上で一番飲んでもらいたい同年代に向けて提案したのは、クラブイベント。その背景を伺いました。

——「いいね!日本酒。」として初めてのイベントを引き受けていただき、ありがとうございました。最初に、ご参加いただいている吉田酒造店さんにご相談させていただいた訳ですが、どう思われましたか。

吉田さん 一回目か、とプレッシャーも感じましたが、これはやるしかない、と思いました。そして、何かとコラボをするという発想に立って考えたら、誰かと組んだら、もう少し幅広い世界にアピールする機会にできる、と思ったんですね。

宮坂さんとは海外営業の場など仕事で一緒になる機会も多いし、年も同じでフィーリングも合う、一緒にいて居心地が良いんですね。これからも一緒にイベントなんかをやっていきたいと思っている。実は、一度、ロンドンでやろうという機会があったんですが、忙しさに追われて実現せずに終わってしまったんです。

今回はたまたま時間も取れそうだ、ということで、宮坂さんに声をかけたら、宮坂さんも『やろう、やろう』と言ってくれたんです。

ーー宮坂さんは、そんな話を持ち込まれて、どう思われましたか。

宮坂さん ぼくも、これまでとは違う形でお酒を紹介していきたいと思っていたところでした。今、僕が考えているのは、お酒を元の場所に戻そうということなんです。どういうことかというと、僕の中ではそれは「祭り」なんです。昔って、神社の例祭などで行なわれる祭りは、ハレの日で非日常ですよね。みんな楽しみに待っていて心から楽しんでいた。けれど、今はそれが形骸化している部分も感じられます。

そして、現代では、若い人たちにとって祭りに代わるものがミュージック・フェスなんかじゃないか、と思うんです。自分が音楽が好きだからではあるけれど、自分でもフェスに行ってみて、昔だったら、こんな気持ちでお祭りの神楽を楽しんだりしてたんじゃないか。そして、そこには必ずお酒があった。

それだったら、人が集まって楽しむ場所にお酒を持っていかなくちゃいけない、と思っているんです。フェスや音楽イベントの場にお酒、日本酒を持って行こうと。

もちろん、お酒そのものを味わう、芸術的においしいお酒、というものも良いんだけれど、ハレの日、人々が楽しむ場にいつもあって、場を盛り上げる助けとなっていたお酒、という存在を、もう一度、認識することも大切じゃないかと思うんです。

ワインに見習うのもいいけれど、それだけだと本来の日本酒と違うかな、と。

——先日、長野県で行なわれている大きなフェスティバル「TAICO CLUB」でも出店していましたね。

「TAICO CLUB」での『真澄』ブース。大賑わい!(写真提供:宮坂醸造)

宮坂さん なるべく県内で行われるミュージック・フェスには、出店しようと思っているんです。自分もよくフェスなどに参加するんですが、ビールや焼酎=サワーはあるけれど、日本酒ってほとんどないですよね。あったとしても大手ブランドで、その土地のものにこだわっていることはほとんどない。

だけど、せっかく長野に来てくれたんだから、長野のお酒とともに音楽を楽しんで、長野の空気を楽しんで帰ってもらいたい。新潟に行ったら新潟の、山梨に行ったら山梨のもの、それぞれのお酒を味わって盛り上がりたいですよね。

どこかで読んだんですけれど、「歌」「踊り」「酒」を持たない民族はない、と。この3つはどの民族にとっても根源的なものなんです。そして、この3つを切り離して考えるのは不自然なことなんだと思います。

だから、「クラブで日本酒」って、新しいようだけど、実は原点帰りなんです。

太鼓DUBのライブと、DJの2ステージあり。見逃さないよう、早めのご来場を。

——今回、出てくださるDJ JURIさんも、和太鼓という日本の伝統的な楽器を扱いながら、今の時代に訴える音楽を作っていらっしゃる。思いは同じところにありますね。

宮坂さん 海外から来る人たちも先の話と同様で、味にしても文化にしても、日本独自のものを楽しみたいと思って来られるわけです。だから、彼女の作り出す音楽は、伝統的であり現代的で、海外の人たちにも受け入れて楽しんでもらえると思うんです。大切なのは、伝統を「守る」のではなくて「楽しむ」こと、だと思うんです。

DJ JURI

——確かに、伝統をそのまま受け継ぐことも大切ですが、それを現代に則して作り上げたオリジナルなものは、伝統が現代に生きている証でもありますね。

一方、吉田さんは、今回、御社の酒造りを撮影したドキュメンタリー映画と、その監督の作品を紹介してくださるわけですが、予告編といえども、お酒が飲みたくなりますよね、ぜったい。どんないきさつだったのですか。

吉田さん エリック・シライ監督とは、たまたまNYで行なわれた映画の試写会で僕がお酒をサーブする機会があり、知り合ったんです。ちょっと面白い表現をして、その中で人の感情をしっかり追っかけてる人だと思いました。そうしたら、監督から「酒蔵や蔵人の生活を撮影したい」という依頼が。これは、「嬉しい」と思う反面、酒造りを知らない外国人の監督ですから、「リスクもある」と簡単にOKは出せませんでした。

映画のスチール写真より。美しい映画になりそうです。(c)Erik Shirai

だけど、お酒を好きな人ほど同じような撮り方になりがち。逆に、監督がどんなところを切り取るのか、アートや人物を追いかけている監督が撮ってくれるものは、きっと僕が伝えたかったものにより近いんじゃないか、という思いが強くなったんです。

蔵での酒造りって、人の和だったり価値観だったり、蔵独特の世界観があるんです。半年間、男だけで泊まり込んで家族のように生活して酒造りをする。汗臭い、でもそこには友情があったり、助けあいがあったり、けんかがあったり……、不思議な世界観がある。そこを撮ってもらいたい、それを伝えてもらいたい。

そういうところって、外の人は絶対に見られないものですよね。蔵見学に来ても見られるのは造りの場所だけ。少なくとも研修などで数カ月泊まり込まないと見えてこないものです。でも、それは何らかの形で残しておかなければならないな、と自分が造りに入るようになって、強く思っていたところだったんです。

完成したとの報も届いた「THE BIRTH OF SAKÉ」。当日は予告編を上映。

今、杜氏制度も転換期に入っていますよね。杜氏がいなくなって社員化する、蔵元自らが杜氏を務める、と、スタイルが変わって来ている中で、ウチの蔵は昔ながらの旧き良き杜氏制度での酒造りがまだ残っています。しかし、ウチも変わらないとは言えない。今、撮っておかなければ、という気持ちが強かったんです。それをシライ監督に撮っていただけるというのは、嬉しいことでしたね。

——吉田酒造店さんには、賄いの方も引き連れて能登から大挙やってくる、ある種、伝統的な要素が豊富に残っていますから、貴重なドキュメンタリーであり、アート作品としても楽しめそうです。期待が膨らみます。ありがとうございました。

まだ、20代の彼らから見た日本酒と酒造りの世界。クラブで、DJが入って、アート映像を上映して……、自分たちの一番好きなもので日本酒を楽しんでもらおうという今回のプログラムの中に、実は、ちゃんと伝統を受け取って、彼らなりの手法で時代の中に刻んでいこうとしている姿が見えました。

前回記事 http://denden.sakefan.net/?p=3491

facebookイベントページ  https://www.facebook.com/events/463450587122431/


6月は「日本酒フェア」を中心に。

1日過ごすつもり!?で行きましょう!
*「日本酒フェア」内ミニセミナーのスケジュールを追加しました。2014年6月10日

 

6月はイベントが山盛り!

5月に行なわれた「全国新酒鑑評会」を受けて行なわれる「日本酒フェア」に全国から蔵元さんが集まることから、その前後には大きなイベントも続いて、ちょっと浮き足立っちゃいます。

(小さなイベントもありますので、よろしく♪)

「日本酒フェア」だけをとってみても、1日いても飽きないほど、内容豊富で様々なプログラムが行なわれています。
蔵元さんも揃う47都道府県のブースが並び、各蔵入魂の鑑評会出品酒を試飲、セミナーに参加、などなど、やることがいっぱいなので、たっぷり時間を取って行きましょう。
昨年の様子は後半です。

*****6月21日「第8回全国日本酒フェア2014」*****

【日 時】2014年6月21日(土)  11時~19時30分(入場は19時まで)
【場 所】池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA
【入場料】前売券3,500円 / 当日券4,000円(公開きき酒会と全国日本酒フェアの共通券)
当日券1,500円(全国日本酒フェアのみ)
【チケット】*以下の「日本酒フェア2014」(公開きき酒会と全国日本酒フェアの共通券)
チケット販売サイトで
e+(イープラス)      http://eplus.jp/sake/ (パソコン・携帯) ファミリーマート(直接購入)
・チケットぴあ http://pia.jp/t/ (パソコン・携帯) TEL:0570-02-9999 「Pコード:626-583」
・JTBエンタメチケット http://jtb.co.jp/ticket/ TEL:0570-03-0311
JTB各支店、JTB総合提携店、コンビニエンスストア(第1部0237305、第2部0237306)
【主 催】日本酒造組合中央会
第8回日本酒フェア2014」http://www.japansake.or.jp/sake/fair/about_nihonshu.html

■日本酒造組合中央会主催イベント・スケジュール(HPより)
(日本酒の飲み方、楽しみ方、杜氏さんの語らいなど各30分で7講演を4回開催)
12:00  「食べる日本酒~ひと振り酒パワー~」
・・講師:日本酒スタイリスト こばた てるみ氏
13:00  「平成25酒造年度の新酒鑑評会について」
・・講師:独立行政法人酒類総合研究所 品質・安全性研究部門 部門長 藤井 力氏
14:00  「夏の日本酒クールスタイル」
・・講師:トータル飲料コンサルタント 友田 晶子氏
15:00  「酒造りの今昔~ベテラン杜氏と女性杜氏との対談~」
・・講師:菊正宗酒造(株)杜氏 小島 喜代輝氏(株)今田酒造本店 杜氏 今田 美穂氏
16:00  「食べる日本酒~ひと振り酒パワー~」
・・講師:日本酒スタイリスト こばた てるみ
17:00  「酒造りの今昔~ベテラン杜氏と女性杜氏との対談~」
・・講師:(株)福井弥平商店 杜氏 中倉 恒政氏、灘菊酒造(株) 杜氏 川石 光佐氏
18:00  「夏の日本酒クールスタイル」
・・講師:トータル飲料コンサルタント 友田 晶子氏日本酒セミナー
■その他
オープニングセレモニーを「第8回全国日本酒フェア」会場で開催。
(保護者同伴の場合でも未成年者の入場はお断りしておりますので、あらかじめご注意ください!!)

■同イベント内、ミニセミナー・スケジュール

==「ワイングラスで楽しむ日本酒セミナー」==

リーデル日本酒大吟醸グラスで日本酒をテイスティング。
なぜワイングラスで日本酒?・ワイングラスで広がる日本酒の楽しみ方・きき猪口とワイングラスでの比較試飲
講師:山田聡昭(酒文化研究所)
【日 時】2014年6月21日(土) 12時~18時30分、所要各30分で全7回
・・
(1)12:00~、(2)13:00~、(3)14:00~、(4)15:00~
、(5)16:00~、
・・(6)17:00~、(7)18:00~
【場 所】日本酒フェア(サンシャインシティ・東池袋)ブース番号「47」
【参加費】当日1,500円(試飲代、リーデル・オー・SAKEテイスター大吟醸グラス[定価税込み 2,387円]込み)
【参加方法】参加を希望される方は事前に(株)酒文化研究所内 主催者サイトの下記申込みフォーマットで登録を。または当日、空きがあれば現場にて。
2014http://www.finesakeawards.jp/2014/awards2014.html
【主 催】ワイングラスでおいしい日本酒アワード

==燗酒試飲セミナー「燗酒のおいしさ倍増メカニズム」==


なぜ燗酒でおいしさ倍増
・温度で変わる日本酒の味わい
・おいしさ倍増体験試食
講師:狩野卓也(酒文化研究所)
【日 時】2014年6月21日(土) 12時30分~19時、所要各30分で全7回
・・(1)12:30~、(2)13:30~、(3)14:30~、(4)15:30~、(5)16:30~、
・・(6)17:30~、(7)18:30~
【場 所】日本酒フェア(サンシャインシティ・東池袋)ブース番号「46」
【参加費】当日500円(試飲代込み、参加を希望される方は事前に登録を)
【参加方法】参加を希望される方は事前に(株)酒文化研究所内 主催者サイトの下記申込みフォーマットで登録を。または当日、空きがあれば現場にて。
https://www.s-db.jp/entry?k=c2b2935cb7fa0d8913b5c21a88d9aa68747%2CDe
【主 催】スローフードジャパン燗酒コンテスト