「第14回 若手の夜明け」チケット発売!

「第12回 若手の夜明け2013 祝 日本酒 世界文化遺産登録 か!?」より。

例年より1ヶ月早い3月30日の開催となる今回の若手の夜明け。

正式タイトルも決定しました。

「おちこんだりもしたけれど、日本酒はげんきです。 〜第14回 若手の夜明け2014 in ベルサール原宿」

ちょうど3月には実写版「魔女の宅急便」も公開されるタイミングです。

掛詞になっていて、あいかわらずおみごと!……、だけれども、時事関係で大きな話題が起きると、タイトルもちょっと変わるかも……、油断はできません。同時に楽しみです。

昨年の秋の会に引き続き、場所は「ベルサール原宿」。お間違えのないように。

去年の復習をして行きましょう!

ホームグラウンドのようになっていた渋谷の「シダックスホール」から、2倍はあろうかという「ベルサール原宿」へと場所を移して行なわれた、前回の東京開催「第12回 若手の夜明け2013 in ベルサール原宿 ~日本酒世界文化遺産登録 か?」。場所は広くなって、参加蔵も1.5倍になっても、持っている空気感は変わりません。

前回、初めて、準備段階から取材させていただいたのですが、コアメンバーが設営、ごみなど、手分けして担当。パネルやパンフレットも、ご存知の通り、内部担当者による製作(印刷は依頼しますが)。既成のものに頼るのではなくて、できることは自分たちで作り上げるスタイルです。関東の蔵元は車に一切を積んで会場へ。誰かが到着すると手の離せる人は手伝いに集まります。そんな行動が自然に行なわれていました。

*****3月30日「おちこんだりもしたけれど、日本酒はげんきです。
第14回 若手の夜明け2013 in ベルサール原宿」*****

日 時:2014年3月30日(日)
第1部(試飲会・オールスタンディング)12時30分〜14時 / 第2部(試飲会・オールスタンディング)15時〜16時30分 / 第3部(蔵元との交流会・スタンディング)17時30分〜19時30分
場 所:ベルサール原宿
入場料:第1部・第2部(試飲会)1,500円 / 第3部(懇親会)2,800円
チケット:イープラス

<<2014 春 参加蔵元一覧>>

01)青森県『陸奥八仙』駒井秀介さん  02)岩手県『タクシードライバー』藤村卓也さん
03)秋田県『一白水成』渡邉康衛さん  04)宮城県『萩の鶴』佐藤曜平さん
05)宮城県『山和』伊藤大祐さん    06)宮城県『乾坤一』久我健さん(新)
07)宮城県『阿部勘』阿部昌弘さん   08)宮城県『宮寒梅』岩崎健弥さん
09)宮城県『浪の音』佐々木洋さん(新)     10)山形県『楯野川』佐藤淳平さん
11)福島県『寫樂』宮森義弘さん    12)福島県『天明』鈴木孝市さん
13)福島県『一歩己』矢内賢征さん   14)福島県『山の井』渡部景大さん
15)福島県『廣戸川』松崎祐行さん   16)福島県『野恩』佐藤哲野さん(新)
17)栃木県『松の寿』松井宣貴さん(新)   18)栃木県『若駒』柏瀬幸裕さん
19)群馬県『町田酒造』町田晶也さん  20)群馬県『流輝』松原広幸さん
21)神奈川県『相模灘』久保田晃さん  22)長野県『澤の花』伴野貴之さん
23)山梨県『青煌』清水紘一郎さん   24)石川県『竹葉』数馬嘉一郎さん
25)静岡県『白隠正宗』高嶋一孝さん       26)滋賀県『七本鎗』冨田泰伸さん
27)兵庫県『播州一献』壷坂雄一さん  28)奈良県『花巴』橋本晃明さん(新)
29)和歌山県『紀土』山本典正さん   30)岡山県『大正の鶴』落昇さん(新)
31)島根県『出雲富士』今岡稔晶さん  32)山口県『カネナカ』中村信博さん(新)
33)高知県『久礼』西岡大介さん    34)佐賀県『東鶴』野中保斉さん
35)大分県『豊潤』小松潤平さん    36)大分県『ちえびじん』中野淳之さん

◇◆◇◆◇

◇◆◇◆◇


「日本酒のためなら」vol.3 平出淑恵さんのアンケートをスタート!

日本酒コンサルタント平出淑恵さん

ご協力いただいております伝々の暴走企画「日本酒のためなら」。

第1回の山同敦子さんのインタビュー、たくさんの方に読んでいただけたようで、喜んでおりますが、いかがでしたか?

第2回に予定しております福山亜弥さんのアンケートへも、たくさんのコメントと共にご回答いただいております。もう、ご回答はお済みですか?

福山亜弥さんからの質問は

「日本酒といえば和食が鉄板ですが、
あなたが合わせてみたいお料理は?」

質問と回答はこちら → http://bit.ly/GVJwDH

〆切を1月30日18:00とさせていただきますので、まだの方はぜひ1票を!

第3回は、酒サムライコーディネーターの平出淑恵さんです。

そして、第3回は、日本酒コンサルタント他、日本酒を海外に広める様々な立場で仕事をされている平出淑恵さんにご登場いただく予定です。

日本酒を海外に広めたいと10年以上前から活動されている平出さんは、酒サムライコーディネーターに加え、日本酒が海外から注目を集めることが多くなっている昨今、酒蔵ツーリズム(R)や日本酒に関わる教育機関の新設に際してのコンサルタント、アドバイザーなど、本当に多岐に渡りご活躍されています。

和食の世界無形文化遺産登録や2020年のオリンピック東京開催も決まり、日本の食文化として日本酒が海外から注目されることも必至。平出さんが必要とされる場もさらに増えていきますね。

今回は、そんな平出さんらしい質問です。

「来日した外国の人に日本酒について
一番知っておいてほしいと思うことはなんですか?」

質問と回答はこちら → http://bit.ly/1hD1vf5

昨日、facebook上でアンケートがスタートしました。
平出さんの今後の活動に生かされるかもしれません。たくさんのご回答をお待ちしています。

平出さん、
快く受けてくださり、さらにお忙しい最中、ご協力いただきありがとうございます。
結果が楽しみですね。

 


今年もよろしく2014!

今年は日本酒人気に加速がつきそう!

どちらで新年をお迎えですか?
どこにいても、お正月はやっぱり日本酒!ですね。

旧年中もたいへんお世話になりました。
おかげさまで、様々な日本酒のシーンを取材させていただき、学ばせていただき、たくさんの笑顔と感動もいただきました。感じ取っていただけていたら幸いです。
今年もいろいろな日本酒シーンをお伝えできれば、と思います。

本年もよろしくお願いいたします。

◇◆◇◆◇