「上方日本酒ワールド」、そして「大江戸日本酒まつり」

それは大人のための縁日

5月5日に行なわれた「上方日本酒ワールド」(左)と、10月6日に迫った「大江戸日本酒まつり」

ちょうど1週間後、東京・神田明神で「第1回・大江戸日本酒まつり」が行なわれます。
約2ヶ月前にそのことが発表されるや否や、参加表明が殺到しました。

というのも、この春、大阪天満宮で行なわれた「第4回・上方日本酒ワールド」に東京周辺から参加した人の多かったこと。その楽しさを知ってしまったから、なのです。
そんな矢先の開催発表ですから、大喜びしたのも分かりますよね。

10時スタートのチケットはほぼ完売のようですが、探してみる価値はあります。12時からでももちろん充分に楽しめます。ぜひ、ご一緒に。
最後に「大江戸日本酒まつり」の情報を載せてありますので、ご覧下さい。独自の趣向も考えているようですから、ますます楽しみです。

「上方日本酒ワールド」ワールド!

今年で4回目となる「上方日本酒ワールド」。

これはきっと楽しそう、と出かけて行ったのですが、予想を遥かに超えて楽しくて。これはなんなのだろう……、と思ったら、そう、縁日の楽しさなんです。しかも、大人ですから、お酒もアリ(こっちがメイン)。しかも、昼間です。

客として参加して楽しいのはもちろんですが、全国から集まってくれた飲食店、蔵元さんへの主催する側の心配りもすばらしいと、出店した方々の声が印象的でした。
出店する人たちが楽しくできるから、その楽しさが客側にも伝わるのだなぁ、と思った次第でした。

 

*****10月6日「大江戸日本酒まつり」*****

日 時:2013年10月6日(日)  10時〜16時30分(入場は10時、または12時)
場 所:神田明神境内
入場料:1,000円(参加、または協力飲食店で購入)
問合先:大江戸日本酒まつり実行委員会・日本酒虎の穴
・・http://ameblo.jp/ooedonihonsyu/ ooedonihonsyu★gmail.com(★→@に代えて) 

<<参加飲食店&蔵元一覧>>

(/の後は提供予定のメニュー)

01)「おふろ」「AMECOYA」「penguin pastry」&『新政』/
「砂肝とマッシュルームのコンフィ 蕎麦粉のパンケーキ添え」
02)「カイ燗」&『杉錦』/「3種のチーズのトルティーヤとロメスコソース」
03)「かんだ光寿」&『松の寿』/「蕎麦すいとん」
04)「神田新八」&『神亀』/「気まぐれブルーのベーコンチーズスフレ」
05)「高太郎 &『いづみ橋』/「讃岐メンチカツ」
06)「作」&『天穏』/「豚の塩角煮」
07)「蛇の市本店」&『玉川』/「築地大善鮪のホホ肉炭火焼」
08)「酒亭初乃」&『杜の蔵』/「秋鮭の燻製コロッケ」
09)「中井 玉寿司」&『悦凱陣』/「あん肝のペースト ブリュレ仕立て」
10)「日本酒バー酒趣」&『龍勢』/「牛頬肉の赤ワイン煮」
11)「にほん酒や」&『十旭日』/「自家製サイウアのグリル」
12)「門前茶屋」&『京の春』/「京の湯葉蒸し餃子 深川浅利餡がけ」
13)「ふしきの」〔BAR STYLE〕


「日本酒のためなら」〜 頼もしすぎます!

日本酒ノンフィクション作家、山同敦子さん

陰になり、日向になり……

ちょっと勇気が要ったシリーズ、始めます。
日本酒応援の活動をしている女性をご紹介させていただくのです。

男女で違うとは言いませんが、日本酒を応援する女性の姿は、
どこか、母親のような愛情と目配りがあるように見えてしまうのです。
そして、女性から見てもすてきなのです。

ほぼ一様に口にするのが、「日本酒のためなら」。

造り手が男性でも女性でも隔てなく応援。それはなんなのだろう。
……、そう思ってしまった、はい、伝々の暴走企画です。

さらに、その人が知りたいと思っていることってなんだろう。
そのお手伝いができたら、ちょっとはお返しになるかな。
その結果をテーマにお話を伺ったら、いろんな人の参考にもなりそう。

ということで、ゲストの方からいただいた質問をアンケートにしています。
良かったら……、ぜひ、ご回答にご協力下さい。コメントも大歓迎です。

そして、トライした第1弾が、山同敦子さん。
そいうまでもなく、『極上の酒を生む土と人 大地を醸す』(講談社)『愛と情熱の日本酒』(ダイヤモンド社、ちくま文庫)などでおなじみ、お酒のノンフィクション作家です。

山同さんからの質問は

「貴方が抱く日本酒のイメージは?」

質問と回答はこちら → http://bit.ly/13PaKUA

facebook上ですでにアンケートはスタートしていて、以下が途中経過の上位です。
選択肢のせいもありますが、答えが集中しているようです。
なにより、コメントがたくさん入っているのは、嬉しいですね。

初回でもありますし、
お話を伺う直前まで受け付けようと思っていますので、ぜひ、ご回答ください。
——つまり、ある日突然、締め切られますので、お早めに。

今後も毎月一人くらいのペースで続けたいと思っています。ぜひご協力下さい。
なにしろ、ご紹介したい人はたくさんいますので。

山同さん、快く受けてくださって、
さらにお忙しい最中ご協力いただき、ありがとうございます。
結果が楽しみですね。


東京の次は”地元”で。「雄町サミット in おかやま」

優等生ともいえる「山田錦」とはちょっと違った魅力が酒造りをする人にも、愛飲家にも気になる雄町。日本酒ファンを引きつけて止まない酒米です。

そんな雄町の良さを知ってもらい、広めるために、そのほとんどを生産している岡山県が「雄町サミット」を開催し、今回が5回目となります。

雄町の良さを生かしたお酒を!

山田錦でいえば三木町や加東町の特A地区米に相当する、旧赤磐町産の赤磐雄町が最も有名ですが、雄町の9割は岡山県内で生産されているのだそうです。
「雄町サミット」最大の注目はコンペティション。岡山県産雄町を使用し、雄町らしさを生かしたお酒を評価される、雄町好きには外せないイベントとなっています。コクがある、丸みがある、ふくよかな……、雄町らしいといっても、個性が強く出るのも雄町の良さ。

<2013 受賞蔵元一覧>>

【 出品区分Ⅰ 】 吟醸酒の部 (審査対象80点)

01)『純米大吟醸生詰原酒まんさくの花「雄町酒」』日の丸醸造(秋田県)
02)『十四代 純米吟醸 備前雄町』高木酒造(山形県)
03)『大吟醸 雄町』寿虎屋酒造(山形県)
04)『出羽桜 純米吟醸 雄町』出羽桜酒造(山形県)
05)『あぶくま 純米吟醸 雄町』玄葉本店(福島県)
06)『尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 雄町』龍神酒造(群馬県)
07)『瀧自慢 純米吟醸』瀧自慢酒造(三重県)
08)『極聖 雄町米 純米大吟醸 斗瓶取り』宮下酒造(岡山県)
09)『櫻室町 極大吟醸 室町時代』室町酒造(岡山県)
10)『純米大吟醸 雄町』白菊酒造(岡山県)
11)『赤磐雄町 生』利守酒造(岡山県)
12)『純米吟醸 雄町 雨後の月』相原酒造(広島県)
13)『鍋島 雄町 純米吟醸』冨久千代酒造(佐賀県)

【 出品区分Ⅱ 】 純米酒の部 (審査対象40点)

01)『秀鳳 無濾過 雄町』秀鳳酒造場(山形県)
02)『上喜元 特別純米 雄町』酒田酒造(山形県)
03)『山廃特別純米「橘屋」雄町』川敬商店(宮城県)
04)『磯自慢 雄町 特別純米』磯自慢酒造(静岡県)
05)『百楽門 純米』葛城酒造(奈良県)
06)『百楽門 純米古酒 1992年度醸』葛城酒造(奈良県)
07)『御前酒 純米 美作』辻本店(岡山県)
08)『燦然 特別純米酒「雄町」』菊池酒造(岡山県)
09)『櫻室町 契約栽培 純米酒 瀬戸雄町』室町酒造(岡山県)
10)『雄町純米 備前蒼海』十八盛酒造(岡山県)

*****10月1日「雄町サミットin おかやま 2013」*****
〜〜イベント内容〜〜
■先着順!
先着300名に冷たい雄町米の甘酒(お子様も大丈夫)、雄町米のおにぎりをプレゼント。
■ 1Fホワイエ
10:00~17:00
・地酒が1コイン(100円)!〜岡山の蔵元が勢揃い
・岡山の特産品販売〜(JA全農おかやまブース)
——ピオーネ・野菜・加工品など旬の幸や、岡山ビーフ・ポークの試食コーナー
・岡山のスイーツが大集合し、試食や販売
・岡山蔵元商品販売コーナー
——※未成年の方はご参加できません。車でのご来場はご遠慮ください。
■1F屋外広場
10:00~17:00
・岡山のグルメコーナー〜厨房から街を元気に!(岡山県飲食業活性化団体、六式会)
・多彩なグルメコーナー〜千屋牛バーガー、ジェラート、ラーメン・イタリアン等々
・高梁の特産物〜懐かしいおばあちゃんの味を伝えるレシピ本、お料理等(高梁ブース)
■2Fレセプションホール
16:30~17:30
・パネルディスカッション「幻の酒米 雄町の魅力」
■1Fイベントホール
18:00~20:00
・きき酒&懇親会(お一人様4000円、先着400名・要申込)
——岡山県産雄町米で造られた日本酒が全国から!
——*未成年の方はご参加できません。車でのご来場はご遠慮ください。
——お問い合せ:岡山コンベンションセンター086-214-1000

[日 時]:2013年10月1日(火)10時~20時
[場 所]:岡山コンベンションセンター
[入場料]:きき酒&懇親会のみ、4,000円
[問合先]:雄町サミットinおかやま実行委員会 086-214-1000

8月に行なわれた「雄町サミット」 in 東京

 


「好きな酒器」アンケート実施中!

好きな酒器のタイプを教えてください。

ブログが始まって間もなくから、「お気に入りの酒器を自慢しましょう!」というコーナーを設けています。不定期アップですので、自慢の酒器をお持ちの方はぜひ、ご応募ください!(記事はこちら、まとめはこちら

さて、個々にご応募いただくのも楽しいのですが、どんな酒器のタイプが人気あるんだろ??と、興味、ありませんか?

実はただ今、「いいね!日本酒。」のfacebookにご参加いただいている方々を対象にアンケートを行なっています。まだ1日半ですが、投票の途中経過をお知らせします。

この順位、予想通りですか?

意外なことにガラス素材の、それも小振りなものが人気です。冷酒や常温でいただくことが多いからでしょうか。「お燗だったらやっぱり平盃」という方も少なくないとは思います。おめでたい枡酒は、今のところ0票。一つだけ選ぶ、となると、どうしてもふだん遣いのお気に入りになるでしょうね。

コメントもたくさん書き込まれていて、興味の高さが伺えるのです。

「いいね!日本酒。」には現時点(2013年9月12日09:00)で106社の蔵元さんも参加されていますが、きっと関心を持って成り行きを見守っていらっしゃるのではないかと思われますね。

投票結果は、投票した人にしか見ることができず、投票するには「いいね!」する必要があるのですが、良かったら、右のfacebookマーク、またはこちらから入って、1票を投じてみませんか。コメントを読むだけでも、それぞれの方の熱意が伝わって、楽しいですよ。

〆切は、9月17日09:00。まだまだ順位は動きそうです。

 

 

 

 


県のカラーを楽しもう。9月は蔵入り前の賑わい!


ーー「あおもりの酒 楽しまnight」の情報と昨年の様子を追加しました。(9月17日)

9月はイベントめじろ押し。いよいよ蔵入りの季節が目の前に迫って来たことを実感させますね。

9月 8日(月)「静岡地酒まつり in Tokyo」
9月15日(日)「武蔵の國の酒祭り」府中市・大国魂神社
9月19日(木)「青森の酒 楽しまNight in 池袋」
9月21日(日)・22日(月/祝)「福井のおいしいお酒とおそばを楽しむ会」
9月26日(木)「秋田の酒とうまいものを楽しむ会」
9月26日(木)「宮城の酒コン ~出会いは宮城の純米酒で~」

—————「静岡地酒まつり in Tokyo」

気軽に参加できて楽しみがいっぱいの静岡は、それでなくてもチケットが取れないのに、明日にと迫り、完売しています。

*****9月 8日(日)「静岡地酒まつり in Tokyo」*****
[日時]:2013年9月8日(日) 14:00~16:30(13:30受付開始)
[会場]:如水会館 スターホール・オリオンルーム
[入場料]:3,500円(税込)
[定員]:700名(立食形式)
[チケット]:一般発売は終了しています。(当日券はございません)
[問合先]:静岡県酒造組合 http://www.shizuoka-sake.jp/

<2013 参加蔵元一覧>>

01)『萩錦』萩錦酒造(静岡市駿河区)   02)『君盃』君盃酒造(静岡市駿河区)
03)『喜平』静岡平喜酒造(静岡市駿河区) 04)『臥竜梅』三和酒造(静岡市清水区)
05)『正雪』神沢川酒造場(由比町)    06)『英君』英君酒造(由比町)
07)『初亀』初亀醸造(藤枝市)      08)『杉錦』杉井酒造(藤枝市)
09)『磯自慢』磯自慢酒造(焼津市)    10)『志太泉』志太泉酒造(藤枝市)
11)『鬼ころし』大村屋酒造場(島田市)  12)『開運』土井酒造場(掛川市)
13)『千寿』千寿酒造(磐田市)      14)『出世城』浜松酒造(浜松市中区)
15)『花の舞』花の舞酒造(浜松市浜北区) 16)『富士錦』富士錦酒造(富士宮市)
17)『白隠正宗』高嶋酒造(沼津市)    18)『金明』根上酒造店(御殿場市)

昨年の様子をごらんください。

—————「武蔵の國の酒祭り」

主催者発表の内容は……。
【内容】全国各地の酒を集めてのきき酒会です。会場となる大国魂神社内には醸造の神様が祭られている『松尾神社』が鎮斎されています。歴史あるこの地において地域と日本酒文化を盛り上げるためにこのきき酒会を開催いたします。

*****9月15日「武蔵の國の酒祭り」*****
[日 時]:2013年9月15日(日) 11:00~17:00(最終入場は16:30)
[場 所]:府中市「大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)」参道わき広場
[入場料]:前売り券1,000円
[定 員]:先着1,000名
[チケット]前売り券はイープラスから
[問合先]:東京都酒造組合 http://www.tokyosake.or.jp/

—————「青森の酒 楽しまNight in 池袋」

昨年に続き、ホテルメトロポリタン池袋での開催。

*****9月19日「青森の酒 楽しまNight in 池袋」*****
[日 時]:平成25年9月19日(木)14;00〜21:00
[場 所]:ホテルメトロポリタン池袋
■第1部「青森の地酒蔵元18社のきき酒商談会」(
一部商談不可の蔵も)
[時 間]:14:00~16:00
[対 象]:小売店様・卸売酒販店様・飲食業店様・マスコミ関係者様
[入場料]:無料(予約不要:お名刺をご持参ください。)
◆青森の地酒セミナー。14:30~15:30(先着50名様入場無料)
「青森の酒を語る」講師:青森県酒造組合(テーマ=青森の酒づくり)
■第2部「青森の酒 楽しま Night in 池袋」
〜(2013年十五夜・中秋の名月の一夜を青森の地酒とともに
)
[時 間]:19:00~21:00 (受付18:30~)
[会 費]:7,000円(テーブル席)
[定 員]:300名(定員になり次第チケット販売は終了)
[チケット]下記ホームページを参照
[問合先]:青森県酒造組合 http://www.aomori-sake.or.jp/

<2013 参加予定蔵元一覧>>

01)『八鶴』八戸酒類(八鶴工場・八戸市)02)『如空』八戸酒類(五戸工場・五戸町)
03)『陸奥八仙』八戸酒造(八戸市)   04)『菊駒』菊駒酒造(五戸町)
05)『八甲田おろし』鳩正宗(十和田市) 06)『桃川』桃川(おいらせ町)
07)『関乃井』関乃井酒造(むつ市)   08)『駒泉』盛田庄兵衛(七戸町)
09)『田酒』西田酒造(青森市)     10)『安東水軍』尾崎酒造(鯵ヶ沢町)
11)『岩木正宗』竹浪酒造店(板柳町)  12)『菊乃井』鳴海酒造(黒石市)
13)『じょっぱり』六花酒造(弘前市)14)『津軽じょんから』カネタ玉田酒造店(弘前市)
15)『松緑』斉藤酒造(弘前市)     16)『白神』白神酒造(弘前市)
17)『豊盃』三浦酒造(弘前市)   18)『白神ロマンの宴』丸竹酒造店(弘前市)

昨年の様子です。

—————「福井のおいしいお酒とおそばを楽しむ会」

おいしいおそばに加えて、落語鑑賞やきき酒大会もあります。前回の様子はこちら

*****9月21日「福井のおいしいお酒とおそばを楽しむ会」*****
[日 時]:2013年9月21日(土)1部13:00—15:00、2部16:00—18:00、9月22日(金)1部11:00—13:00、2部14:00—16:00
[会 場]:ふくい南青山291 2F多目的ホール
[入場料]:2,000円
[定 員]:100名
[チケット]:ふくい南青山291 2Fにて発売
[問合先]:ふくい南青山291 http://fukui.291ma.jp/

—————「秋田の酒とうまいものを楽しむ会」

秋田県の主催で、民俗芸能や郷土料理、日本酒、など、総合的に楽しむ会。

*****9月26日「秋田の酒とうまいものを楽しむ会」*****
[日 時]:2013年9月26日(木)18:30~(18:00受付〜)
[会 場]:東京會舘9Fローズルーム
[入場料]:6,000円
[定 員]:400名(立食)
[チケット]:イープラス、FAX、東京・有楽町「秋田ふるさと館」、東京・品川「あきた美彩館」
[問合先]:秋田県酒造協同組合 http://www.osake.or.jp/

—————「宮城の酒コン ~出会いは宮城の純米酒で~」

久しぶりに県主催のお酒の会を開くと思ったら「酒コン」!さすがです。

***** 9月26日『宮城の酒コン ~出会いは宮城の純米酒で~』*****
[日 時]:平成25 年9 月26 日(木)午後7 時~9 時
[場 所]:八芳園 (立食パーティー)
[入場料]:5, 000 円
[定 員]:男性=150名(未婚の20~50才)、女性=150名(未婚の20 才以上)
[チケット]:発売期間 8 月12 日(月)午前10 時〜9 月23 日(月)
※定員に達した場合は締切日前に受付を終了する場合がございます。
[チケット購入方法]:ファミリーマートのFami ポートイープラス
全国のファミリーマート、セブンイレブンで受け取り
[問合先]:宮城県酒造組合 http://www.miyagisake.jp/