想像以上の盛り上がり、西条「酒まつり」〜後編

やっぱり気になる「酒ひろば」「美酒なべ」

人によっては、ある意味「酒まつり」のメイン会場「酒ひろば」

ついに突入した西条「酒まつり」。今回はその後編です。

西条の「酒まつり」会場は、数カ所に分かれていて、それぞれが充実度高し。動画担当Yさんと二人、ぎっしり人で埋まった酒蔵通りをドタバタ移動しつつ、楽しませていただきました。

ステージで全体の主要イベントやさまざまな演目が行なわれるのがメイン会場〜「五千人の居酒屋会場」。それに加え、sake-fanとしてはやっぱり気になるのが、今年は約930種とも言われる全国のお酒を試飲できる「酒ひろば」、そして、すっかり西条名物として定着した美酒なべを囲んで昼間から大宴会の「美酒なべ会場」。メイン会場でつかまえた賀茂泉・前垣常務のご案内でついに夢の……混沌の世界へ……。

まずは「酒ひろば」……。

はい、ほんとにスサマジかった……。みんな幸せそう〜〜なのですが、その数たるや……。わずかに残された(笑)通路を、やっとのことですれ違って行き交う、ニコニコ顔の人たち。年ごとに色を変えているお猪口(今年は緑色)をタッパに何個も入れて、数種類のお酒をついでもらって、待っている仲間の元へ……という姿が、そこにもここにも。

「今年は沖縄のお酒も入ってますよ」
とのことで、それはぜひ、と駆けつけたら、とっくに完売、でした。

じゃ、美酒なべへ。

こちらは座敷仕立てのスペースが、セットアップされてお客さんを待っています。なんやかやと取材しているうちに、ふと振り向くと満席。予約していた人たちが一斉に着席、です。

横目に見ながら会場を後に……しなければならない辛さ……。

前回に引き続き、もう少し、酒蔵巡りをしてみましょう。どの蔵でもお蕎麦やうどんを提供していて軽く頂いて次へ、という時にぴったりです。しかも、いずれも本格派で、これを食べなければ、という人気のものばかりなのです。ただし、こちらも込んでいます。時間に余裕を持って行きましょう。

亀 齢 酒 造

まず、「亀の齢」という縁起の良い名前で、目を引かれます。続いて、全体的に甘口主体で知られる広島、そして西条にあって、こだわりの辛口に改めて眺めてしまいます。米の旨味を残しつつ、キレのいい辛口に、多くのファンがいることも納得です。

「酒まつり」では、酒ソフトクリーム、酒蒸饅頭、酒粕の豆菓子などバラエティ豊富に用意されていました。ちなみに私たちは「醸華町うどん」を昼食に。美味でした。


亀齢酒造株式会社・代表取締役社長 石井英太郎さん
ひと際、お客さんであふれていた。

白 牡 丹 酒 造

西条を、広島を代表する大手酒蔵。そして、延宝三年(1675)創業、広島で最も歴史のある酒蔵でもあります。全般的に甘口と言われる広島のお酒の中でも、甘口にこだわり、地元の人たちにとっても日常酒として親しまれてきたお酒が揃います。
この時しか買えない酒祭り限定にごり酒の純米酒『延宝時代のにごり酒』を楽しみにして訪れる人も多いようです。そして、延宝庫での韃靼そばも人気が高いそうです。

白牡丹酒造株式会社・代表取締役社長 島治正さん
入ってまず振る舞われるのが、ウワサの酒祭り限定『延宝時代のにごり酒』。瓶からくんでくれる。

金 光 酒 造

『桜吹雪』『賀茂金秀』の金光酒造は、東広島市黒瀬町からの参加。
明治13年に創業でふつう酒主体だったところを、東京農大醸造科を卒業して蔵に入った次長で5代目となる金光秀起さんが、少量仕込みを生かして品質を向上。新たに生み出した『賀茂金秀』で人気上昇中の注目蔵です。現在は、『桜吹雪』『賀茂金秀』ともに純米酒から大吟醸、斗ビン採りまでの幅広いカテゴリーを有しています。

金光酒造株式会社・次長 金光秀起さん と、サポートの方々
注目の蔵だけに、酒蔵通りからは少し離れた住宅街の一画にもかかわらず行列もできていた。

「酒まつり」の参加蔵は西の賀茂輝酒造さんから東の賀茂泉酒造さんまで計9蔵。それぞれが個性を放って、訪ねるごとに楽しい発見が。全部回るのは根性、要りそうですが、回ってみたくなります。

道路脇も含めリサイクルステーションを各所に設置。Ecoプロジェクトもすっかり定着して、きれいなお祭りでした。
子どもや外国人らによる行列とのこと。かわいかったぁ。  子どもや外国人らによる行列とのこと。かわいかったぁ。

後日、実は同じ日に行っていた、という知人が何組かいて、人気の高さが伺えます。もっとも、いると分かっていても、会えなかっただろうなぁ、あの込みよう。

その中には、今回、「酒サムライ」を叙任されたフランス人日本酒啓蒙家のシルヴァン・ユエさんも友人の写真家の方といたのだそうです。酒蔵が並ぶ西条の街がお好きなのだとか。

最後に、かわいいちびっ子神輿行列「酒みだればやし」に遭遇しました。「来年も来よう。今度はお客さんで」とココロに誓い……。

*重ねて、こんな大変な最中に押し掛けた取材班に、快くご対応いただきました、蔵元のみなさま。深く感謝申し上げます。

Yさん渾身の撮影による映像「『2012酒まつり』延べ24万人が日本酒の秋を満喫!~東広島市」も併せてお楽しみください。

 


2回目を迎える「酔っても美味い!九州S-1グランプリ」

九州の日本酒って?! どーんと40種揃います

昨年行なわれた第1回。全く初めての試みに期待が高まりました。中央に総合司会の小松社長。ユーモアのある楽しい語りで進行して行きます。

「どの酒が本当に毎日のおかずに合うか、実際に食べ合わせて投票してもらおう!」

そんなオソロしいことを言い出したのは、九州清酒協議会に所属する蔵元たち自身。

焼酎のイメージが強い九州にも実は、おいしい日本酒を醸す酒蔵がたくさん。 富久千代酒造の「鍋島」がIWCを受賞して、佐賀県のお酒が注目されましたが、それでも、実際に比べて、まだまだ知られていない現状です。そこで、たくさんの九州のお酒に触れてもらう機会を作ろう、と考えたのが、このイベント。勇気ある40蔵が一堂に会してトーナメント制で開催されたのが、去年の秋、10月22日でした。

それにしても、こんなキケンな、でも参加者はとっても楽しいイベントを思いついてしまったのは、九州清酒協議会会長であり、今年も総合司会をされるという『万齢』小松酒造(佐賀県)の小松大祐社長。昨年の見事な司会が思い起こされます。もちろん、今年も総合司会。

「ウチのは1回戦で敗退してしまったんですけどね」
「…………」

人気も定評もある『万齢』が……、やっぱりキケンすぎますって。

記念すべき第1回となった去年のメニューは、1回戦が「豆腐」、2回戦が「大根の煮物」、3回戦「サバの塩焼き」、決勝が「鳥の唐揚げ」。お豆腐は淡白すぎて、何で味付けするかにかかってきますし、難しいでしょう、やっぱり。それが1回戦に来てしまったんですから……。順番が違ったら、料理が違ったら、結果も変わる。それもこのイベントの面白いところです。

では、気を取り直して、お話を伺いました。さすがに2年目、余裕が感じられます。

まずは、昨年の結果と、全体を見た感想などから。

「優勝は鳴滝酒造(佐賀県)の『聚楽太閤 本醸造生貯蔵酒』でした。意外に思う人もいるかもしれませんが、本醸造系が上位に入るだろうことは、酒蔵同士の間ではある程度予想が付き、そうなれば良いなと、僕自身も『本醸造、来い!』と、思っていたんですよ。やはり、日常酒である本醸造は万能というか、淡白な料理にも味の濃い料理にも合う。それが証明されたようなものでした。もっと本醸造が見直されていいし、もっとアピールしていくことも必要かもしれません。

もっとも、『優勝したからといって売れると思うなよ』とは言ってありますが(笑)。

その一方で、料理ごとにと考えて、合うものを探すとそれぞれお酒は細かく分かれるのでしょう。実際には、純米酒や吟醸酒の方が売れている、ということは、もっと細かい提案をして行くことが必要かも、とも考えました」

嗜好品として選ばれるもの、日常酒として常に手に取ってもらえるもの。そんな棲み分けも現実としてあるでしょうから、それぞれに合った提案が必要かもしれません。

「そしてもう一つ、実はこれがとても大きな発見だったのですが、0点だったお酒はなかったんです。どんなお酒もおいしいと思う人が必ずいる。嗜好品としてのお酒と考えた時、そのことは嬉しい発見でしたね」

焼酎王国のイメージが強い九州ですが、日本酒もおいしいですからね。今年は、市販されていてだいたい常に一般的に買える銘柄だけが出品されるそうです。

「この料理やおつまみにはどのお酒が合うか」、逆は手軽にできても、こんな飲み比べは個人で試すのもなかなか難しいことですから、ほんとうにいい機会です。

みなさん、楽しそうですが、表情は真剣です。

さて、お酒と料理のマッチングを楽しむこのイベント。今回の料理はどのようなテーマのメニューなのでしょうか。

「前回は『家庭のおかず』でしたので、今回は目線を変えて、『だし巻き玉子』、『なすの揚げ浸し』、『さわらの照り焼き』、『鶏肉の塩麹焼き』と、東京の居酒屋さんで飲む時のごく一般的なおつまみのイメージです。『さわらの照り焼き』は醤油味、『鶏肉の塩麹焼き』は塩味で脂っぽさもある、そして、『なすの揚げ浸し』ではポン酢の味と分かれています」

醤油、塩と日本酒が合うことは分かりますが、酢=酸味の利いた料理に合うのはどんなお酒か、気になりますね。

料理はごく一般的なもので、とはいえ、選ぶのはそうとう神経を使うだろうと想像されます。同じ居酒屋メニューでも、どの料理が出るか、どの順番で出されるか、それによって評価もだいぶ変わるわけですから、毎回条件が違う。次回、再び家庭料理に戻っても、前回とは違う結果になるかもしれません。新鮮な目線で楽しめる競技会、ともいえます。

今晩のメニューに合うお酒の参考にもなるかも?

「去年のS-1でもう一つ発見したのが、みなさん、甘いお酒を好まれるんだな、ということ。ちょっと意外でしたね」

40種類の銘柄は伏せられていますが、毎回、得票数はオープンです。どんなお酒が高い評価を得たのかは一目瞭然。そこで、甘口のお酒が思いのほか得点を得た。辛口のお酒が人気ですが、家庭料理に合せていただく時の本音は意外に程よい甘口なのかもしれません。

ちなみに審査は、4つのカテゴリーに分けられた5種類のお酒から1種のお料理とのマッチングを考えて投票していくシステムです。

さて、事務局の方には様々な感想が寄せられています。どんな意見が多かったのでしょう。

「やはり、『おつまみを食べながらお酒との相性を評価する』という企画が面白かった、画期的だったという声が圧倒的でしたね。ただのきき酒会ではない。さらに、その場で結果が発表され、トーナメントで勝ち上がって行くところも楽しんでいただけたようです」

試飲会で料理が出ることは多々ありますが、個別に蔵関係者に感想を伝えることはあっても、あとはおいしく頂くところまで。また、利き酒をして評価するということも、鑑評会などいくつかの競技会はあります。それらを複合的に、現実に即して評価してみる、まさに禁断のイベントといえます。

さらに、感想として「九州に日本酒がこんなにあると思わなかった」「九州のお酒にこれだけ多く触れる機会がなかった」「九州にもおいしい日本酒があったんですね」などの声も多かったとのことで、身を挺して(?)行なった以上の効果もあったようです。来場者にとっても、新しい発見があり、日本酒ワールドが広がるいい機会だったようです。

「まさに、そこが、一番知ってほしいところだったんです。出店しているのは40蔵ですが、九州6県には日本酒の酒蔵が約170社もあるんですよ。このイベントには、関東以北には出荷していないような小さな蔵元さんも参加していますし」

今回は2部のパーティでは、蔵元もそれぞれのテーブルに付いたり、ゲームも予定されていたりと、楽しそうな計画もあるそうです。

去年の第1回の様子をぜひYou Tubeでご覧下さい。

今年はどんな発見があるか、どんなお酒に出合えるか。そして、『万齢』、リベンジなるか!? 楽しみですね。

 


想像以上の盛り上がり、西条「酒まつり」〜前編

どっちを向いても楽しそうな顔! あらゆる場所がイベント会場

お伝えしていた通り、行ってきました、西条「酒まつり」。
10月6、7日の2日間行なわれた、初日の6日でした。

「酒まつり」のスタートは、御建神社内にある松尾神社から酒林の神輿が担ぎ出されてメイン会場へ。

もちろん、覚悟はして行ったんです。
ものすごい人出、ものすごい混雑、ものすごいお酒、ものすごいゴキゲンな人たち。

でも、最後にはちょっと飲めるかな。楽しそうだなぁ。きっと、思ったよりもエリアは狭くて、2日で25万人なんて言っても、実はもうちょっと少ないだろうから……。

広島市内に宿を取っていた私を、動画担当のYさんが迎えに来てくれて、車で向かった東広島市西条。ところが、近づくにつれ、渋滞……、いやぁ〜な予感。

不安は的中し、やっとこさ、10時過ぎに会場に着いた時には、すでに人、人、人、で、ごった返しておりました。工事中で仮駅舎の小さな西条駅からは、いつ果てるともしれぬ人の波。そのまま、酒蔵通りへ、酒ひろばへ、と流れて行きます。もちろん、石畳が敷き詰められた酒蔵通りの、石畳なんて見えません。

ここへ突入して、さらにお仕事中の蔵の方に話を聞く……。
「こりゃ、無理だな」……。
Yさんと、ほとんど泣きそうな顔を見合わせ、すでに白旗上げてました。

「まずは、一番近い『賀茂鶴』さんへ行きましょう」

逃げて帰れないのがお仕事。まじめなYさんが、「きっ」と見据えた酒蔵通り。
ところが、かの方向から現れたのは、酒林神輿の一団。急遽、予定を変更し、まずはそちらを撮影に走る。最後には、「ミス東広島」?のきれいどころのおねえさんも続きます。

賀 茂 鶴 酒 造

さて、やっと「賀茂鶴」さんに到着です。酒蔵通りから1本入って、平行して延びる石畳に面した広い敷地。西条名物の酒蔵煙突が2本、伸びているのが見えます。実はこの本社蔵には全部で4本!立っているのです。

「賀茂鶴」さんは、米の旨味が生きた、すっきりした飲み口で人気のお酒。1990年のパリ万国博覧会にも出品し、名誉大賞を受賞という華やかな歴史のある蔵です。

いました、いました。入ってすぐの試飲会場で、ウェルカムドリンクをサービス中の太田さん。まずはここで「賀茂鶴上等酒」を一口。そして無料、有料の試飲コーナー、他業種とのコラボコーナーがずらりと続きます。

賀茂鶴酒造株式会社・営業部広報課・主任 太田裕人さん。
「例年おこなっている社員による「酒造り唄」の披露や、菰樽の菰巻き実演。本年は新しく、鏡開き(初日は1回、2日目は2回)をした後、その樽酒を振舞い、樽酒とチーズのマッチングを味わっていただくなどお越しいただいた皆様に楽しんでいただいています」
蔵の中でも様々な催しが。
豊富な種類のお酒を試飲してすぐに買えるのも「酒まつり」のいいところ。売るほどあります。

次に目指すは「賀茂泉」さん。酒蔵通りの一番奥です。

通りには、散策とお酒を楽しみながら、のんびり歩く人たち。みんな幸せそうな顔をして、お酒の感想なんかを言い合いながら、出店を冷やかしながら、次の蔵を目指しています。

「ふだんはあまり日本酒を飲まないんだけど……」、なんて声も聞こえてきます。ほんとにお祭りを楽しんで、ついでに日本酒に触れる、そんないい機会ですね。

酒蔵通りのちょうど中程にある、通称、くぐり門。かつてこの奥にあった芝居小屋「朝日座」のために設けられたもの。

そんなゆったりムードの人たちをかき分け、字のごとく、血走っている私ら。荷物は多いし、ほんと、いい迷惑でした……。

賀 茂 泉 酒 造

休憩できる配慮はさすが。ここまで来ると、休みたくなる。

やがて、建物の前にベンチが置かれ休めるようになっている、と思ったら、「賀茂泉」さんの蔵でした。30年ほど前に、酒蔵エリアの端と端、賀茂泉さんと賀茂輝さんとではじめたことが、こんな大きなお祭りになった。ずっと携わってきただけに細部に気遣いが感じられます。

賀茂泉酒造株式会社・常務取締役 前垣壽宏さん
「酒蔵のスタッフはもちろん、各団体から学生のボランティアまで、一丸となってみなさんをお待ちしています。ぜひ、来年もお越し下さい」
賀茂泉酒造株式会社・業務企画室・室長 渡邊伸司さん
「始まってからも裏はどたばたですが(笑)、楽しんでいただけたでしょうか」

地酒にこだわり、早くから純米酒に取り組んできた賀茂泉さんの芳醇なお酒が並ぶ試飲コーナーや仕込み水などが置かれた蔵を通り抜けると、中庭はワンダーランド。焼き牡蠣、竹酒、美酒鍋など様々なコーナーが設けられ、賑やかで楽しそうです。酒蔵コンサートの告知もあります。

大きな牡蠣がいい香りを放っていた。はい、頂きました。 
みんな楽しそうに竹酒を楽しんでいる。さすがにノリがいい。

会場によっては8〜9時頃まで開いているところもありますが、酒蔵は5時で閉館。飲み忘れに注意、です。

こんな大変な最中に押し掛けた取材班に、快くご対応いただきました蔵元のみなさま。深く感謝申し上げます。

Yさん渾身の撮影による映像「『2012酒まつり』延べ24万人が日本酒の秋を満喫!~東広島市」も併せてお楽しみください。

 

 


「いいね!ランキング」上位蔵に聞く〜 天山酒造

中盤どころの旗手、現在5位の「天山」

ここへ来て、またご参加頂くお蔵さんが続き、現在、68蔵のご参加を頂いています。
ありがとうございます。

今回の天山酒造さんは、5位。「天山」「七田」「岩の蔵」という、3つの銘柄を中心にマルチブランドで展開されています。

お話を伺ったのは、facebook(以下、FB)を担当されている営業部の松尾亮さん。年に2回の蔵開きを週末に控えた先週の中ころ。大忙しのところでの電話インタビューでした。

話題の蔵開きに行かれた方も多いかと思います。
本題に入る前に、蔵開きのことを少し伺いましたので、まずはその話しから。

「ウチの蔵開きは、春、3月と、秋の9月に行なっています。春は蔵開き限定の春の新酒や地元の物産を売って、近所の飲食店さんの屋台コーナー、ゲームコーナーなど、『新酒祭り』のように賑やかに行ないます。

秋は逆に、お客さんにゆっくり過ごしてもらおうと、イベントスペースになっているレンガ蔵でミニコンサートを開いたり。

中でも一番の目玉は、『KENSUKY’s SAKE BAR』での飲み比べです。3種類のセットがワンコイン、500円で試すことができるんです。今回は、例年の3銘柄ごとのセットに加え、全国新酒鑑評会受賞酒(斗瓶取り)のBY(酒造年度)違いも杜氏に分けていただいて、同料金で用意したんです。そういったニュースも随時、FBで出しています」

取材の翌日にアップすべく準備中とのことでした。
スピード感ある配信と、写真に工夫。その後を見ていたら、なんと天山さん、列車やシャトルバスの時刻表もFBで提示するという、来場者の手間をよくご存知で、至れり尽くせりのケア。FBを活用されています。時刻表はともかく、いずれの写真もインパクト強し、です。

「社長から、写真には気を使って、といつも言われているんです。お客様に雰囲気、臨場感が伝わるように、と、見せ方とか意見もいただきます。写真は私が撮ったり、上司の係長が撮ったりした物などから選んで出しています」

特に好評だったのが、ゆず酒の紹介をした日。上司、渾身の写真がとても評判がよく、あっという間に「いいね!」が積み重なっていったそうです。

松尾さんは、ホームページの担当もされているということで、やはり連動させて相互に見ていただこうとしているようです。

「平成15年から『人、米、酒(じんまいしゅ)プロジェクト』を行なっていますが、その苗や稲など記録もずっと撮っていますので、予告や比較など、FB上で随時紹介できるんです。みなさん、FBは常にチェックされていますから、撮ったら早めに公開するようにしています」
重要なプロジェクトの貴重な記録の役割も果たされているようです。

FBもこまめですが、ホームページの情報欄もかなりこまめな更新をされています。

「『知ったのが遅くて残念』という声を聞くこともあり、少しでも早くお知らせした方がいいということがやっていてわかったので、決まったら、分かったらすぐに出すように努力しています。旬な情報を提供することが大切なんだなぁ、と」

面白いお話も伺いました。
ダイレクトにコメントできるFBは、今や会社の窓口的な存在になっています。

「社長が個人でFBをされているので、会社の方も社長が書かれているのかと思っていらっしゃるのか、社長に向けたようなメッセージを残される方がたまにいらっしゃるので、返事の仕方に工夫が必要なこともあるんです(笑)」

FBでイベントなどをお知らせすると、1分もしないうちに「いいね!」が押されることが多いと話す松尾さん。
「待ってくれてるんだ、と嬉しいと共に身の引き締まる思いがしますね」
何しろ社を代表しての報告、発言となるわけで、緊張する部分もあるそうです。

そして、個人的にもFBをされている松尾さんは、公私を超えた経験も。

「個人のFBで知り合ったお酒仲間との話しが発展して、天山のお酒の会を開いたんです。これはFBをしてなかったら、なかったことでしたね。また、同時にFBで新たなファンを獲得できた、ということでもあります。そういうことがありますので、これからもFBのファンを増やしていきたいですね」

「ホームページよりもFBで情報を得る人の方が多くなってきているのでは?」と話す松尾さん。それだけに重要な立場であり、これからは動画も自分でやってみたい、もっと可能性を追求してフル活用していきたいとおっしゃいます。

ウワサのゆず酒写真(左)。こちらもウワサの「KENSUKY’S SAKE BAR」

アンケート結果はこちら

 


今日は「日本酒の日」! そして「いいね!日本酒。」も1年。

これからも「いいね!日本酒。」をよろしくお願いいたします!

日本酒造組合中央会にて

今日は、「日本酒の日」。

昭和40年(1965)までは、日本酒の醸造年度が10月〜9月となっていました(現在は7月〜6月)。そして、昭和53年(1978)、日本酒造組合中央会は10月1日を「日本酒の日」と制定しました。

 

たまたまいたお二人。乾杯!して頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、日本酒造組合で行なわれる、恒例の鏡開きと振る舞い酒。10月1日、正午と、17時の2回行われます。(写真は本日、正午の会より)

その他にも様々な所でイベントも組まれていますし、好きなお酒を買って家呑みするのもいいですよね。
どんな日にしますか?

そして、そして、「いいね!日本酒。」も、皆様のお陰で、1年を無事?超えることができました。
2年目に入って、何ができるか。
日本酒応援、みんなでパワーアップしていきましょう。

“Sake Day” Today !  and First Anniversary of “Like Nihonshu.”