丸の内で楽しんだ、浴衣で夏酒

 新丸ビルを浴衣でジャック!?

昨年末に行なわれた、「日本酒と着物100人女子会」が大盛況で幕を閉じ、期待しましたよね、次は?って。

ちゃんと期待に応えてくださいました、
あおい有紀さん×福山亜弥さん×save sake projectさん。

そして8月11日、行なわれたんです、
「夏酒meetsゆかた女子~負けるな紫外線!逃すなビタミンC!夏野菜料理と爽やかな夏酒で涼を呼び込む!!」

……、このタイトル……、
イベント・タイトルの長さに命をかけている?若手蔵元の会も負けそうな勢いですが、浴衣で楽しむ夏の会は、やっぱりテーマは紫外線!! だいじですね。

「陸奥八仙」vs「紀土」©save sake project

今回のゲスト=お酒の提供は北から「陸奥八仙」の八戸酒造さん・駒井専務、西から「紀土」の平和酒造さん・山本専務という顔ぶれです。

男性も浴衣姿というだけで、リラックスして見えるから不思議です。山本専務も、次回はぜひ、浴衣で……ね。©save sake project

多勢な女子に囲まれて、かな〜り緊張気味だったという山本専務(左)ですが、さすがにお酒の説明は慣れたものです。駒井専務は、リラックスムードの中にも、お酒の説明になると力がこもります。

今回のラインナップ
■紀土 【和歌山県 平和酒造株式会社】————–
「紀土 特別純米酒 夏ノ疾風」日本のうっとうしい夏を吹き飛ばす爽快感
「紀土 純米吟醸酒 Shibata’s」蔵に寝かせてあるお酒。中取り原酒を1年半寝かせた
「鶴梅」(「天下御免」(優勝)をとった柚子リキュール)
「紀土 純米酒」和歌山の風土を表現し、米の甘みも感じさせる
■陸奥八仙 【青森県 八戸酒造株式会社】———–
「陸奥八仙 夏吟醸生酒」夏酒 13度程度の軽快なお酒
「陸奥八仙 純米大吟醸 華想い40」蔵に寝かせてある酒
「陸奥八仙 赤ラベル特別純米無濾過生原酒」看板商品のお酒をフルーツと共にカクテルに。
「陸奥八仙 いさり火純米火入れ」純米酒 辛口タイプで魚介類に合う飲み飽きしないタイプ

乾杯!©save sake project
今回も息のあった楽しい司会のあおい有紀さん(右)と福山亜弥さん

それぞれでもお酒の会を企画、運営しているお二人が組む,最強のこのシリーズ。参加者に負けず、楽しそうなやり取りが、いっそうお酒やお料理を引き立ててくれます。

酒縁友達の多いあおいさん。今回もお友達が参加。
お、これは、ぴょんぴょんマークのお猪口!©save sake project
右奥はドレープのような生地がユニークな着物姿の井上さんとこの後も所用ありというWヘッダーの花登さん。今回はちらほら男性陣の顔も。
実は「陸奥八仙」も「紀土」も初めて、というお二人。facebookでイベントを見かけ、新たなお酒との出合いを楽しみにして訪れたと、嬉しいお言葉!
シュハリの野菜セットなど、今回も豪華なプレゼントがもりだくさん。
もちろん!musmus自慢の蒸し野菜も。©save sake project

不肖、伝々、所用有りで途中退場いたしました。 見とかなきゃいけなかった、夏のケア。いや、飲みたかった!食べたかった!………

また、やってくださいね、あおいさん、亜弥さん、save sake projectさん!

 

 

 


「いいね!ランキング」上位蔵に聞く〜木内酒造

第1回はビールや梅酒も人気の木内酒造さん

Facebookを発信の軸にして、63社(8月23日現在)の酒蔵さまにご参加いただいている「いいね!日本酒」。
「いいね!」ランキング上位の蔵元さんはどんな使い方、どんな工夫をして「いいね!」=ファン数を増やしているんだろう、気になりますよね。成り代わって、伺わせていただきました。

第1弾は、8月23日時点で3位の茨城県・木内酒造さん。木村俊介企画室長にお話を伺いました。

木内酒造さんと言えば、日本酒ファンには『菊盛』で知られますが、『常陸野ネストビール』や『木内梅酒』と、人気のラインナップが揃います。不肖伝々も、取材で日立駅を利用した際には、駅併設のガラス張りカフェで、昼はネストビール、夜は梅酒をいただきました。

Facebookを始めたのは2011年8月7日からだそうですから、ちょうど1年。
公式ホームページ、メルマガ、Twitter、ブログ、facebook、と多面的に展開する中のひとつですが、数年前からやっているTwitterからfacebookへお客様の方も移行して来ているように感じるといいます。

「字数制限もなく、写真が見やすいからでしょうか。私たちも良い写真を撮りたいと気をつけて撮るようになりました。
スタッフもみんな若いので、もともとfacebookをやろうということには積極的だったんですが、反応が良いですから、これからも活用していきたいと思っています。
例えば、先日の期間限定で行なったビアガーデンなんかでも、告知をアップするとすぐにコメントを返してくださいました。『“facebookで見た”で100円引き』という企画をやったんですが、『見た』とおっしゃってくださった方は多かったですから。反応があると嬉しいですね」

企画室長の木村さんに加え、お酒の醸造担当さん、ビールの醸造担当さんの3人でアップし、さらにブログ担当の方がブログをアップすると自動的にfacebookにもアップされるシステム。担当者同士で打合せなどは特にせず、スケジュール調整もなし。それぞれ話題があった時に書き込む自由なスタイルだそうです。

「なるべく間をあけないように、とは思っているんですけど、10日ほど空いてしまうこともありますし、重なってしまうこともあります。ただし、当たり前のことですが、記事をアップしなくても、コメントは見逃さないように、こまめにチェックをして、返事を書くようにしています」といいます。
実は、気づかずにコメントが遅れてしまったことがあり、反省の気持ちも込めてということのようです。

「いいね!」に関しても、今はあまり気にしないという木村さんですが、一度だけ頑張ってみたことがあるそうです。

「そう言えば、今年の春くらいから『いいね!』を押していただく率がぐぐっと増えたんですよね。理由はとくに…………。そうそう、ちょうど新酒ができてイベントも多かったので、更新頻度を増やしたり、イベントのライブ感をTwitterみたいに、会場から伝えたりしたいと思ってやったたことがありました。
ただ、携帯電話ではできなかったので、イベント会場にノートパソコンを持ち込んで。カメラで写真を撮って、パソコンに取り込んで送るという、ちょっと手間がかかる作業だったので、1回のイベントで送れたのは、2〜3回だったんですが、たぶん、その臨場感が伝わったのかな、と思いますね」

Facebookは「相手の顔が見える」というのも特徴。木村さん自身は企画室ですが、できるだけ造り手を身近に感じてもらえるような内容や表現ができたら、と心がけているそうです。
そして、匿名ではないお客様の声を直接聞けるところが良い、と。
「私でも嬉しいんですから、造り手の人たちは、飲んでくださる方からの意見や感想を聞けたら、もっと嬉しいと思いますよ」
木内酒造さんのfacebookを訪れて、感想をどんどん書き込んでくださいね。

歴史を感じさせる佇まい。こんなところで試飲なんて、いいですね。

アンケート結果はこちら


「山形県新酒歓評会」(4月26日)〜お待たせリポート

味わえるのは山形県のお酒、だけじゃない。

暑い日が続きますね。
ちょっと春の気候の良い時を思い出して、穏やかぁな気持ちになってください。

左から、奥田政行さん、山澤清さん、山本益博さん、藤田千恵子さん、写っていませんが小関敏彦さん。

4月26日、東北の山形から、なんと173種のお酒を携えて「ホテル メトロポリタン池袋」にやってきたのは、山形県酒造組合に加盟する方々でした。

持ち込まれたのは、山形県が主催し、全国から参加を募って行なわれた「新酒歓評会」(「鑑評会」ではなくて)のお酒。山形県酒造組合に加盟する52蔵のうち40銘柄が出品されました。

広島県の独立行政法人酒類総合研究所が行なう「全国新酒鑑評会」はもちろん、その前哨戦として、県や地方の国税局などの単位でも行なわれます。ところが、山形県主催の「新酒歓評会」は、平成16年(2004)にスタートした時から、山形県だけでなく全国から参加が可能。

そして、それらのお酒をそのまま持ち込むこの会でも、本格的なきき酒の時間がたっぷり設けられ、その後のパーティでも同様に、全国の蔵元、杜氏が「獲りに行く」、入魂のお酒を一足早く味わえるといいうわけです。これを楽しみに訪れる人は少なくないのです。

午後2時から始まったこの日の会は3部構成で「公開きき酒会」、「セミナー&シンポジウム「山形酒とイタリアンの出会い」」、「歓評会パーティ」と盛りだくさん。

全て定員制ですが、1部、300人、2部100人、3部300人、とのべ計700人も訪れたことになります。

シンポジウムは恒例の顔ぶれで、和やかな雰囲気も抜群です。世界規模でお馴染みの「アルケッチァーノ」オーナーシェフの奥田政行さん、ハーブ研究所社長の山澤清さん、料理評論家の山本益博さん、そして山形県工業技術センターの小関敏彦さん。今回のゲストは酒評論家・フリーライターの藤田千恵子さんです(冒頭の写真)。

山本益博氏の司会でてきぱきと進められますが、奥田シェフと山澤さんのファンタジーな会話が……。その後、山形のお酒に合わせた奥田シェフのイタリアン・メニューがサーブされました。

実は、この日、記者会見も開かれ、そこでは、山形県長井市に蔵を移して酒造りを再開した、鈴木酒造の鈴木専務から挨拶と報告もありました。1年前の同会に招かれ、小関氏から紹介されたのが現在、酒造りをしている蔵。「温かく迎え入れてくれた山形の人たちに感謝しつつ、いつか浪江に戻ることを信じている」と語っていました。

さて、なぜ、このタイミングで山形の会のご紹介になったかと言うとーー。

この日、岩手県酒造組合の代表の方々がイベント会場にいらしたのを、「なぜ?」と思った方もいたのでは?

伺ってみると、「8月末に、初めての岩手県の酒の会を、同じ会場で予定しているため、視察を兼ねて少し手伝わせていただいて」とのこと。この日は、やや緊張気味の様子も見られましたが、いよいよ本番の「いわて酒物語2012」まで後10日ほどとなりました。どんな会になるのか楽しみです。

こうしている間にも、会場では真剣なきき酒会が繰り広げられています。
そして、第3部のパーティが始まりました。

 


「大長野酒まつり」~2012 in 四谷~

この週末は四ッ谷で信州地酒をはしご酒!

前回、ちらりとお伝えしました、「大長野酒祭り」。

8月5日14〜19時、四ツ谷、四谷三丁目、両駅周辺の飲食店9店で、
「はしご酒で信州地酒を呑み尽くせ!」とばかりに開催されます。

最近、各地ではしご酒イベントが盛りだくさんですね。
とても楽しくて、どれもこれもと気になるのですが、
こちらは、昨年、3軒で開催されて大好評だったものが、とんでもなくパワーアップ。
飲食店は9軒となり、参加蔵は32蔵! 単純計算して1軒に3〜5蔵が入り、
し・か・も、蔵元さんから全員いらっしゃる!のだそうです。
なんて贅沢。
それもこれも、ふるさと長野の酒を広めようと暗躍(!?)されている「日がさ雨がさ」店主・宮澤さんたちの活動の賜物でしょうか。

詳細やお問い合わせ、お申し込み(予約/5500円、当日6,000円)はそれぞれのお店に。
最新情報やお問い合わせなどは以下のサイトなどで。

「日がさ雨がさ」ブログ
facebookイベント