温度が変わればこんなに違う、燗酒勉強中。

「末廣 お燗名人育成講座」で燗酒の魅力にハマる

燗酒といえば、熱燗一辺倒だった時代もありました。
でも、今は、お酒の味や酒質が本当に生きる味わい方として、燗酒の知識って不可欠。なにより、様々な温度で味わえる、日本酒ならではの楽しみ方ですから。燗付け名人が一人でも仲間にいると重宝がられますね。

では、お酒とお燗=温度の関係は?と思ったところへ、「聖地巡盃」でもお世話になった末廣酒造さんの燗酒セミナがあるというので、参加させていただきました。その名も末廣 お燗名人育成講座」。大丈夫か?私。

この日の東京会場では、新城猪之吉社長が自ら講師に。

まずは、お酒の歴史、造り方、種類、などなど、基礎知識を勉強して、いよいよ燗酒ワールドへ。

このテキストが、分かりやすくてよくできているんです。

聞けば、末廣酒造さん、福島県や東京を中心に、2005年からセミナーを続けているとのことで、この日が記念すべき60回だったのです。
(東京では2007年2月から行なわれ、この回が17回目だったそうです。この後、いわき市でも行なわれ、現在61回となりました。)

テキストもブラッシュアップされているはずです。

ここ数年、燗酒人気も上がって来ていますが、その陰には、こんな活動もあったのか、と改めて思った次第でした。

ずらりと並んでいたとっくりは、種類×温度違いに分けられ温めたお酒を入れるもの。各テーブルに配られるのでこんなにあります。早く飲まないと温度が下がる……、とあわてて、するする。おいしい。

そして、自分が一番合っている、と思った温度の順列をつけます。

最後に、みんなの判定を挙手で計るのですが、これが意外に千差万別、多種多様。だいたい1種に多くのポイントが集中はするのですが、なかには完全に分かれてしまうものも。

好みですから、正解はない……ですからね。

そして、20分程度のテストがあります。

テストと言ってもテキストにあること、自分の感性で書けるものなどで、楽しく答えられる問題ばかりでした。基本的なことは押さえつつ、楽しんでほしいという気持ちが伝わります。

そして、合格者には認定証が渡されます。
大きな賞状の他にカードタイプもいただけるので、ぜひ携帯して、お店の人に見せたら、気を入れてお燗を付けてくれる、かもしれません。

だいぶ暖かくなってきましたが、寒いから燗酒というわけではありません。

ほんとに適した温度、自分の好きな温度を探してみるのがいいんだな、と。それがまさに燗酒の魅力、なんですね。

新城社長、スタッフのみなさま、お疲れさまでした。

(余談ですが、日経新聞の「訪ねて楽しい日本酒の蔵元 全国ランキング」で、見事!1位になられてましたね)

そして、参加されたみなさま、楽しかったですね。居酒屋さんでばったり遭ったりして。

 


『日高見』×八芳園=造り手のバトン

蔵元直搾りの酒も登場!

良い酒を提供することが恩返し。そんな自慢のお酒が揃いました。

少人数で蔵元を囲む贅沢な宴を提案している八方園の『蔵元さんと一緒に日本酒を愉しむ会』。

先月、お伝えした通り、第2回となる今回の蔵元は、宮城県石巻市から、平孝酒造の平井社長です。

平孝酒造・平井孝浩社長。

先月も触れましたが、間もなく東日本大震災から2年ということで、「思い起こしてほしい」、という八芳園さんの思いから、宮城県石巻市の『日高見』平孝酒造さんに来ていただいたこの会。

実は、震災直後の混乱の中にあった、4月20日、この八芳園で「チャリティー試飲会」が開かれました。

そこに、生き残ったもろみを搾り、「希望の光」と名づけて携え、参加したのが平井社長でした。

「槐樹」

その時も、蔵の無惨とも言える状況は説明しつつ、落ち込むより前へ、という姿勢だったそうです。

料理長の高橋直樹さん。

会場となるのは、和食をスタイリッシュにいただける「槐樹」です。


「少人数の会というので、少々不安を抱えてきましたら、知った顔があってほっとしました」と、冒頭、平井社長が語ったように、『日高見』だから、と訪れた人もいて、ファンの多さを思わせました。
そんなファンの方には、なおさら贅沢な、幸せな時間だったことと思います。

「寿司王子」、長じて「寿司おやじ?」と自称する平井さん、寿司とお酒への思いは「求道」と言いたくなるほど。
ついに、4月、『弥助』というお酒を出す予定だそうです。

たまたま、この会のあと、「弥助」という寿司店を見かけた私は、にんまりしてしまいました。

「『弥助』って?」
そう思った方は、人形浄瑠璃や歌舞伎の「義経千本桜」をぜひご鑑賞ください。

日本酒から広がる日本の伝統文化ワールド。広く深い世界が待っています。

 

 


『御前酒』が奏でた「日本酒と音楽をきく会」

雄町のふるさと岡山から辻本店若き蔵元!

造り手も、飲み手も、多くのファンを持つ酒米(酒造好適米)雄町。
——と言えば、岡山県(岡山県と広島県の位置関係、わかりますよね?^^)。

雄町は、日本最古の酒米(酒造好適米)であり、山田錦や五百万石などのルーツでもあるんですね。

手前の稲が雄町。すてきなディスプレイでみせます。

御前酒蔵元辻本店」さんは、県内でも北側にある歴史の町・真庭市勝山で、文化元年(1804年)から酒造りを続けているお蔵さんです。勝山藩主に献上していたことからその名がつき、当時は『御膳酒』と書いたのだそうです。

音楽活動や俳優業もしていた7代目、辻総一郎さん。

2007年に岡山県初の女性杜氏となった姉の辻麻衣子さんと、姉弟で酒蔵を守り運営をしているのが、7代目、辻総一郎さん。

今年の4月、お二人のお父様で前社長の辻圴一郎氏が、自社を解放して盛大に開催した、第1回「御前酒祭り」の直後に急逝されました。そして、総一郎さんが社長に就かれたのでした。

この秋、「いいね!日本酒。」にご参加いただいた、と思っていたら、ちょうど東京でイベントが行なわれるというので、お伺いしました。

開催されたのは11月2日。
ちょっと時間が経ってしまいましたが、素敵な会でしたのでご報告します。

提供されたお酒は冒頭の写真の5種類6通り。

左から、「御前酒 菩提酛 夏仕込み」、「御前酒 山廃純米 昔造り」、「GOZENSHU 9 ブルーボトル」、「GOZENSHU 9 グリーンボトル」、「御前酒 純米 菩提酛濁り酒」、「御前酒 山廃純米 昔造り」の燗。

中でも「9(ナイン)」とは、麻衣子杜氏を中心に9人の若い蔵人たちが若い人に向けて作った新しいコンセプトのブランド。2008年のスタート時には、3週間で完売し話題になりました。伝統を今に生かそうと、スタイリッシュなボトルからもその意気込みが伝わってきます。(ご想像通り、よく「9号酵母ですか?」と言われるそうです)

違いを楽しんでもらうために、順番に飲み干してからカウンターへ行って次をいただく、というスタイルがなんだか楽しめました。

主催した酒食ジャーナリストの山本洋子さんからお酒や料理の愛情あふれる解説。

場所は青山のヴィーガンカフェ『PURE CAFE』。表通りから1本入った静かな通りに面し、ガラス張りのAVEDAサロンの1階にあります。女性好みですねぇ。イベントなどで、ときどき利用させていただくことがありますが、どれもおいしい! 日本酒ファンの間でも知る人ぞ知る、日本酒のラインナップが充実したカフェなのです。

『御前酒』の特徴と言えるのが菩提酛造り。鎌倉時代以降に開発されたといわれる造り方だそうで、大正時代頃にはほとんど途絶えてしまっているのだとか。

現在、最も広く行なわれている速醸造りでは一般的に、酒母=酛を造る際に蒸し米、麹、酵母、仕込み水と一緒に市販の精製した乳酸を入れますが、菩提酛を造る際には、この乳酸を自分で造って入れるというものです。生米と蒸米を水に浸けておくと、乳酸菌を大量に含んだ水、「そやし水」ができあがります。この乳酸入りの水を、仕込み水にして酒母を仕込むということです。

ただし、辻本店さんでは、この菩提酛の造り方をベースに、先代杜氏が研究を重ねて編み出した製法で御前酒菩提酛を造るとのこと。それは、生米と蒸し米の代わりに少量の米麹だけを水につけて乳酸を繁殖させて独自の「そやし水」を造り、さらに、安全性のために加熱殺菌してから仕込み水にするというものです。

菩提酛だけでなく、違いがわかります。

この日は「そやし水」を持参してくださり、試飲させていただいたのですが、乳酸を含んでいるということで 、やや白濁した水。ほのかに甘みと酸味があっておいしかったのです。

菩提酛についてのわかりやすい説明図も用意してくれましたし、さらに、分厚い資料も持参して説明をしてくださいました。

流通情報企画の小島稔氏からも激励
日本酒ジャーナリストの松崎晴雄さんと山本洋子さん

 

実は、この日は7代目に代替わりして初のお酒の会だったのだそうです。BGMには、Jazz好きだった先代が送り出された日にも流れていたというビートルズ。

謙虚で前向きな若き蔵元とそれを見守る暖かいまなざしに、なんだかこちらも温かい気持ちになって帰路についた日でした。

余談ながら、お写真でしか拝見していませんが、なんとなくいい味出しているお姉様、麻衣子杜氏にも、ぜひお会いしてみたくなりました。

 

 

 


『天狗舞』×八芳園=贅沢すぎます!

わずか14人で蔵元を囲む優雅な時間

左より、車多専務、高橋料理長、横田広域担当リーダー

「目黒の『八芳園』で、蔵元を囲む会があるようなんです。取材してみませんか?」
はいはい、お酒の会ですね。
と、送られてきたサイトを開いて、驚きました。

場所はもちろん、広〜い庭でのウェディングで知られる「八芳園」。その本館に続いた和食レストラン=白金料庭「槐樹」です。
さらに、その内容。

蔵元=『天狗舞』車多酒造さん
お酒=「古古酒 純米大吟醸」、「山廃純米大吟醸」、「山廃純米酒」、
「五凛 純米酒」、「グランリュクス梅酒」、「山廃にごり酒」
料理=日本酒に合う料理5種
会費=10,000円!
定員=14名!

しかも、タイトルが「蔵元さんと一緒にお酒を楽しむ会」第一回。
てことは、二回目もあり、ということですよね。このコストパフォーマンスの高さで、続けられるのか?

食事会の取材はもちろんですが、それより、その背景がとても聞きたくなって、企画した、八芳園経営企画室企画課の窪田理恵子さんにお話を伺いました。

——この条件で、このお値段、安すぎませんか?
「そうなんです。車多さんがよく了承してくださったなと、感謝しています」
——それもそうなんですけど、可能な金額なんですか。
「それは、なんとか。料理長もとてもやる気になっていて工夫してくれて……」
——1回目ということは2回目もあるんですよね?
「はい、構想はできていて、2月初めに、と思っています」

——発案は窪田さんですか?

「そうです。もともとこちらのホールで県酒造組合主催のお酒の試飲会や、お酒の協会の試飲会なども数年前から開いていただいているんですが、それを担当しておりまして。それ以前から、ワインの会もやっていますので、お酒の会は比較的、慣れているんです。もともとお酒とかが好きなんですよ(笑)。レストラン担当や仕入れ担当なども、こういった食べること、飲むことの企画が好きで。

それに、自前の会場ですから。『槐樹』は今年の9月にリニューアルしまして、庭を眺めるカウンターで気軽に本格会席もいただけるような雰囲気になっているんです。もともと結婚式場ですから、予算や演出など、お客様の様々なニーズに対応するのが仕事。つまり、その延長線上なんです。やるなら、自分でお金を出してでも行きたいイベントを作ろうと思いまして。今回は、私も含め、スタッフもふつうにお金を払って参加しますから」

納得いたしました。

もうちょっと人数が増えても良いですから、ぜひ、長く続けてくださいね。


想像以上の盛り上がり、西条「酒まつり」〜前編

どっちを向いても楽しそうな顔! あらゆる場所がイベント会場

お伝えしていた通り、行ってきました、西条「酒まつり」。
10月6、7日の2日間行なわれた、初日の6日でした。

「酒まつり」のスタートは、御建神社内にある松尾神社から酒林の神輿が担ぎ出されてメイン会場へ。

もちろん、覚悟はして行ったんです。
ものすごい人出、ものすごい混雑、ものすごいお酒、ものすごいゴキゲンな人たち。

でも、最後にはちょっと飲めるかな。楽しそうだなぁ。きっと、思ったよりもエリアは狭くて、2日で25万人なんて言っても、実はもうちょっと少ないだろうから……。

広島市内に宿を取っていた私を、動画担当のYさんが迎えに来てくれて、車で向かった東広島市西条。ところが、近づくにつれ、渋滞……、いやぁ〜な予感。

不安は的中し、やっとこさ、10時過ぎに会場に着いた時には、すでに人、人、人、で、ごった返しておりました。工事中で仮駅舎の小さな西条駅からは、いつ果てるともしれぬ人の波。そのまま、酒蔵通りへ、酒ひろばへ、と流れて行きます。もちろん、石畳が敷き詰められた酒蔵通りの、石畳なんて見えません。

ここへ突入して、さらにお仕事中の蔵の方に話を聞く……。
「こりゃ、無理だな」……。
Yさんと、ほとんど泣きそうな顔を見合わせ、すでに白旗上げてました。

「まずは、一番近い『賀茂鶴』さんへ行きましょう」

逃げて帰れないのがお仕事。まじめなYさんが、「きっ」と見据えた酒蔵通り。
ところが、かの方向から現れたのは、酒林神輿の一団。急遽、予定を変更し、まずはそちらを撮影に走る。最後には、「ミス東広島」?のきれいどころのおねえさんも続きます。

賀 茂 鶴 酒 造

さて、やっと「賀茂鶴」さんに到着です。酒蔵通りから1本入って、平行して延びる石畳に面した広い敷地。西条名物の酒蔵煙突が2本、伸びているのが見えます。実はこの本社蔵には全部で4本!立っているのです。

「賀茂鶴」さんは、米の旨味が生きた、すっきりした飲み口で人気のお酒。1990年のパリ万国博覧会にも出品し、名誉大賞を受賞という華やかな歴史のある蔵です。

いました、いました。入ってすぐの試飲会場で、ウェルカムドリンクをサービス中の太田さん。まずはここで「賀茂鶴上等酒」を一口。そして無料、有料の試飲コーナー、他業種とのコラボコーナーがずらりと続きます。

賀茂鶴酒造株式会社・営業部広報課・主任 太田裕人さん。
「例年おこなっている社員による「酒造り唄」の披露や、菰樽の菰巻き実演。本年は新しく、鏡開き(初日は1回、2日目は2回)をした後、その樽酒を振舞い、樽酒とチーズのマッチングを味わっていただくなどお越しいただいた皆様に楽しんでいただいています」
蔵の中でも様々な催しが。
豊富な種類のお酒を試飲してすぐに買えるのも「酒まつり」のいいところ。売るほどあります。

次に目指すは「賀茂泉」さん。酒蔵通りの一番奥です。

通りには、散策とお酒を楽しみながら、のんびり歩く人たち。みんな幸せそうな顔をして、お酒の感想なんかを言い合いながら、出店を冷やかしながら、次の蔵を目指しています。

「ふだんはあまり日本酒を飲まないんだけど……」、なんて声も聞こえてきます。ほんとにお祭りを楽しんで、ついでに日本酒に触れる、そんないい機会ですね。

酒蔵通りのちょうど中程にある、通称、くぐり門。かつてこの奥にあった芝居小屋「朝日座」のために設けられたもの。

そんなゆったりムードの人たちをかき分け、字のごとく、血走っている私ら。荷物は多いし、ほんと、いい迷惑でした……。

賀 茂 泉 酒 造

休憩できる配慮はさすが。ここまで来ると、休みたくなる。

やがて、建物の前にベンチが置かれ休めるようになっている、と思ったら、「賀茂泉」さんの蔵でした。30年ほど前に、酒蔵エリアの端と端、賀茂泉さんと賀茂輝さんとではじめたことが、こんな大きなお祭りになった。ずっと携わってきただけに細部に気遣いが感じられます。

賀茂泉酒造株式会社・常務取締役 前垣壽宏さん
「酒蔵のスタッフはもちろん、各団体から学生のボランティアまで、一丸となってみなさんをお待ちしています。ぜひ、来年もお越し下さい」
賀茂泉酒造株式会社・業務企画室・室長 渡邊伸司さん
「始まってからも裏はどたばたですが(笑)、楽しんでいただけたでしょうか」

地酒にこだわり、早くから純米酒に取り組んできた賀茂泉さんの芳醇なお酒が並ぶ試飲コーナーや仕込み水などが置かれた蔵を通り抜けると、中庭はワンダーランド。焼き牡蠣、竹酒、美酒鍋など様々なコーナーが設けられ、賑やかで楽しそうです。酒蔵コンサートの告知もあります。

大きな牡蠣がいい香りを放っていた。はい、頂きました。 
みんな楽しそうに竹酒を楽しんでいる。さすがにノリがいい。

会場によっては8〜9時頃まで開いているところもありますが、酒蔵は5時で閉館。飲み忘れに注意、です。

こんな大変な最中に押し掛けた取材班に、快くご対応いただきました蔵元のみなさま。深く感謝申し上げます。

Yさん渾身の撮影による映像「『2012酒まつり』延べ24万人が日本酒の秋を満喫!~東広島市」も併せてお楽しみください。

 

 


SAKE日和 「五橋day」at Sake Hall

酒日和、「SAKE日和」に乱入

またしても、遅れ遅れのイベント報告。

今回は、銀座のSAKE HALLで行なわれている「SAKE日和」(あ、なんだか親しみが……)の6回目、山口県の「五橋」、酒井酒造さんの回をリポートしてきました。

「普通にお客さんとして参加していいよ」という優しい元締めのお言葉に甘えて、注がれては飲む……。いかん、いかん。「飲まなきゃ分からないでしょ」。それもそうなんだけど……、注がれては飲む。
酒宴が終わってからのインタビューもあり、宴の中でのコメント取りもあり、レコーダーを再生して赤面どころか真っ青です。
関係諸処の方々、ご無礼をお許しください。

さすがに6回目ともなるとすっかり定着していて、45名の定員に、参加者は52名! リピーターも多いようで、奥の一番広い個室も利用しての開催、と、大人気です。

司会のあおい有紀さんと「五橋」の社長&専務との息もぴったり。52人という大人数ながら、なんだかこぢんまりした雰囲気が、またいいんですね。

次回は2月5日(日)、最終回。奈良の「春鹿」今西清兵衛商店さんです。
……う〜〜ん、行きたい!