「長野の酒メッセ」(5月8日)リポート

お待たせリポート〜長野県のお酒の会です。

いよいよこの週末となりました。「『大長野酒祭り!!』~2012 in 四谷~」。
もちろん、チェックしていますよね。
8月5日(日)、四ツ谷、四谷三丁目、両駅周辺の飲食店9店を舞台に、
長野の地酒を楽しむイベントが開催されます。
参加蔵も出揃ったそうなので、イベントの最終案内は明日、お知らせします。

そして、最新ニュースが入りました!
「【第18回 長野の酒 メッセ2012】in 長野」が、10月18日で決定です!

【第18回 長野の酒 メッセ2012】
日時:10月18日(木)/14〜20時(再入場可)
場所:ホテルメトロポリタン長野(長野駅前)
料金:1,500円(オリジナル利き酒猪口付き、HPなどから割引もあり)
参加蔵数:約70蔵

まずは、記憶も新たに、5月8日に行なわれた「長野の酒メッセin東京2012」の思い出のアルバム(笑)で、四ッ谷周辺を徘徊する予習をしましょう!

それにしても、55蔵は壮観です。兵庫県、新潟県に次ぐ、85蔵(清酒のみ)を誇る長野県ですから、これでも約6割の参加。なかなかお酒が出回らないお蔵さんも多いので、こういうところで試飲できるのは嬉しいですね。
1,000人以上の来場者があったそうです。

お酒のお土産もありましたが、お酒がなくなった後は、ナメタケの瓶詰めをお土産に。
来場者は全員、お土産を手にご帰宅できる配慮をされていたのでした。
というわけで、激込みでした。

「長野酒メッセin東京2012」参加蔵=55蔵
●長野・中野地区
「若緑」(株)今井酒造店、「松尾」(株)高橋助作酒造店、「川中島」(株)酒千蔵野、「オバステ正宗」長野銘醸(株)、「信濃光」(株)西飯田酒造店、「北信流」(株)松葉屋本店、「米川」高沢酒造(株)、「渓流」(株)遠藤酒造場、「勢正宗」(株)丸世酒造店、「岩清水」(株)井賀屋酒造店、「縁喜」(株)玉村本店、「水尾」(株)田中屋酒造店、「北光正宗」(株)角口酒造店、「天領誉」天領誉酒造(株)、
●佐久・上田地区:
「千曲錦」千曲錦酒造(株)、「寒竹」(名)戸塚酒造店、「深山桜」(株)古屋酒造店、「御園竹」武重本家酒造(株)、「明鏡止水」大澤酒造(株)、「亀の海」(株)土屋酒造店、「金宝芙蓉」芙蓉酒造(株)、「澤乃花」伴野酒造(株)、「本菊泉」橘倉酒造(株)、「佐久の花」佐久の花酒造(株)、「井筒長」黒澤酒造(株)、「亀齢」岡崎酒造(株)、「福無量」沓掛酒造(株)、「和田龍」和田龍酒造(株)、「真田六文銭」山三酒造(株)、「秀峰喜久盛」信州銘醸(株)、「代表銘柄」蔵元名、
●木曽・松本・北安曇地区
「木曽路」(株)湯川酒造店、「七笑」七笑酒造(株)、「岩波」岩波酒造(資)、「大信州」大信州酒造(株)、「亀の世」(名)亀田屋酒造店、「笑亀」笑亀酒造(株)、「美寿々」美寿々酒造(株)、「酔園」EH酒造(株)、「白馬錦」(株)薄井商店、「北安大国」北安醸造(株)、「大雪渓」大雪渓酒造(株)、
●諏訪・伊那・飯田地区
「麗人」麗人酒造(株)、「本金」酒ぬのや本金酒造(株)、「横笛」伊東酒造(株)、「真澄」宮坂醸造(株)、「神渡」(株)豊島屋、「御湖鶴」菱友醸造(株)、「舞姫」舞姫酒造(株)、「夜明け前」(株)小野酒造店、「井の頭」漆戸醸造(株)、「信濃錦」(資)宮島酒店、「仙醸」(株)仙醸、「信濃鶴」酒造(株)長生社、「今錦」米澤酒造(株)、「喜久水」喜久水酒造(株)


お待たせリポート「秋田の酒を楽しむ会」

「秋田の酒を楽しむ会」を思い出して

今を去る3月……3ヶ月前のお話です。懐かしいですねぇ……??

神奈川県のお酒の会に続いて、秋田県の会がありました。行かれた方は思い出して、「そうだ、飲んでみよう」と思っていただければ幸せかな、と。

その後の各県酒造組合主催のお酒の会もできるだけ取材させていただいていますので(そーとー溜まってます……)、これから少しずつアップしていきます。驚かずにお待ちくださいませ。

さて、ここまで引っ張って良かったといえるなら(あ、言い訳がましい……)、当ブログでも速報しました「IWC – International Wine Challenge」で、秋田県産酒の3部門4銘柄がゴールドメダルを獲得! これって県別では最多なんです。

受賞酒は、純米吟醸・純米大吟醸の部
「純米吟醸 雪の茅舎」「秘伝山廃 雪の茅舎」((株)齋彌酒造)。吟醸・大吟醸の部「大吟醸 福小町」(ナショナル物産(株)秋田木村酒造工場)、古酒の部「山吹 ゴールド」(金紋秋田酒造(株))。

==参加26蔵==

・「新政」新政酒造(株)/・「ゆきの美人」秋田醸造(株)/・「高清水」秋田酒類製造(株)/・「銀鱗」(株)那波商店/・「一白水成」福禄寿酒造(株)/・「太平山」小玉醸造(株)/・「北鹿」株式会社北鹿/・「白瀑」山本合名会社/・「秋田誉」秋田誉酒造(株)/・「雪の茅舎」(株)斉彌酒造店/・「天寿」天寿酒造株式会社/・「飛良泉」(株)飛良泉本舗/・「千代緑」(有)奥田酒造店/・「春霞」(名)栗林酒造店/・「秀よし」(名)鈴木酒造店/・「やまとしずく」秋田清酒(株)/・「刈穂」刈穂酒造(株)/・「奥清水」(株)高橋酒造店/・「阿櫻」阿桜酒造株式会社/・「天の戸」浅舞酒造株式会社/・「大納川」備前酒造本店/・「まんさくの花」日の丸醸造株式会社/・「両関」両関酒造株式会社/・「爛漫」秋田銘醸株式会社/・「福小町」ナショナル物産(株)秋田木村酒造工場/・「一滴千両」秋田県醗酵工業(株)

 


「神奈川の酒を楽しむ夕べ」リポート

各県のカラーが楽しめる試飲会に行ってみよう!

 新酒が出揃う頃になると、試飲会の声があちこちから聞こえてきます。つい浮き足立ってしまう季節です。特に各県ごとの酒造組合が主催する会は、それぞれの県の特色が強烈に出ていて、県の名物料理なんかも出たりして、どっぷり郷土色に浸れて、楽しいですね。

県によってお酒の特色は様々です。例えば、つい先日聞いた話では、秋田のお酒は甘口、という印象ですよね。その理由は軟水の水が多いこともあるけれど、塩気のきつい漬け物や料理をアテにお酒を飲むから甘めのお酒が多かったのだそう。最近は塩分控えめになってきて、また、料理のバリエーションも増えて、辛口のお酒も料理に合うようになって、辛口、スッキリのお酒も増えてきたとか。なるほど、と思わされました。

そんなわけで、今年は、諸事情により(^^;)東京近郊になってしまいますが、各県の酒造組合が主催する試飲会をできるだけリポートしようと思います。なるべく漏らさず伺いたいと思っていますので、蔵元さんもぜひ、ご自分の県の情報など頂けるとありがたいです。

〜〜〜*〜〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜

各県の先頭を切って(のはず)、神奈川県酒造組合主催の会「神奈川の酒を楽しむ夕べ」が、2月17日に、横浜ベイシェラトン&タワーズにて行なわれるというので、さっそく行ってきました!

神奈川県の酒蔵は、相模川や酒匂川の流域に点在し、その伏流水を仕込み水としているそうです。その源を辿ると、自然豊かな丹沢山系で、日本の三大名水のひとつとのこと。
厚木市には加盟蔵すべてのお酒が買える「かながわ蔵元屋」もあります。問い合わせ先はこちら

ところで、神奈川県には、酒造組合所属の蔵元が幾つあるか、ご存知ですか?
答えは、13。多いでしょうか、少なかったでしょうか。
余談ですが、50蔵以上という県もいくつかありますから、多い方ではありませんが、実はもっと少ない県もあるのです。さて、それはどこでしょう?

定員200名が、あっという間に売り切れ。横浜という場所柄もあるのか、お客さんも蔵元さんも個性的な雰囲気が目を引きます。若いグループやカップルも多かったようで、華やかな空気でした。

~~~~~神奈川県酒造組合~~~~~
津久井町=「相模灘」久保田酒造㈱/「巌の泉」清水酒造㈱、愛川町=「蓬莱」大矢孝酒造㈱、海老名市=「いづみ橋」泉橋酒造㈱、厚木市=「盛升」黄金井酒造㈱、伊勢原市=「菊勇」吉川醸造㈱、大井町=「曾我の誉」石井醸造㈱/「箱根山」井上酒造㈱、松田町=「松美酉」中澤酒造㈱、山北町=「丹沢山」 (資)川西屋酒造店、開成町=「酒田錦」㈱瀬戸酒造店、泰野市=「白笹鼓」㈲金井酒造店、茅ヶ崎市=「天青」熊沢酒造㈱